マルアン・フェライニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルアン・フェライニ Football pictogram.svg
Fellaini, Everton FC.jpg
名前
本名 Marouane Fellaini-Bakkioui[1]
カタカナ マルアン・フェライニ=バッキウィ
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
モロッコの旗 モロッコ
生年月日 1987年11月22日(27歳)[1]
出身地  ブリュッセル首都圏地域エテルベーク
身長 194cm[2]
体重 85kg[2]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
ポジション MF
背番号 27
利き足 右足
ユース
1994-1997
1997-2000
2000-2002
2002-2004
2004-2006
ベルギーの旗 アンデルレヒト
ベルギーの旗 モンス
ベルギーの旗 セラン・ユナイテッド
ベルギーの旗 シャルルロワ
ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008
2008-2013
2013-
ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ
イングランドの旗 エヴァートン
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
64 0(9)
141 0(25)
43 0(6)
代表歴2
2004-2005
2006
2006-2007
2007-
ベルギーの旗 ベルギー U-18
ベルギーの旗 ベルギー U-19
ベルギーの旗 ベルギー U-21
ベルギーの旗 ベルギー
3 (0)
6 (1)
7 (0)
63 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月25日現在。
2. 2015年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルアン・フェライニ=バッキウィMarouane Fellaini-Bakkioui, 1987年11月22日 - )は、ベルギー出身のサッカー選手マンチェスター・ユナイテッドに所属し、ベルギー代表にも選出されている。

モロッコ人の両親のもとにエテルベークで生まれたフェライニは、スタンダール・リエージュに加入する前はアンデルレヒトモンスセラン・ユナイテッドシャルルロワと複数のクラブでプレイしていた。リエージュではジュピラー・プロ・リーグ優勝を経験し、エボニー・シューを受賞した。エヴァートン移籍1年目にクラブの最優秀若手選手に選出され、FAカップでは決勝に進出した。エヴァートンでは5シーズンを過ごし、2013年9月に2,750万ポンドの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定した[3]

2007年にベルギー代表のA代表デビューを果たし、これまで60キャップ数以上を記録している。ベルギー代表として北京オリンピック2014 FIFAワールドカップに出場した。

クラブ経歴[編集]

ベルギー[編集]

ブリュッセルエテルベークで生まれたフェライニは8歳の時にアンデルレヒトでサッカーを始めたが、当初はサッカーよりも陸上競技に興味を持っていた。10,000メートル競走を好んでおり[4]、他の子ども達がバスや車で通学する中、フェライニは走って学校に通っていた[5]。しかし、自身もサッカー選手であった父、アブデラティフはフェライニがサッカーにより関心を持つように仕向けた[4]。アンデルレヒトのユース1年目にフェライニは26ゴールを記録し、2年目には37ゴール記録した。父親がモンスで新しい仕事に就いたため、フェライニは10歳の時にモンスのユースに移り[4]、3年後にはセラン・ユナイテッドに加入し、その後シャルルロワに加入することになった。17歳の時にフェライニは初めての雇用契約をスタンダール・リエージュと結び、スタンダール・リエージュでは2006年から2008年まで所属し、公式戦84試合の出場で11ゴールを記録した。高いヘディング能力と運動量でフェライニはジュピラー・プロ・リーグでもボックス・トゥ・ボックスのミッドフィールダーとしてベストな選手の1人と認識されるようになり、2008年にはエボニー・シューを受賞した[6]。この賞はアフリカ系の選手の中でそのシーズンに最も活躍した選手に与えられる賞である。

エヴァートン[編集]

2013年8月31日に行われたエヴァートンで最後の試合となったカーディフ・シティ戦に出場したフェライニ

マンチェスター・ユナイテッドを始め[7]アストン・ヴィラレアル・マドリートッテナム・ホットスパーバイエルン・ミュンヘンと多くのクラブが関心を示したが[8]、フェライニはエヴァートンと5年間の契約を結んだ。スタンダール・リエージュには1,500万ポンドの移籍金が支払われたが、この金額はベルギー人選手に支払われた移籍金額としては史上最額であり、エヴァートンにとってもクラブ記録となる移籍金額であった(いずれも当時)。2008年9月14日に行われ、3-2で勝利したストーク・シティ戦でデビューを飾り、2008年10月5日に行われ、2-2で引き分けたニューカッスル・ユナイテッド戦で初ゴールを記録した[9]。1年目のシーズンは9ゴールを記録する一方で、最初の17試合で10枚のイエローカードを受けたが、チーフ・レフェリーのキース・ハケットの聴取を受け、今後振る舞いを改善することを約束し、長期の出場停止処分は回避した。約束通りにその後の16試合では3枚のイエローカードを受けただけで済んだが、合計では他のどのプレミアリーグの選手よりも多い枚数であった[4]。シーズン終了後にはクラブの最優秀若手選手に選出された[10]。そのシーズンはすべてのフォワードの選手が怪我で離脱した際にはセカンドトップを務め、同様に本来は中盤の選手であるティム・ケーヒルの後方でプレイをした。

2009年の後半から2010年の前半にかけては本来のポジションである守備的な中盤の位置で試合に出場しており、監督であったデイヴィッド・モイーズは「リーグの他のどの選手にも見劣りしない」とその活躍を讃え、2010年1月16日に行われ、2-0で勝利したマンチェスター・シティ戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出された[11]。2月16日に行われたマージーサイド・ダービーでは34分にソティリオス・キルギアコスの両足タックルを受け負傷退場し、2009-10シーズンの残りを欠場することになった。

2011年2月に行われたFAカップチェルシーとの再試合では足首を負傷したが、週末に行われ、2-0で勝利したサンダランド戦に出場した。しかし、この怪我が原因で2010-11シーズンの残りの試合を欠場することになり[12]、2011年8月まで公式戦に出場できなかった。2011年8月20日に行われ、0-1で敗れたクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦に交代で出場し復帰を果たすと、8月24日に行われ、3-1で勝利したリーグカップシェフィールド・ユナイテッド戦ではフル出場でチームの勝利に貢献した。2011年11月にはクラブと新たに5年間の契約を結び[13]、シーズン終了後にはエヴァートンの選手の中で最多となるタックル数と空中戦の勝利数、パスの成功数を記録した。タックル数はリーグでも2番目であり、190回のボールキープはリーグ最多であった[14]

2012-13シーズン開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦ではその試合両チームで唯一のゴールを記録するなどパフォーマンスは賞賛を集めた[15][16][17]。そのシーズンは好調を維持し、アーセナル戦、マンチェスター・シティ戦、フラム戦などでゴール記録し、2012年11月には月間最優秀選手選手に選出された。

2012年12月17日に行われたストーク・シティ戦ではライアン・ショウクロスに対する頭突きにより、試合中には見逃された行為であったが、3試合の出場停止処分を受けた[18]。同月には『ガーディアン』紙が選出したサッカー選手100傑の60位に選ばれた[19][20]

マンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定したため、2013年8月31日に行われたカーディフ・シティ戦がエヴァートンにおける最後の試合となったが、その頃には大きなアフロヘアーの選手としてイングランド中に知れ渡っており、エヴァートンファンの人気も高く、スタンドにはアフロヘアーのかつらを被ったファンの姿が良く見られた[4]

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2013-14シーズン[編集]

2013年9月2日の移籍市場の締め切りの数分前に2,750万ポンドの移籍金でエヴァートン時代に師事したデイヴィッド・モイーズが監督を務めていたマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定し、フェライニは5年間の契約を結んだ[3]。9月14日に行われ、2-0で勝利したクリスタル・パレス戦に62分からアンデルソンと交代で出場しデビューを果たすと[21]、9月17日に行われ、4-2で勝利したチャンピオンズリーグバイヤー・レヴァークーゼン戦にフル出場し、勝利に貢献した[22]

2013年11月5日に行われたチャンピオンズリーグのレアル・ソシエダ戦でマンチェスター・ユナイテッドにおいて初めてのレッドカードを提示された[23]

2014年4月、『デイリー・テレグラフ』選出の2013-14シーズンにおける最悪の補強10人の1人に選ばれた[24]。スターティングメンバーとしてリーグ戦に出場したのは15試合だけであり、昨シーズンにエヴァートンで出場した31試合の半分以下であった[1]

2014-15シーズン[編集]

フェライニにとって1試合目となる2014-14シーズンのプレシーズンマッチのバレンシア戦でフェライニは交代で出場し、アディショナルタイムに決勝ゴールを挙げた。この試合はマンチェスター・ユナイテッドでルイ・ファン・ハールが初めて指揮を執った試合であった。

2014年10月20日に行われたリーグ戦のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに後半から出場すると、2分後にマンチェスター・ユナイテッドにおける公式戦初ゴールを記録した[25]。続くチェルシー戦ではスターティングメンバーとして出場し、チームで最も多い12.17kmの運動量を記録し、両チームで最多となる70回のスプリント数を誇った。試合は後半アディショナルタイムにフェライニが放ったヘディングシュートはティボ・クルトゥワに止められたが、ロビン・ファン・ペルシがこぼれ球に反応し、同点ゴールが生まれた[26]

12月2日に行われたストーク・シティ戦でホームゲームにおける公式戦初ゴールを記録し[27]、2015年1月17日に行われたクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦でシーズン3ゴール目を記録した[28]。3月15日に行われ、3-0で勝利したトッテナム・ホットスパー戦ではシーズン4ゴール目を挙げ、マイケル・キャリックのゴールをアシストし、マン・オブ・ザ・マッチに選出された[29]。4月12日に行われ、4-2で勝利したマンチェスター・ダービーではチームの2ゴール目を記録し[30]、5月9日に行われたクリスタル・パレス戦では決勝ゴールを記録し、チームの2-1の勝利に貢献した。

5月24日に行われたシーズン最終節のハル・シティ戦では交代で出場した18分後にレッドカードを提示された[31]

代表経歴[編集]

ベルギー代表で練習をするフェライニ(2013年)

フェライニはベルギー代表モロッコ代表でプレイする資格を有していたが、ユースレベルからベルギー代表でプレイすることを選んだ。U-23代表として出場した北京オリンピックではブラジル代表に3位決定戦で敗れ、4位に終わった。

A代表デビューは2007年2月7日に行われたチェコ代表戦であり、6月2日に行われたUEFA EURO 2008予選のポルトガル代表戦で初ゴールを記録したが、チームは1-2で敗れた。

2014 FIFAワールドカップ予選では7試合に出場し、1ゴールを挙げ、ベルギー代表は2002 FIFAワールドカップ以来となる本大会出場を決めた。

2014年6月4日、フェライニは2014 FIFAワールドカップに出場する23人のメンバーに選ばれた[32]。緒戦のアルジェリア代表戦はスターティングメンバーから外れたが、65分から出場すると同点となるゴールを記録し、チームも2-1で勝利を挙げた[33]。6月22日行われた2戦目のロシア代表戦以降はスターティングメンバーとして躍進したベルギー代表において全試合にフル出場したが、準々決勝でアルゼンチン代表に0-1で敗れた[34]

パーソナルライフ[編集]

フェライニの両親はモロッコ人であり、両親はタンジェからブリュッセルに移住した[35]。父のアブデラティフは元サッカー選手であり、ポジションはゴールキーパーであった。アブラティフはラジャ・カサブランカハッサニア・アガディールでプレイした後にKRCメヘレンと契約をしたが、ハッサニア・アガディールは文書の発給を拒んだため、プレイすることはできなかった。引退後はSTIBでバスの運転手を務め[36]、息子のキャリアを見守るために早期退職した[5]。フェライニはムスリムである[37]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグカップ戦 欧州カップ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スタンダール・リエージュ 2006-07 30 3 7 1 3 0 40 4
2007-08 31 6 5 1 3 0 39 7
2008-09 3 0 0 0 2 0 5 0
通算 64 9 12 2 8 0 84 11
エヴァートン 2008-09 30 8 4 1 1 0 35 9
2009-10 23 2 2 0 2 0 7 1 34 3
2010-11 20 1 3 1 2 1 25 3
2011-12 34 3 6 1 3 1 43 5
2012-13 31 11 4 1 1 0 36 12
2013-14 3 0 0 0 1 1 4 1
通算 141 25 19 4 10 3 7 1 177 33
マンチェスター・ユナイテッド 2013-14 16 0 0 0 0 0 0 0 16 0
2014-15 27 6 0 0 0 0 0 0 27 6
通算 16 0 0 0 0 0 0 0 16 0
総通算 221 34 31 6 10 3 15 1 277 44

代表[編集]


ベルギー代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 8 1
2008 6 1
2009 7 1
2010 5 1
2011 6 1
2012 6 0
2013 9 2
2014 11 2
2015 3 5
通算 61 14

代表でのゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2007年6月2日 ベルギーの旗ブリュッセルボードゥアン国王競技場 ポルトガルの旗 ポルトガル 1–1 1–2 UEFA EURO 2008予選
2 2008年10月11日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 アルメニアの旗 アルメニア 2–0 2–0 2010 FIFAワールドカップ予選
3 2009年11月15日 ベルギーの旗ヘントユレス・オッテンスタディオン ハンガリーの旗 ハンガリー 1–0 3–0 親善試合
4 2010年10月12日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 オーストリアの旗 オーストリア 2–2 4–4 UEFA EURO 2012予選
5 2011年10月11日 ドイツの旗デュッセルドルフエスプリ・アレーナ ドイツの旗 ドイツ 3–1 3–1 UEFA EURO 2012予選
6 2013年5月29日 アメリカ合衆国の旗クリーブランドファーストエナジー・スタジアム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1–3 2–4 親善試合
7 2013年6月7日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 セルビアの旗 セルビア 2–0 2–1 2014 FIFAワールドカップ予選
8 2014年3月5日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 コートジボワールの旗 コートジボワール 1–0 2–2 親善試合
9 2014年6月17日 ブラジルの旗ベロオリゾンテミネイロン アルジェリアの旗 アルジェリア 1–1 2–1 2014 FIFAワールドカップ
10 2015年3月28日 ベルギーの旗ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 キプロスの旗 キプロス 1–0 5–0 UEFA EURO 2016予選
11 3–0
12 2015年3月31日 イスラエルの旗エルサレムテディ・スタジアム イスラエルの旗 イスラエル 0–1 0–1 UEFA EURO 2016予選
13 2015年6月7日 フランスの旗サン=ドニスタッド・ド・フランス フランスの旗 フランス 0–1 3–4 親善試合
14 0–2

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ

イングランドの旗 エヴァートン

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c M. FELLAINI
  2. ^ a b Marouane Fellaini
  3. ^ a b Manchester United complete £27.5m deal for Everton's Marouane Fellaini
  4. ^ a b c d e How Fellaini became Everton's mane man
  5. ^ a b Big hair, big man, big heart. Fellaini will be a tall order for England
  6. ^ Ebbenhouten Schoen voor Marouane Fellaini
  7. ^ Richardson could quit United
  8. ^ Premier League - Toffees' Fellaini bid comes unstuck
  9. ^ Everton 2-2 Newcastle
  10. ^ Fulham FC v Everton FC: Young gun to marked man for Fellaini
  11. ^ Fellaini shows up sorry Robinho
  12. ^ Everton not to blame for Marouane Fellaini injury, says David Moyes
  13. ^ Everton midfielder Marouane Fellaini pens long-term contract
  14. ^ Everton 2011/12 – The Good and the Bad | Opta Stats Analysis
  15. ^ Everton 1-0 Man Utd
  16. ^ Brilliant Fellaini condemns United to defeat
  17. ^ Maroaune Fellaini gives Everton fine victory over Manchester United
  18. ^ Everton's Marouane Fellaini banned for three games by FA
  19. ^ The world's best footballers: the top 100 list
  20. ^ The 100 best footballers in the world - interactive
  21. ^ Man Utd 2-0 Crystal Palace
  22. ^ Man Utd 4-2 Bayer Leverkusen
  23. ^ Real Sociedad 0 Manchester United 0 match report: Ashley Young tumbles again but Robin van Persie penalty miss means a blank night for United
  24. ^ Premier League transfers: 10 worst of 2013-14 season
  25. ^ West Brom 2–2 Man Utd
  26. ^ Marouane Fellaini played an important role in shackling Cesc Fabregas for Manchester United against Chelsea
  27. ^ Manchester United continued their revival with a fourth successive win that strengthens their place in the Premier League top four.
  28. ^ Manchester United bounced back from the home defeat by Southampton to maintain their pursuit of a top four place and increase pressure on Queens Park Rangers manager Harry Redknapp with victory at Loftus Road.
  29. ^ Manchester United cemented their place in the Premier League's top four with the finest display of manager Louis van Gaal's reign as Tottenham were easily dismissed at Old Trafford.
  30. ^ Manchester United ended a dismal derby sequence and piled the pressure on Manuel Pellegrini as his Manchester City side were well beaten at Old Trafford
  31. ^ Van Gaal slams 'unbelievably stupid' Fellaini after Hull red card
  32. ^ Belgium World Cup 2014 squad
  33. ^ Belgium’s Dries Mertens completes fightback against impressive Algeria
  34. ^ Marouane FELLAINI
  35. ^ Collins' calling
  36. ^ Marouane Fellaini prêt pour le top 10 européen ?
  37. ^ Fasting and football. How do top-flight Muslims cope?

外部リンク[編集]