リー・カーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リー・カーズリ- Football pictogram.svg
Lee Carsley.png
2007年、エヴァートンFCでのカーズリー
名前
本名 Lee Kevin Carsley
カタカナ リー・ケヴィン・カーズリー
ラテン文字 Lee Carsley
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1974-02-28) 1974年2月28日(42歳)
出身地 イングランドの旗 バーミンガム
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DH
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999 イングランドの旗 ダービー・カウンティ 138 (5)
1999-2000 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ 47 (11)
2000-2002 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ 47 (4)
2002-2008 イングランドの旗 エヴァートン 166 (11)
2008-2010 イングランドの旗 バーミンガム・シティ 48 (2)
2010-2011 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ 25 (0)
1992-2011 合計 471 (33)
代表歴
1997-2008 アイルランドの旗 アイルランド 39 (0)
監督歴
2011-2012 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ (U-18)
2012 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ (助監督)
2012 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ (暫定)
2013 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド (技術助監督)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リー・ケヴィン・カーズリーLee Kevin Carsley, 1974年2月28日 - )は、イングランドバーミンガム出身の元サッカー選手、元アイルランド代表。現サッカー指導者。現役時代のポジションは守備的ミッドフィルダーカースリーとも表記される。

イングランドで生まれたカーズリーは、ダービー・カウンティFCブラックバーン・ローヴァーズFCコヴェントリー・シティFCエヴァートンFCバーミンガム・シティFCと在籍したクラブは全てイングランドだったが、代表ではアイルランド代表でプレーした。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ダービー、コヴェントリー、ブラックバーン[編集]

1992年からダービー・カウンティFCでキャリアを始め、公式戦150試合に出場する。1998-99シーズンは、開幕前の5月にエヴァートンFCからクレイグ・ショートen)とのトレード[1]、後半戦にもエヴァートンとアストン・ヴィラFCからのオファー[2]をそれぞれ拒否して残留を選択しているが、1999年3月に移籍金337万5000ポンドブラックバーン・ローヴァーズFCと4年契約を締結した[2]。この移籍は、ブラックバーンが降格の危機にあったことで驚きを持って伝えられており、金銭的な理由と揶揄されたが、カーズリーは真正面から否定し、「ダービーは確かに欧州カップ戦出場を狙える位置にあったが、ブラックバーンは数年前にプレミアリーグ優勝を果たしたように本来は上を狙えるビッグクラブであり、現在のリーグの順位は考慮していない」と語った[2]。しかし、ブライアン・キッドen)監督によって12月から1800万ポンドも掛けて大型補強されたチームを救うことが出来ず、フットボールリーグ・チャンピオンシップへと降格している。

2部で過ごすこととなった1999-2000シーズンは、主将を務めてチーム最多の得点を挙げる[3]奮闘を見せたものの、チームは11位で昇格を逃しており、翌2000-01シーズンになるとグレアム・スーネス監督の構想外となったため、2000年12月にガリー・マカリスターの後釜として移籍金250万ポンドでプレミアリーグのコヴェントリー・シティFCと4年半契約を締結した[3]。2000年2月には、移籍金190万ポンドでエヴァートンFCと4年半契約を締結した[4]

エヴァートン[編集]

エヴァートンFCでは、加入から2季はなかなか定位置を掴めず、先行きに不安があったものの、2004-05シーズンには、4-1-4-1フォーメーションの中盤中央の守備的な位置を任されて定期的に起用され[5]、また、外見的に似通っていたトーマス・グラヴェセンとコンビを組むと、カーズリーの厳しいタックルで相手の攻撃の芽を摘むプレーに、グラヴェセンの自由な攻撃参加のプレーによってチームの中盤を司っており[6]、後々になっても中盤で良いコンビが現れた際には「新たなカーズリーとグラヴェセン」と評される[6]程、アンカー、所謂マケレレロールとしての確固たる地位を築いた。

2004年12月には、200回目となるリヴァプールFCとのマージーサイド・ダービー(1-0)で決勝点を挙げ、チームを一時的にではあるが2位まで浮上させ[7]、最終的にプレミアリーグ創設以降でクラブ史上最高位となる4位にしてUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06予選3回戦の出場権獲得に貢献した[8]

同2004-05シーズン最終節のボルトン・ワンダラーズFC戦で試合残り4分に膝を捻じり、担架に乗せられて後味悪い終わり方をした[9]カーズリーは、プレシーズンで練習を再開するも、2005-06シーズン開幕が直前に迫った親善試合でのフェネルバフチェSK戦で再び負傷したため、復帰するまでに5ヶ月を要しており[10][11]、2006年4月のチャールトン・アスレティックFC戦まで待たなくてはならなかった。次のトッテナム・ホットスパーFC戦とチェルシーFC戦で共に先発出場をしているが、チェルシー戦でのディディエ・ドログバに対してのタックルでレッドカードによる退場処分を受け[12]、3試合の出場停止となったためにシーズン終了となった。

2007年11月3日のバーミンガム・シティFC戦では、1-1の引き分けで試合終了に思われたところで93分に決勝点を挙げてチームを勝利に導いており、その1分後にジェームズ・ヴォーンが追加点を挙げて3-1とした[13]

バーミンガム・シティ[編集]

2007-08シーズン終了後、エヴァートンとの契約が満了となるに伴って契約更新を提案されたが、新たな挑戦を求めるために拒否し、2008年6月に故郷にあるチャンピオンシップのバーミンガム・シティFCと2年契約を締結した[14]。バーミンガムでは、主将のダミアン・ジョンソン英語版が数ヶ月の負傷離脱だったために主将として2008-09シーズンをスタートさせ[15]、2位でのプレミアリーグ昇格に貢献。公式戦44試合(リーグ戦41試合)2得点を記録し、その活躍からチームの最優秀選手に選出された[16]

昇格初年度の2009-10シーズンは、リー・ボウヤーバリー・ファーガソンの中盤のコンビを控えとして支える[17]中、2009年11月のアンフィールドでのリヴァプールFC戦でダビド・ヌゴグへのタックルがペナルティーキックを取られてスティーヴン・ジェラードに決められると、試合後にヌゴグに対してPKを貰うための「不正で恥ずかしい行為」とダイブを非難した[18][19]

その後、2010年1月のFAカップでのノッティンガム・フォレストFC戦で足首に全治6週間の負傷をする[17]等、2009年10月のアーセナル戦以降負傷に苦しんでいた影響から先発出場僅か3試合にとどまった結果、4月に同シーズン終了後にバーミンガム・シティを去ることが判明した[20]

コヴェントリー・シティ[編集]

2010年7月23日、1年契約で古巣のコヴェントリー・シティFCに8年振りに復帰[21]し、アイディ・ブースロイド英語版監督によって主将に任命される[22]。同2010-11シーズン終了後に契約満了で退団するに伴い、37歳で現役引退を決断した[23]

代表[編集]

イギリスのバーミンガムに生まれながらも、祖母がコーク州出身のためにアイルランド代表でプレーする資格があり[24]、1995年10月のU-21ポルトガル戦でU-21代表、それから2年後のルーマニア戦でA代表初出場をミック・マッカーシー監督の下で飾った[25]。また、マッカーシー監督の下で2002 FIFAワールドカップの登録メンバーに選出され、チームはベスト16に進出しているが、自身はグループリーグ最終戦でのサウジアラビア戦にマーク・キンセラと代わって試合残り1分に出場したのみにとどまった[26]

2004年4月、クラブと家庭の双方に集中するために代表引退を表明する[27]も、2005年9月には代表復帰を希望しており[28]、すると、敵地でのキプロス戦(2-5)は未出場だったが、2006年10月のランズダウン・ロードでのチェコ戦で復帰を果たし、安定したプレーで依然として国際レベルにあることを証明した[29]

アイルランド代表としては、1997年から2008年のブラジル戦までの39試合を記録した[30]

監督[編集]

2011年7月にコヴェントリー・シティFCU-18の監督に就任する[23]と、プレミアアカデミーリーグでチームを準優勝へ導く手腕が評価され、2012年には新設されたリザーブチームの監督と共にトップチームの助監督に昇格した[31]。また、実戦を指揮することはなかったが、2013年2月に突如辞任したマーク・ロビンスen)監督の後任として暫定ながらも就任した[32]

2013年7月からはコヴェントリー・シティを去り、エヴァートンFC時代の同僚デヴィッド・ウィアー監督率いるシェフィールド・ユナイテッドFCの技術助監督に就任する[33]。しかし、チームは開幕戦でのノッツ・カウンティFC戦(1-2)以後、公式戦で12試合未勝利となり、10月11日にウィアー監督と共に解任された[34]

私生活[編集]

妻ルイザと3人の子供と共にソリフルで暮らす[35]ダウン症候群の次男が誕生以降は、支援団体に積極的に関わりを持ち、パトロンを務めるようになった[36]

脚注[編集]

  1. ^ "Football: Everton propose Carsley swap deal"
  2. ^ a b c "Carsley steps down for Kidd"
  3. ^ a b "Persistent Coventry land Carsley"
  4. ^ "Carsley joins Everton"
  5. ^ "Why Everton must keep Eidur down at Bridge"
  6. ^ a b "Hail The New Carsley & Gravesen"
  7. ^ "Everton 1-0 Liverpool"
  8. ^ "Lee Carsley: 'All of a sudden you have something that rocks you'"
  9. ^ "Bolton 3-2 Everton" BBC Sport
  10. ^ "Everton hit by fresh Carsley blow"
  11. ^ "Carsley setback adds to Everton's woes"
  12. ^ "Chelsea 3 Everton 0: Mourinho's men relish chance to retain title in front of United"
  13. ^ "Vintage Carsley drives Bruce to distraction"
  14. ^ "Carsley passes Birmingham medical"
  15. ^ "Jonty to have op"
  16. ^ "Gala awards night celebrates the true Blues"
  17. ^ a b "Birmingham's Lee Carsley suffers ankle injury blow"
  18. ^ "Birmingham angry at 'cheat' Ngog"
  19. ^ "David Ngog's 'embarrassing case of cheating' gets Liverpool a draw"
  20. ^ "Lee Carsley set to leave Birmingham City"
  21. ^ "Coventry City sign midfielder Lee Carsley"
  22. ^ "Lee Carsley appointed new Coventry City captain"
  23. ^ a b "Coventry City appoint Lee Carsley as Under-18 coach"
  24. ^ "Where are they now?" BBC Sport
  25. ^ "Carsley and Kelly ready to give it a lash"
  26. ^ "Ireland stroll into last 16"
  27. ^ "Football: Cars stalls on Ireland" thefreelibrary.com
  28. ^ "Carsley eyes Irish return"
  29. ^ "Carsley delighted to be back in the fold"
  30. ^ "Carsley: my Irish career is finished"
  31. ^ "Lee Carsley promoted to Andy Thorn's Coventry City backroom staff"
  32. ^ "Irish football’s favourite baldy, Lee Carsley, appointed interim Coventry boss"
  33. ^ "Lee Carsley leaves Coventry City for Sheffield United"
  34. ^ "Former Ireland midfielder Lee Carsley gets axed by Blades"
  35. ^ "It is a shock and quite often people say that in a way you're grieving for a child that you should have had" thefreelibrary.com
  36. ^ "Lee Carsley: 'All of a sudden you have something that rocks you'"

外部リンク[編集]