ディヴォック・オリジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディヴォック・オリジ Football pictogram.svg
LFC Parade 2019 01 Divock Origi.jpg
UEFA CL優勝パレードでのオリジ (2019年)
名前
本名 Divock Okoth Origi
ディヴォック・オコス・オリジ
ラテン文字 Divock ORIGI
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
 ケニア
生年月日 (1995-04-18) 1995年4月18日(27歳)
出身地 オーステンデ
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション FW (CF、WG)
背番号 27
利き足 右足
ユース
2001-2010 ベルギーの旗 ヘンク
2010-2012 フランスの旗 リール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 フランスの旗 リール 40 (6)
2014-2022 イングランドの旗 リヴァプール 107 (22)
2014-2015 フランスの旗 リール (loan) 33 (8)
2017-2018 ドイツの旗 ヴォルフスブルク (loan) 31 (6)
2022- イタリアの旗 ACミラン
代表歴2
2010  ベルギー U-15 2 (0)
2010-2011  ベルギー U-16 9 (1)
2011  ベルギー U-17 1 (0)
2012-2013  ベルギー U-19 19 (10)
2014-2015  ベルギー U-21 2 (0)
2014- ベルギーの旗 ベルギー 32 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年5月23日現在。
2. 2022年8月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディヴォック・オコス・オリジDivock Okoth Origi, 1995年4月18日 - )は、ベルギーオーステンデ出身のサッカー選手オリギと表記されることも多い。ベルギー代表ACミラン所属。ポジションはフォワード。試合終了間際に勝利を左右するゴールを多く決めることから「ミラクルオリギ」と称され「FOOTBALL WITHOUT ORIGI IS NOTHING」という横断幕やTシャツが販売されるなどカルト的人気を集めた[1]

クラブ来歴[編集]

KRCヘンクのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年5月、フランスのリールユースに移籍した。

2013年2月2日、トロワAC戦でプロデビューを果たし、ディミトリ・ペイェのクロスから初得点を記録した[2][3][4][5][6]

2014年7月29日、イングランドのリヴァプールFCに移籍した[7]。ただし、2014-15シーズンはレンタル移籍の形でリールに残留することになる。

2015年8月、レンタルバックでリヴァプールFCに復帰した。クロップ監督の下、サブでの途中出場やカップ戦での出場がメインであった。2015年12月のリーグカップ準々決勝のサウサンプトン戦ではハットトリックを決めた。

2016-17シーズンは11月のサンダーランド戦などでゴールを決めている[8]

2017年8月31日、VfLヴォルフスブルクへレンタル移籍[9]

2018-19シーズンはリヴァプールに復帰した。2018年12月2日のマージーサイド・ダービーではロスタイムに劇的決勝ゴールを決め、2019年5月5日のニューカッスル戦でも後半負傷のサラーと交代での出場、2-2からの決勝ゴールを決めた。UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのFCバルセロナ戦において、1stレグで0-3とリードされる厳しい状況で、サラーとロベルト・フィルミーノの怪我で先発出場のチャンスを得ると、決勝ゴールを含む2ゴールを決め、その2点目がトータルスコア4-3とする劇的な逆転ゴールとなり、チームを2年連続となる決勝進出へと導くと[10]、決勝では1-0とリードしながらもトッテナムに攻め込まれる苦しい展開の中、後半途中出場すると2-0へとリードを広げるゴールを決め、リヴァプールの14シーズンぶりのチャンピオンズリーグ優勝に大きな役割を果たした[11]。また、チャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めた2人目のベルギー人選手になった(1人目は2015-16シーズンの決勝で決めたカラスコ)。

2019-20シーズン、プレミアリーグ開幕戦でマネに代わり先発出場のチャンスを掴むとゴールを決めて勝利に貢献した。12月4日のエヴァートンとのマージーサイド・ダービーでは先発出場し2ゴールを決め、ライバルからの勝利に貢献した。

2020-21シーズンは、ディオゴ・ジョッタが加入したことにより、急激に出番を失う。結局このシーズンはリーグ戦9試合出場し無得点に終わり、ジョッタは19試合に出場し9得点と対照的な成績となった。

2021-22シーズンもジョッタの後塵を拝し、クラブOBのジェイミー・キャラガーからは同じく出場機会を失いつつあった南野拓実と共に辛辣な評価を与えられた[12]。12月4日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦では決勝点を挙げ、エヴァートン戦でもゴールを挙げた[13]。シーズン終盤には来季よりACミランへの移籍の可能性が報道がされた[14]

リバプールでの出場機会は決して多くはなかったものの、途中出場から重要なゴールを記録するため、クラブのレジェンド選手の一人とされた[15]

2022年7月5日、ACミランはオリジの獲得を発表。契約期間は2026年6月30日まで[16]。同年8月13日、第1節ウディネーゼ戦にて後半84分、ラファエル・レオンと交代でセリエAデビューを飾った[17]

代表経歴[編集]

ベルギー代表として各年代でプレーし、2014年5月13日、2014 FIFAワールドカップに出場するメンバーに選出された。

同年5月26日に行われたルクセンブルク代表との親善試合で代表初出場を果たした[18]

2014 FIFAワールドカップの本大会では、グループリーグ第2戦のロシア戦では途中出場から終了間際に代表初得点となる決勝ゴールを挙げ、ベルギーの決勝トーナメント進出に貢献した。

個人成績[編集]

クラブ成績[編集]

※2022年8月14日現在
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
リール 2012-13 リーグ・アン 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 10 1
2013-14 30 5 4 1 1 0 - 0 0 35 6
2014-15 33 8 1 0 2 0 8 1 0 0 44 9
通算 73 14 5 1 3 0 8 1 0 0 89 16
リヴァプール 2015-16 プレミアリーグ 16 5 1 0 4 3 12 2 0 0 33 10
2016-17 34 7 3 1 6 3 - 0 0 43 11
2017-18 1 0 - - 0 0 0 0 1 0
通算 51 12 4 1 10 6 12 2 0 0 77 21
ヴォルフスブルク 2017-18 ブンデスリーガ 31 6 3 0 - - 2 1 36 7
通算 31 6 3 0 - - 2 1 36 7
リヴァプール 2018-19 プレミアリーグ 12 3 1 1 0 0 8 3 0 0 21 7
2019-20 28 4 3 0 1 2 6 0 4 0 42 6
2020-21 9 0 2 0 2 1 4 0 0 0 17 1
2021-22 7 3 1 0 3 2 7 1 0 0 18 6
通算 56 10 7 1 6 5 25 4 4 0 98 20
総通算 211 42 19 3 19 11 45 7 6 1 300 64
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
リールB 2012-13 CFA 11 2 11 2
総通算 11 2 11 2

代表成績[編集]

国際Aマッチ 32試合 3得点(2014年 - )


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2014 13 3
2015 4 0
2016 6 0
2017 2 0
2018 1 0
2019 3 0
2020 0 0
2021 2 0
2022 1 0
通算 32 3

代表得点[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2014年6月22日 ブラジルの旗サンパウロエスタジオ・ド・マラカナン ロシアの旗 ロシア 1–0 1–0 2014 FIFAワールドカップ
2. 2014年10月10日 ベルギーの旗ブリュッセルボードゥアン国王競技場 アンドラの旗 アンドラ 4–0 6–0 UEFA EURO 2016予選
3. 2014年11月12日 ベルギーの旗ブリュッセルボードゥアン国王競技場 アイスランドの旗 アイスランド 2–1 3–1 親善試合

タイトル[編集]

リヴァプールFC

脚注[編集]

  1. ^ さよならのかわりに -ディヴォック・オリギの旅立ちに寄せて-”. 2022年7月4日閲覧。
  2. ^ Lacklustre Lille held at home”. LFP.fr (2013年2月2日). 2013年2月5日閲覧。
  3. ^ B. Pedretti : "Origi, le rayon de soleil de la soirée"” (French). リール公式サイト (2013年2月3日). 2014年5月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  4. ^ Patrick Korir (2013年2月4日). “Divock Origi scores on Ligue 1 debut for Lille”. Futaa.com. 2014年5月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  5. ^ Origi scores debut goal for Lille”. SuperSport.com (2013年2月4日). 2013年2月5日閲覧。
  6. ^ Dennis Machio (2013年2月4日). “Divock Origi scores debut goal in Ligue 1”. MichezoAfrika.com. 2013年2月5日閲覧。
  7. ^ リヴァプール、オリジ獲得を発表 Goal.com 2014年7月30日閲覧
  8. ^ Findon, Ben (2016年11月26日). “Liverpool 2 Sunderland 0: Divock Origi provides relief after Philippe Coutinho is stretchered off”. http://www.telegraph.co.uk/football/2016/11/26/premier-league-clockwatch-liverpool-vs-sunderland-rest-3pm-kick/ 2016年11月30日閲覧。 
  9. ^ Divock Origi joins Wolfsburg on season-long loan Liverpool FC Official Website 2017年8月31日
  10. ^ Liverpool 4-0 Barcelona (4-3 agg): Jurgen Klopp's side complete extraordinary comeback”. www.bbc.com (2019年5月7日). 2019年5月10日閲覧。
  11. ^ Tottenham 0-2 Liverpool: Mo Salah and Divock Origi goals hand Liverpool sixth European crown”. SKY (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  12. ^ 「南野とオリジより良い選手が来てほしかった」 リバプールレジェンドが補強に不満フットボールチャンネル 2021年9月4日
  13. ^ 伝説のオーウェンとも比較できる《41ゴール》 異様な勝負強さ見せるオリギ6922分の不思議-ザワールド
  14. ^ “ミラクル”オリギの去就がいよいよ決着へ?代理人がACミランとポジティブな話し合いが進行中か-サンスポ
  15. ^ リバプールが4選手の退団を発表…オリギらが別れ”. 2022年6月10日閲覧。
  16. ^ OFFICIAL STATEMENT: DIVOCK ORIGI” (英語). AC Milan (2022年7月5日). 2022年8月14日閲覧。
  17. ^ “AC Milan - Udinese Calcio, Aug 13, 2022 - Serie A - Match sheet”. Transfermarkt. (2022年8月13日). https://www.transfermarkt.com/spielbericht/index/spielbericht/3844741 2022年8月14日閲覧。 
  18. ^ ベルギー5得点快勝 ルカクがハットトリック Goal.com 2014年5月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]