FCユトレヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FCユトレヒト
FC Utrecht.png
原語表記 Football Club Utrecht
愛称 Utreg
クラブカラー 赤・白
創設年 1970年
所属リーグ エールディヴィジ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ユトレヒト
ホームスタジアム スタディオン・ハルヘンワールト
収容人数 24,500
代表者 オランダの旗 マルティン・ストゥルケンブーム
監督 オランダの旗 ジョン・ファン・デン・ブロム
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCユトレヒトFootball Club Utrecht)は、オランダユトレヒト州ユトレヒトを本拠地とするサッカークラブである。

DOS、USVエリンクヴァイク (USV Elinkwijk)、フェロックス (Velox) の3クラブが合併して1970年7月1日に創設された。DOSは1957-58シーズンにリーグ優勝の経験がある。合併以降のリーグ戦での最高順位は1980-81シーズンの3位。タイトルはカップ戦優勝3回とスーパーカップ優勝1回。

歴史[編集]

創設[編集]

1970年7月1日、DOS、Elinkwijk、Veloxの3クラブが合併してFCユトレヒトの名の下、設立された。DOSは1957-58シーズンにリーグ優勝の経験があるが、合併前には破産寸前まで経営が悪化していた。ユトレヒトは1985年と2003年そして2004年にKNVBカップで優勝している。設立後、最初のシーズンはコー・アドリアーンセを除きこの3つのクラブの選手らでメンバーは組まれ、ファーストシーズンは9位に終わった。

破産危機と立て直し[編集]

創設以降10年間でハンス・ファン・ブロイケレンレオ・ファン・フェーンヴィレム・ファン・ハネヘムらを擁したユトレヒトは着実に成長し、蓄えた資金をもとに新スタジアムの建設計画も進んでいた。しかし、1981年、オランダ税務署の調査により多くの不正行為が明らかになり、今までの不正により浮いた資金を一括で支払うことを裁判所から言い渡された。一時は破産直前にまで陥ったものの、クラブが提出した選手とサポーターの計6万6000人もの署名が功を奏し、裁判所は分割で支払うことを許可した。この騒動以降、クラブは成績面で成長を遂げ、リーグ戦では1980-81シーズンは5位、翌シーズンは3位そして1982年のKNVBカップではAZアルクマールに敗れたものの準優勝を果たした。一方でクラブの財政は厳しく、毎シーズンのようにチームのスター選手が売却された。

1990年代[編集]

1991年にリーグ戦を4位でフィニッシュし、UEFAカップに参加したことで財政が好転。しかし、翌シーズンからは成績が伴わず、クラブは再び財政難になってしまった。この財政難を救うべく、1996年、新たにユトレヒトのメインスポンサーに参入したフォルティスグループはクラブの運営権と引き換えに積極的な資金提供を行い、財政難は解決した。この資金を基にロブ・ウィツヘヨン・ファン・ルーンを獲得し、戦力の増強を行った。1998年、スタジアムの全面改修が開始された。資金投入の結果、クラブの財政は安定したが、相変わらず成績は不安定だった。1993年にリーグ戦8位を記録以降、2001年まで10位を上回ることは無かった。

2000年代[編集]

2001年、クラブの監督にフランス・アデラールが就任した。これによりUEFAカップ出場圏内の5位に返り咲いた。翌年にはKNVBカップで準優勝に終わったが、決勝まで勝ち進み、2003年と2004年にはKNVBカップで2連覇を果たした。この期間、ユトレヒトに在籍していた選手にはのちに世界的な選手となるディルク・カイトがいた。2003年、想定よりスタジアム改修の費用がかさみ、クラブは再び財政難に陥ったが、スタジアムをユトレヒト自治体に売却したことで難を逃れた。2008年4月、オランダ最大の物資輸送会社マムートの取締役フランス・ファン・シューメレンがクラブの株63%を1600万ユーロで購入した。ファン・シューメレンはクラブを常にリーグ戦上位チームに押し上げると約束し、目標としてSCヘーレンフェーンを挙げた。また、同年、クラブの会長にヤケース・ファン・エクが会長に就任した。

2010年代[編集]

2012-13シーズンはここ10年間で最高順位となるリーグ戦5位を記録した。2014年、2年間空白だったクラブのテクニカルディレクターにコー・アドリアーンセが就任した。アドリアーンセの尽力もあり、2015-16シーズンの監督にエリック・テン・ハフが採用された。キャプテンにはジャン=ポール・デ・ヨングが任命され、成績も安定。リーグ戦では2012-13シーズンに記録した5位、KNVBカップでも決勝にまでたどり着いたほか、下部組織の成長も著しく、U-23チームはU-23リーグで優勝を飾った。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

Eredivisie
スタディオン・ハルヘンヴァールト
シーズン ディビジョン KNVBカップ
リーグ 順位
1970-71 エールディヴィジ 34 13 7 14 46 64 33 9位 2回戦敗退
1971-72 エールディヴィジ 34 15 10 9 56 42 40 6位 1回戦敗退
1972-73 エールディヴィジ 34 12 8 14 42 55 32 8位 2回戦敗退
1973-74 エールディヴィジ 34 14 4 16 53 65 32 13位 準決勝敗退
1974-75 エールディヴィジ 34 8 10 16 40 62 26 15位 ベスト16
1975-76 エールディヴィジ 34 9 9 16 36 57 27 14位 2回戦敗退
1976-77 エールディヴィジ 34 16 6 12 59 66 38 6位 ベスト16
1977-78 エールディヴィジ 34 11 11 12 40 45 33 8位 ベスト16
1978-79 エールディヴィジ 34 10 10 14 43 55 30 13位 ベスト16
1979-80 エールディヴィジ 34 14 11 9 49 35 39 5位 ベスト16
1980-81 エールディヴィジ 34 18 9 7 67 33 45 3位 ベスト16
1981-82 エールディヴィジ 34 17 5 12 56 38 39 5位 準優勝
1982-83 エールディヴィジ 34 11 9 14 51 57 31 10位 2回戦敗退
1983-84 エールディヴィジ 34 14 8 12 64 74 36 8位 2回戦敗退
1984-85 エールディヴィジ 34 13 6 15 47 42 32 10位 優勝
1985-86 エールディヴィジ 34 11 10 13 40 46 32 12位 2回戦敗退
1986-87 エールディヴィジ 34 15 6 13 62 56 36 6位 ベスト16
1987-88 エールディヴィジ 34 11 11 12 41 55 33 10位 1回戦敗退
1988-89 エールディヴィジ 34 11 7 16 49 57 29 13位 ベスト16
1989-90 エールディヴィジ 34 8 11 15 27 45 27 14位 2回戦敗退
1990-91 エールディヴィジ 34 16 10 8 42 29 42 4位 ベスト16
1991-92 エールディヴィジ 34 9 15 10 37 39 33 11位 準々決勝敗退
1992-93 エールディヴィジ 34 12 11 11 44 40 35 8位 ベスト16
1993-94 エールディヴィジ 34 9 8 17 40 63 26 15位 3回戦敗退
1994-95 エールディヴィジ 34 8 11 15 43 60 27 12位 準決勝敗退
1995-96 エールディヴィジ 34 6 10 18 27 59 28 15位 1回戦敗退
1996-97 エールディヴィジ 34 8 14 12 42 52 38 12位 GS敗退
1997-98 エールディヴィジ 34 13 4 17 56 64 43 10位 GS敗退
1998-99 エールディヴィジ 34 10 8 16 54 64 38 12位 ベスト16
1999-00 エールディヴィジ 34 14 4 16 55 61 46 10位 準々決勝敗退
2000-01 エールディヴィジ 34 17 8 9 58 43 59 5位 ベスト16
2001-02 エールディヴィジ 34 14 9 11 60 51 51 7位 準優勝
2002-03 エールディヴィジ 34 12 11 11 49 49 47 8位 優勝
2003-04 エールディヴィジ 34 13 7 14 42 52 46 10位 優勝
2004-05 エールディヴィジ 34 12 8 14 40 43 44 11位 ベスト16
2005-06 エールディヴィジ 34 16 7 11 49 44 55 6位 3回戦敗退
2006-07 エールディヴィジ 34 13 9 12 41 44 48 9位 準々決勝敗退
2007-08 エールディヴィジ 34 13 7 14 59 55 46 10位 2回戦敗退
2008-09 エールディヴィジ 34 11 11 12 41 44 44 9位 2回戦敗退
2009-10 エールディヴィジ 34 14 11 9 39 33 53 7位 2回戦敗退
2010-11 エールディヴィジ 34 13 8 13 55 51 47 9位 準決勝敗退
2011-12 エールディヴィジ 34 11 10 13 55 58 43 11位 2回戦敗退
2012-13 エールディヴィジ 34 19 6 9 55 41 63 5位 2回戦敗退
2013-14 エールディヴィジ 34 11 8 15 46 65 41 10位 準々決勝敗退
2014-15 エールディヴィジ 34 11 8 15 60 62 41 11位 2回戦敗退
2015-16 エールディヴィジ 34 15 8 11 57 48 53 5位 準優勝
2016-17 エールディヴィジ 34 18 8 8 54 38 62 4位 準々決勝敗退
2017-18 エールディヴィジ 34 14 12 8 58 53 54 5位 2回戦敗退
2018-19 エールディヴィジ 34 15 8 11 60 51 53 6位 ベスト16
2019-20 エールディヴィジ 25 12 5 8 50 34 41 6位 決勝
2020-21 エールディヴィジ 34

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2020年10月6日現在[1]
No. Pos. 選手名
1 オランダの旗 GK マールテン・パエス
2 オランダの旗 DF マルク・ファン・デル・マーレル (Flag of Indonesia.svg)
3 オランダの旗 DF ユスティン・ホーフマ
5 ドイツの旗 DF レオン・グヴァラ (Flag of The Gambia.svg)
6 オランダの旗 MF アダム・マヘル (Flag of Morocco.svg)
7 オランダの旗 FW ジラノ・ケルク (Flag of Suriname.svg)
8 オランダの旗 MF ヨリス・ファン・オーフェレーム
9 スペインの旗 FW アドリアン・ダルマウ
10 スウェーデンの旗 MF シモン・グスタフソン
11 オランダの旗 FW エルイェロ・エリア (Flag of Suriname.svg)
13 スウェーデンの旗 DF エミール・ベリストローム
14 オランダの旗 DF ウィレム・ヤンセン (Captain sports.svg)
15 オーストラリアの旗 FW ダニエル・アルザニ (Flag of Iran.svg) ★
16 オランダの旗 GK タイメン・ナイハウス
No. Pos. 選手名
18 オランダの旗 MF ユスティン・ロンワイク (Flag of Suriname.svg)
19 モロッコの旗 FW ミムン・マヒ (Flag of the Netherlands.svg)
20 オランダの旗 DF ジョヴァンニ・トゥルペー (Flag of Curaçao.svg)
21 オランダの旗 DF ジャンゴ・ワルメルダム
22 オランダの旗 MF サンデル・ファン・デ・ストリーク
23 オランダの旗 MF バルト・ラムセラール
24 オランダの旗 MF オデュッセウス・フェラナス (Flag of Greece.svg)
25 オランダの旗 DF トミー・セント・ヤゴ
26 ベルギーの旗 FW オスマン・ブサイド (Flag of Morocco.svg)
29 オランダの旗 DF ウルビー・エマヌエルソン (Flag of Suriname.svg)
29 フランスの旗 FW ムサ・シラ (Flag of Mali.svg)
31 オランダの旗 GK ファビアン・デ・カイゼル
32 ドイツの旗 GK エリック・エルシュレゲル

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

※4番はダヴィド・ディ・トマソ 永久欠番。2005年11月29日、心臓発作により死去。現在、ファン選出のシーズン最優秀選手に贈られるトロフィー名は彼の名前にあやかって、ダヴィド・ディ・トマソ・トロフィーと名付けられている。

監督

ローン選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
3 オランダの旗 DF ユスティン・ホーフマ (ドイツの旗 ホッフェンハイム)
No. Pos. 選手名
15 オーストラリアの旗 FW ダニエル・アルザニ (イングランドの旗 マンチェスター・シティFC)
out
No. Pos. 選手名
27 ドイツの旗 FW ヨナス・アルヴェイラー (ADOデン・ハーグ)
29 オランダの旗 FW ニック・フェネマ (NACブレダ)
No. Pos. 選手名
30 オランダの旗 MF ミッチェル・ファン・オーイェン (エクセルシオール)
32 チェコの旗 FW ヴァーツラフ・チェルニー (FCトゥウェンテ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

スポンサー[編集]

胸スポンサー

クラブ創設から10年間はスポンサーをとっていない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]