ドリース・メルテンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドリース・メルテンス Football pictogram.svg
Mertens celebrating bronze.jpg
ベルギー代表でのメルテンス(2018年)
名前
ラテン文字 Dries Mertens
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1987-05-06) 1987年5月6日(35歳)
出身地 ルーヴェン
身長 169cm
体重 61kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 SSCナポリ
ポジション FW (WG, CF)
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ベルギーの旗 ヘント 0 (0)
2005-2006 ベルギーの旗 エンドラハト・アールスト (loan) 14 (4)
2006-2007 オランダの旗 AGOVV (loan) 35 (2)
2007-2009 オランダの旗 AGOVV 73 (28)
2009-2011 オランダの旗 ユトレヒト 65 (16)
2011-2013 オランダの旗 PSV 62 (37)
2013- イタリアの旗 ナポリ 265 (102)
代表歴2
2004  ベルギー U-17 4 (0)
2011- ベルギーの旗 ベルギー 100 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月23日現在。
2. 2021年06月06日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドリース・メルテンスDries Mertens1987年5月6日 - )は、ベルギールーヴェン出身のサッカー選手ベルギー代表SSCナポリ所属。ポジションはFW。2020年6月時点で、同クラブの最多得点記録保持者である。

クラブ歴[編集]

RSCアンデルレヒトの下部組織に入団したが、トップチームにはたどり着けず、KAAヘントの下部組織に移った。2004年にKAAヘントのトップチームに昇格したが、2005年にはベルギー・サード・ディビジョン(3部)のエンドラハト・アールストオランダ語版レンタル移籍し、サポーターが選出するクラブのシーズン最優秀選手に選ばれた。

2006年にはオランダのAGOVVアペルドールンにレンタル移籍し、2007年に完全移籍した。エールステ・ディヴィジ(2部)のクラブで最も重要な選手のひとりとなり[1]、キャプテンも務めた。2008-09シーズン終了後にはエールステ・ディヴィジの最優秀若手選手賞であるDe Gouden Stierを受賞した[2]

2009年5月25日、FCユトレヒトに移籍した[3]。移籍金は60万ユーロ。2009年8月1日、2009-10シーズン開幕戦のRKCヴァールヴァイク戦 (0-1) でデビューし[4]、8月16日のVVVフェンロー戦では移籍後初得点を含む2得点を挙げた。2点目は直接フリーキックによるものであった[5]

2011年6月28日、チームメイトのケヴィン・ストロートマンとともにPSVアイントホーフェンに移籍した。移籍金は2人合わせて1300万ユーロ。同年8月28日のSBVエクセルシオール戦でプロ入り後初めてハットトリックを達成した。2011-12シーズンは開幕から好調を維持し、ローダJC戦 (7-1) では1つのPKも含めてひとりで4得点を挙げた[6]

ナポリ[編集]

2013年6月24日、ラファエル・ベニテス監督就任後の初補強選手としてSSCナポリへ完全移籍[7]。10月30日のACFフィオレンティーナ戦でセリエA初ゴールを記録。加入1年目はリーグ戦33試合で11得点を記録した。またコッパ・イタリア決勝・ACFフィオレンティーナ戦では途中交代で出場し勝利を決定付けるゴールを決めた[8]

2016-17シーズンにゴンサロ・イグアインユヴェントスFCへ移籍すると、ストライカーとしての才能を開花させエースの地位を確立[9]。12月11日のカリアリ・カルチョ戦でハットトリックを達成し、次節のトリノFC戦でも4得点を記録[10][11]。12月30日には2016年のベルギー最優秀選手賞を受賞した[12][13] 。2017年2月のボローニャFC戦でもハットトリックを達成[14]し、リーグ戦では35試合で28得点を挙げたが、エディン・ジェコと1得点差で得点王のタイトルを逃した[15]。2016-17シーズンは公式戦で45試合に出場し34得点を挙げた。2017-18年もセリエAで18ゴールを決め、優勝に一歩及ばなかったが、ユベントスとの優勝争いの原動力になった[16]

2018-19年度第2節ACミラン戦では2-2のなか途中出場から決勝ゴールを決めた。11月2日のエンポリ戦でハットトリックを達成し、セリエAでのベルギー人通算得点数でオリベイラを抜き最多得点者となる。CL、グループステージ、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦で2ゴールを決め、ナポリでの通算100得点を達成[17]

2019-20シーズン、ナポリでは2019年1月30日までに通算304試合出場で118ゴール71アシストを記録しているが、今シーズン限りで契約が切れることもあり、冬の移籍市場でのチェルシーFCへの移籍が報じられたが[18]、移籍は実現しなかった。2月3日セリエA第22節サンプドリア戦では途中出場から決勝ゴールを決め4-2で勝利に貢献した。2月25日チャンピオンズリーグ、ラウンド16、FCバルセロナ戦1stレグでゴールを決め、マレク・ハムシクの持っていたクラブ最多ゴール記録121ゴールに並んだが、試合は1-1で引き分けた[19]。6月13日、コッパ・イタリア準決勝インテル戦2ndレグにて、GKオスピナのロングフィードを受けたインシーニェと併走、ナポリでの通算122点目となるゴールを決め、クラブ史上最多得点記録を更新、[20]チームを決勝に導いた。6月17日、クラブとの契約を2022年まで延長し、同日のコッパ・イタリア決勝ユヴェントス戦では67分まで出場して13-14シーズン以来の大会制覇に貢献した。

2020-21シーズン、3月21日、ローマ戦で挙げた2点目のゴールでセリエA通算100ゴールを達成、ベルギー人プレーヤーとしては初めてセリエAで100ゴールを記録した選手となった[21]

代表歴[編集]

2010年10月1日、UEFA EURO 2012予選カザフスタン戦とオーストリア戦のためにベルギー代表に招集された[22]ジョルジュ・レーケンス監督の初采配試合となったこの試合には出場しなかったが、2011年2月9日にヘントで行われたフィンランドとの親善試合でベルギー代表デビューした。2012年8月15日のオランダとの親善試合で代表初得点を記録。

2014 FIFAワールドカップでは5試合に出場し、アルジェリア戦でゴールを決めた。

2018年FIFAワールドカップロシア大会では一次リーグ初戦、パナマ戦で先制点を決め、第2戦チュニジア戦ではルカクのゴールをアシスト、決勝トーナメント1回戦日本戦では先発から65分間出場、3位決定戦では途中出場、全6試合に出場した[23]

2021年6月17日、UEFA EURO 2020のデンマーク代表戦で通算100試合出場を達成した[24]

逸話[編集]

2018年FIFAワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦日本戦の試合終了後、日本代表の長友佑都とユニフォームを交換し、自身のインスタグラムに「僕はこのシャツを特別な場所に飾るんだ! フィールドの中でも外でも、日本代表をリスペクトしている」とのコメントを残した[25]。また、大会終了後にはプライベートで日本を訪れた[26]

個人成績[編集]

出場大会[編集]

代表[編集]


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2011 8 0
2012 8 1
2013 6 1
2014 13 5
2015 7 1
2016 13 3
2017 6 2
2018 11 3
2019 2 0
2021 1 0
通算 75 16

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2012年8月15日 ベルギーの旗ブリュッセルボードゥアン国王競技場 オランダの旗 オランダ 2–2 4–2 親善試合
2 2013年2月6日 ベルギーの旗ブルッヘヤン・ブレイデルスタディオン スロバキアの旗 スロバキア 2–1 2–1 親善試合
3 2014年6月7日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 チュニジアの旗 チュニジア 1–0 1–0 親善試合
4 2014年6月17日 ブラジルの旗ベロオリゾンテミネイロン アルジェリアの旗 アルジェリア 2–1 2–1 2014 FIFAワールドカップ
5 2014年9月4日 ベルギーの旗リエージュスタッド・モーリス・デュフラン オーストラリアの旗 オーストラリア 1–0 2–0 親善試合
6 2014年10月10日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 アンドラの旗 アンドラ 5–0 6–0 UEFA EURO 2016予選
7 6–0
8 2015年10月13日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 アイスランドの旗 アイスランド 1–0 3–1 UEFA EURO 2016予選
9 2016年10月10日 ポルトガルの旗ファロエスタディオ・アルガルヴェ ジブラルタルの旗 ジブラルタル 0–2 0–6 2018 FIFAワールドカップ予選
10 2016年11月13日 ベルギーの旗 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 エストニアの旗 エストニア 2–0 8–1 2018 FIFAワールドカップ予選
11 6–1
12 2016年11月14日 エストニアの旗タリンア・ル・コック・アレーナ エストニアの旗 エストニア 0–1 0–2 2018 FIFAワールドカップ予選
13 2016年10月7日 ベルギーの旗 リエージュ、スタッド・モーリス・デュフラン ジブラルタルの旗 ジブラルタル 1–0 9–0 2018 FIFAワールドカップ予選
14. 2018年6月12日 ベルギーの旗 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 コスタリカの旗 コスタリカ 1-0 4–1 親善試合
15. 2018年6月18日 ロシアの旗 ソチフィシュト・オリンピックスタジアム パナマの旗 パナマ 1-0 3–0 2018 FIFAワールドカップ
16. 2018年10月17日 ベルギーの旗 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 オランダの旗 オランダ 1-0 1–1 親善試合
17. 2019年6月8日  カザフスタン 1–0 3–0 UEFA EURO 2020予選
18. 2019年9月6日 サンマリノの旗セラヴァッレサンマリノ・スタジアム  サンマリノ 2–0 4–0
19. 2020年9月5日 デンマークの旗コペンハーゲンパルケン・スタディオン  デンマーク 2–0 2–0 UEFAネーションズリーグ2020-21
20. 2020年9月8日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場  アイスランド 3–1 5–1
21. 2020年11月15日 ベルギーの旗ルーヴェンデン・ドレーフ  イングランド 2–0 2–0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

PSV
SSCナポリ

個人[編集]

  • ベルギー年間最優秀選手 : 2016

脚注[編集]

  1. ^ Jupiler League Player Profile”. Jupiler League. 2011年12月31日閲覧。
  2. ^ Een Gouden Stier Voor Mertens”. Voetbalkrant. 2011年12月31日閲覧。
  3. ^ Utrecht Sign AGOVV Forward Dries Mertens Goal.com、2009年5月25日
  4. ^ RKC Waalwijk – FC Utrecht (01-08-2009)”. VI (2009年8月1日). 2012年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月1日閲覧。
  5. ^ FC Utrecht – VVV-Venlo (16-08-2009)”. VI (2009年8月16日). 2013年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月16日閲覧。
  6. ^ PSV hengelt Utrecht-duo Mertens/Strootman binnen” (2011年6月28日). 2012年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月31日閲覧。
  7. ^ Transfer Dries Mertens naar Napoli afgerond - PSVアイントホーフェン公式サイト 2013年6月25日
  8. ^ Insigne brace seals Coppa”. ESPNFC (2014年5月3日). 2014年5月3日閲覧。
  9. ^ メルテンスはなぜ点取り屋として開花したのか? - footballista 2017年11月14日
  10. ^ “Cagliari 0-5 Napoli”. (2016年12月11日). http://www.espnfc.us/report?gameId=461146 2016年12月30日閲覧。 
  11. ^ Napoli 5-3 Torino”. BBC (2016年12月18日). 2016年12月30日閲覧。
  12. ^ Devil of the Year 2016”. Belgian Red Devils on Twitter (2016年12月30日). 2016年12月30日閲覧。
  13. ^ Olver, Tom (2016年12月31日). “Chelsea star Eden Hazard finishes behind Dries Mertens in Belgium's Player of the Year vote”. http://metro.co.uk/2016/12/31/chelsea-star-eden-hazard-finishes-behind-dries-mertens-in-belgiums-player-of-the-year-vote-6353459/ 2017年1月2日閲覧。 
  14. ^ Seventh heaven for record-breaking Napoli as Hamsik and Mertens net hat-tricks”. Four Four Two (2017年2月4日). 2017年2月5日閲覧。
  15. ^ Simpson, Christopher (2017年5月29日). “Golden Shoe 2016-17: Top Goalscorers in Europe, Latest Points on May 29”. Bleacher Report. 2017年5月30日閲覧。
  16. ^ Belgium’s Dries Mertens shows what Eden Hazard could become under Maurizio Sarri”. 2018年7月14日閲覧。
  17. ^ [1]-Soccer King 11月30日2018年
  18. ^ チェルシー、ナポリFWメルテンスに関心…移籍金8.5億円で獲得?”. Soccer King. 2020年2月4日閲覧。
  19. ^ ナポリ・メルテンスがハムシクに並ぶ通算121得点”. Nikkan. 2020年2月26日閲覧。
  20. ^ ナポリ、メルテンスと2022年まで契約を延長…122ゴールでクラブ歴代最多得点者”. ゴール (2021-). 2022年1月30日閲覧。
  21. ^ メルテンスがベルギー人史上初のセリエA100ゴール!…同僚FWには「急げ!」と冗談も”. サッカーキング (2021年3月23日). 2021年6月20日閲覧。
  22. ^ Four debutants in Belgium selection”. UEFA.com (2010年10月1日). 2010年10月1日閲覧。
  23. ^ 日本満喫のベルギー代表FW、ルイージに扮してマリオカート。東京の道路を疾走”. 2018年8月4日閲覧。
  24. ^ Dries Mertens pakt tegen Denemarken 100ste cap en voegt zich zo bij select clubje” (Dutch). HLN (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  25. ^ これは特別な場所に飾るんだ!ベルギー代表FWが長友のシャツに込めた“特大の敬意”. 2018年7月14日閲覧。
  26. ^ 日本満喫のベルギー代表FW、ルイージに扮してマリオカート。東京の道路を疾走”. 2018年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]