ロベルト・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はモントリウです。
ロベルト・マルティネス Football pictogram.svg
Roberto Martínez 2018.jpg
ベルギー代表監督時のマルティネス (2018年)
名前
本名 ロベルト・マルティネス・モントリウ
Roberto Martínez Montoliú
ラテン文字 Roberto Martínez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1973-07-13) 1973年7月13日(49歳)
出身地 バラゲー
身長 175cm
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・マルティネス・モントリウ(Roberto Martínez Montoliú, 1973年7月13日 - )は、スペインカタルーニャ州バラゲー出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現ベルギー代表監督。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

現役時代[編集]

現役時代は、スペイン国内ではレアル・サラゴサに在籍した経験を持つ。1993年6月20日のアトレティコ・マドリード戦でマルティネスと同じくこの試合がデビュー戦となったルイス・カルロス・クアルテーロとの交代出場でプロデビューを果たしたが、リーガ・エスパニョーラでのプレー経験はこの1試合のみに終わった。1995年7月25日、デイヴィッド・ウィーラン会長に誘われて、フリートランスファーでウィガン・アスレティックFCへ移籍。その後、マザーウェルFCスウォンジー・シティAFCなどに所属し、2007年に現役を引退。

監督転身後[編集]

監督転身後は古巣スウォンジーを24年振りにフットボールリーグ・チャンピオンシップへ復帰させた。2009年6月からウィガンの監督を務め、2012-13シーズンには、FAカップで優勝し、クラブに初のタイトルをもたらしたが、リーグでは18位に終わり、チャンピオンシップ降格となった。

2013年6月5日、エヴァートンFCの監督に就任することが発表された[1]。就任初年度の2013-14シーズンは、プレミアリーグでのクラブ史上最多勝点となる勝点72を記録し、チームを5位に導き翌シーズンのUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した[2]。2014年6月12日、クラブとの契約を2019年まで延長した[3]。2015-16シーズンは、シーズン半ばから成績を悪化させ、2016年5月13日に解任された[2]

2016年8月3日、ベルギー代表の監督に就任した[4]2018 FIFAワールドカップでは、ベルギー代表史上初の3位という好成績を収めた[5]。2018年のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズの最優秀監督賞の候補11人にノミネートされた[6]

選手歴[編集]

指導者歴[編集]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

ウィガン・アスレティックFC
スウォンジー・シティAFC

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

スウォンジー・シティAFC
ウィガン・アスレティックFC

個人[編集]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
スウォンジー・シティAFC 2007年2月24日 2009年6月15日 126 63 37 26 50.00
ウィガン・アスレティックFC 2009年6月15日 2013年6月5日 175 51 47 78 29.1
エヴァートンFC 2013年6月5日 2016年5月12日 143 61 39 43 42.7

脚注[編集]

  1. ^ エヴァートンが前ウィガン指揮官マルティネス氏の監督就任を発表”. サッカーキング (2021年6月6日). 2021年12月30日閲覧。
  2. ^ a b エバートン、ホームでの最終節を前にマルティネス監督を解任”. 超ワールドサッカー (2015年5月13日). 2021年12月30日閲覧。
  3. ^ エヴァートンのマルティネス監督、2019年まで契約延長”. サッカーキング (2014年6月13日). 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ 前エバートン指揮官がベルギー代表監督に就任。2018年W杯出場を目指す”. フットボールチャンネル (2016年8月4日). 2021年12月30日閲覧。
  5. ^ 32年越し史上初の3位…ベルギー指揮官「メキシコ大会世代がもたらした刺激とビジョンを乗り越えた」”. 超ワールドサッカー (2018年7月15日). 2021年12月30日閲覧。
  6. ^ FIFA年間最優秀監督候補が発表! 男子はジダンやデシャンら11名! なでしこ高倉監督もノミネート”. 超ワールドサッカー (2018年7月24日). 2021年12月30日閲覧。