アラン・カーナハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラン・カーナハン Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Alan Kernaghan
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1967-04-25) 1967年4月25日(50歳)
出身地 イングランドの旗 リーズ
身長 188cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1993 イングランドの旗 ミドルズブラ 202 (16)
1992 イングランドの旗チャールトン 13 (0)
1993-1997 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 63 (1)
1994 イングランドの旗ボルトン 11 (0)
1996 イングランドの旗ブラッドフォード 5 (0)
1997 スコットランドの旗セント・ジョンストン 12 (1)
1997-2001 スコットランドの旗 セント・ジョンストン 60 (5)
2001 スコットランドの旗 ブレシン・シティ英語版 3 (0)
2001-2004 スコットランドの旗 クライド 63 (3)
2004 スコットランドの旗 リヴィングストン 4 (0)
2005-2006 スコットランドの旗 フォルカーク 9 (0)
2005-2006 スコットランドの旗 ダンディー 0 (0)
代表歴
1992-1996 アイルランドの旗 アイルランド[1] 22 (1)
監督歴
2002-2004 スコットランドの旗 クライド
2005-2006 スコットランドの旗 ダンディー
2013 スコットランドの旗 ブラッドフォード (暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アラン・カーナハン(Alan Kernaghan: 1967年4月25日 - )は、元アイルランド代表サッカー選手であり、引退後は指導者の道を歩んでいる。

選手として、1985年から2006年まで、主にプレミアリーグマンチェスター・シティフットボールリーグミドルズブラなどで活躍した。選手キャリア後期はスコットランドのセント・ジョンストンなどでプレーした。アイルランド代表としても活躍し、1得点を残している。

クラブキャリア[編集]

ウェスト・ヨークシャーリーズのオトレー地区で生まれ、4歳の時に北アイルランドバンガーに引っ越し、北アイルランドの教育を経たあと、アイルランド共和国で勉学に励んだ。選手経歴は、ミドルズブラで始まり、8年間の在籍で212試合に出場し、16ゴールを記録した。

1993年9月、その時のマンチェスター・シティの監督、ブライアン・ハートン英語版の誘いでシティに加入した。彼はその期間、ボルトンブラッドフォードセント・ジョンストンにローン移籍に出された。その後、フリー移籍でマンチェスターを離れ、セント・ジョンストンに移籍し、4シーズンを過ごし、60試合5得点を挙げた。

その後、数クラブを渡り歩いた。クライドにいた2003-04シーズンには選手兼監督の立場も経験し、1部リーグでインヴァネスに次ぎ、2位につけ、プレミアリーグへの昇格を果たした。カーナハン自身はクライドでの4シーズンで63試合3ゴールだった。

次に移籍したリヴィングストンではアラン・プレストン英語版の下では選手兼アシスタントコーチとしてプレー、[2]4試合のみながらも出場したが、結果が伴ってないとされ、解雇された。[2]

カーナハンは、フォルカークでも選手兼コーチとしてプレーした。その後、ダンディーでもプレー、引退した。

代表キャリア[編集]

イングランド生まれで、北アイルランドで育ったカーナハンだったが、当時のアイリッシュ・フットボール・アソシエーション (北アイルランド共和国サッカー協会) のルールにより、どちらの親が北アイルランドで生まれていようがいまいが、北アイルランドの代表にはなれなかった。[3][4]彼の祖母がアイルランド市民だったため、彼はアイルランド市民権を得ることができ、当時の代表監督、ジャッキー・チャールトンによりアイルランド代表に選ばれることになった。カーナハンは22試合に出場し、1ゴール、1994年ワールドカップにもメンバーとして選ばれている。

監督とコーチキャリア[編集]

フォルカークを去ったあと、ダンディーと監督兼で契約したが、良い結果は得られなかった。その後、アイルランド代表歴のある者として初めてレンジャーズのコーチとなり、[3]その後、2012年2月にブレントフォードのコーチとなった。[5]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アラン・カーナハン - National-Football-Teams.com
  2. ^ a b “Livingston sack manager Preston”. BBC Sport (BBC). (2004年11月25日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/l/livingston/4042331.stm 2011年10月19日閲覧。 
  3. ^ a b Kernaghan youth role breaks Rangers taboo by Paul Rowan, The Sunday Times, 31 December 2006
  4. ^ I longed to play for Northern Ireland, says former Republic star Kernaghan Belfast Telegraph, Wednesday, 18 November 2009.
  5. ^ McLaughlin, Chris (2012年2月26日). “Midweek D-day for Rangers players and staff”. BBC Sport (BBC). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17170881 2012年2月26日閲覧。