アーメド・ホッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミド Football pictogram.svg
Mido 18-10-2008 1.jpg
2008年のミド
名前
本名 アハマド・ホサーム・フセイン・アブドゥルハミード
أحمد حسام حسين عبد الحميد
Ahmed Hossam Hussein Abdelhamīd
ラテン文字 Mido
アラビア語 ميدو
基本情報
国籍  エジプト
生年月日 (1983-02-23) 1983年2月23日(38歳)
出身地 カイロ
身長 190cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 左足
ユース
1990-1999 エジプトの旗 ザマレク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 エジプトの旗 ザマレク 4 (3)
2000-2001 ベルギーの旗 ヘント 21 (11)
2001-2003 オランダの旗 アヤックス 40 (21)
2003 スペインの旗 セルタ (loan) 8 (4)
2003-2004 フランスの旗 マルセイユ 22 (7)
2004-2006 イタリアの旗 ローマ 8 (0)
2005-2006 イングランドの旗 トッテナム (loan) 36 (13)
2006-2007 イングランドの旗 トッテナム 12 (1)
2007-2010 イングランドの旗 ミドルズブラ 25 (6)
2009 イングランドの旗 ウィガン (loan) 12 (2)
2009-2010 エジプトの旗 ザマレク (loan) 15 (1)
2010 イングランドの旗 ウェストハム (loan) 9 (0)
2010 オランダの旗 アヤックス (loan) 5 (2)
2011-2012 エジプトの旗 ザマレク 3 (2)
2012-2013 イングランドの旗 バーンズリー 1 (0)
1999-2013 通算 221 (73)
代表歴2
1999-2001 エジプトの旗 エジプト U-20 13 (0)
2001-2009 エジプトの旗 エジプト 51 (20)
監督歴
2014 エジプトの旗 ザマレク
2015 エジプトの旗 イスマイリー
2016 エジプトの旗 ザマレク
2016-2017 エジプトの旗 ワディ・デグラ英語版
2018-2019 サウジアラビアの旗 アル・ワフダ
2019-2020 エジプトの旗 エル・マカーサ英語版
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月23日現在。
2. 2016年12月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミドアラビア語: ميدو‎, ラテン文字表記: Mido)ことアハマド・ホサーム・フセイン・アブドゥルハミードアラビア語: أحمد حسام حسين عبد الحميد‎, ラテン文字表記: Ahmed Hossam Hussein Abdelhamīd, 1983年2月23日 - )は、エジプトカイロ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはFW(センターフォワード)。

クラブ歴[編集]

アヤックス[編集]

2001-02シーズンよりアヤックス・アムステルダムへ加入する。初年度にリーグ戦12ゴールを記録し、クラブのエールディヴィジ制覇に貢献。2002年にはアフリカ年間最優秀若手選手に選出された。翌シーズンは序列を下げ、後半戦セルタ・デ・ビーゴ期限付き移籍。8試合出場4得点を記録する。セルタは完全移籍での獲得を希望したが、移籍金がネックとなり実現しなかった。

マルセイユ[編集]

2003年7月11日、移籍金600万ユーロでリーグ・アンオリンピック・マルセイユへ移籍[1]。同じく新加入のディディエ・ドログバと共にアラン・ペラン監督の下で前線を形成する。2004年4月14日のUEFAカップ準々決勝・インテルナツィオナーレ・ミラノとの第2戦、ドログバを累積警告で欠く中でこの試合唯一となる得点を挙げ、クラブの準決勝進出に貢献した[2]

イングランド時代[編集]

2004年8月31日、セリエAASローマへ移籍[3]。しかし出場機会は限られ、2005年1月26日にマルティン・ヨル率いるトッテナム・ホットスパーFCへ1年半の期限付き移籍となる[4]。2月5日のポーツマスFC戦でスタメンに起用されプレミアリーグでデビューすると、2ゴールを奪い3-1での勝利に貢献[5]。11月20日のウェストハム・ユナイテッドFC戦では相手サポーターから人種差別的なチャントを受け、ハマーズのアラン・パーデュー監督から謝罪された[6]2005-06シーズンで27試合出場11得点を記録。シーズン終了に伴いローマに戻るが[7]ルチアーノ・スパレッティ監督の構想には入らず2006年8月26日にスパーズへ完全移籍する[8]

2007年8月16日、移籍金600万ポンド(約13.5億円)の4年契約でイングランドのミドルズブラFCへ移籍した[9]。2008年11月29日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦では、サポーターから再び人種差別的な扱いを受ける[10]。2009年1月23日には、エミール・ヘスキーの移籍でFWの層が薄くなっていたウィガン・アスレティックFCへシーズン終了までのローン移籍となり、代表でもコンビを組んでいるアムル・ザキとともにプレーした[11]

クラブは2008-09シーズンにリーグ19位となりチャンピオンシップへ降格。2009年夏にクラブはリロイ・リタを獲得しガレス・サウスゲート監督から放出を示唆される[12]。同年8月4日に母国のアル・ザマレクへローンで復帰したが[13]、2010年2月1日からシーズン終了までウェストハム・ユナイテッドFCへ期限付き移籍しイングランドに復帰した[14]

2010年9月1日にマルコ・パンテリッチの後釜として古巣アヤックスへシーズンローンで復帰[15]。マルティン・ヨルと再会しジョーカー的な役割として起用されたが、フランク・デ・ブール監督に代わってからは構想外となり、2011年1月21日、再びザマレクへ3年半の契約で完全移籍。かつてエジプト代表で険悪な関係となったハッサン・シェハータ英語版監督をクラブが招聘するため、2012年5月6日にザマレクを去る[16]。翌月21日にチャンピオンシップのバーンズリーFCへ完全移籍し、通算5度目となるイングランド復帰となった[17]

2013年6月11日、自身のTwitterで現役引退を発表した[18]

代表歴[編集]

マハムード・エル=ゴハリ監督によりエジプト代表に初招集されると、2001年1月6日の国際親善試合・UAE戦で代表史上最年少となる17歳でデビュー[19]。スタメンに名を連ねると50分に同点弾を挙げ、2-1での勝利に貢献した。

母国開催となったアフリカネイションズカップ2006では、1月20日に行われたリビアとの大会開幕戦で先制点を挙げ3-0の勝利に貢献した[20]

指導歴[編集]

2014年1月20日、キャリアをスタートしたアル・ザマレクの監督に就任[21]エジプト・プレミアリーグ史上最年少の指揮官となった[22]。クラブを同年のエジプト・カップ制覇へ導き、同大会最年少記録となった。しかしリーグ戦では3位に留まり、7月30日に解任された[23]

2016年1月4日から再びザマレクを指揮したが、翌月10日に解任となる[24]

2016年11月7日、ワディ・デグラSCの指揮官に招聘されることが発表された[25]

2018年12月にサウジ・プロフェッショナルリーグアル・ワフダ・メッカの監督に就任するが、翌年3月19日にTwitterでの発言が原因で解任された[26]

2019年6月9日よりミスル・レル・マカーサSCの指揮を執るが[27]、翌年1月22日に成績不振によりその職を解かれた[28]

人物[編集]

問題児として有名で数々の破天荒な言動が目立つ。

  • アヤックス在籍時はレギュラーとして活躍していたものの、ロナルド・クーマン監督と起用法を巡り対立し、シーズン中にエジプトに帰国する事態もあった。また、同僚であったズラタン・イブラヒモヴィッチとロッカールームで口論となった末にハサミを投げつけた[29]
  • 2006年に地元開催されたアフリカネイションズカップ2006では、準決勝のセネガル戦での途中交代に怒りを露わにし、衆人環視の中でハッサン・シェハータ英語版監督と小突き合いをし、半年間の出場停止処分を受けていた(後にミドが謝罪したため撤回)。
  • ミドルズブラ在籍時の2009年7月20日、プレシーズンのトレーニングに参加せず、給与の支払いを差し止められたことがある。

2002年に同郷のYosra Waelと結婚している[30]

現役引退後は体重が増加し一時150kgに達したが、医師の忠告を受け2018年に37kgの減量に成功した[31]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[32]


エジプト代表国際Aマッチ
出場得点
2001 14 7
2002 8 3
2003 8 6
2004 4 0
2005 5 3
2006 6 1
2007 2 0
2008 2 0
2009 2 0
通算 51 20

タイトル[編集]

現役時代
クラブ
ザマレク
アヤックス
代表
エジプト
個人
指導者時代
ザマレク

脚注[編集]

  1. ^ Mido makes Marseille move”. UEFA.com (2003年7月11日). 2021年5月10日閲覧。
  2. ^ Mido guides Marseille through”. BBC Sport (2004年4月15日). 2021年5月10日閲覧。
  3. ^ Roma move for Mido”. UEFA.com (2004年8月31日). 2021年5月10日閲覧。
  4. ^ Tottenham pull off double signing”. BBC Sport (2005年1月26日). 2021年5月10日閲覧。
  5. ^ FOOTBALL: The Mido touch transforms Spurs with debut double”. The Independent (2005年2月6日). 2021年5月10日閲覧。
  6. ^ Pardew apologises for Mido abuse”. BBC Sport (2005年11月24日). 2021年5月10日閲覧。
  7. ^ Tottenham part company with Mido”. BBC Sport (2006年5月26日). 2021年5月10日閲覧。
  8. ^ Tottenham agree deal to sign Mido”. BBC Sport (2006年8月29日). 2021年5月10日閲覧。
  9. ^ Middlesbrough finalise Mido move”. BBC Sport (2007年8月16日). 2021年5月10日閲覧。
  10. ^ Boro & FA angry over Mido action”. BBC Sport (2008年12月10日). 2021年5月10日閲覧。
  11. ^ Wigan sign striker Mido on loan”. BBC Sport (2009年1月23日). 2021年5月10日閲覧。
  12. ^ Tuncay and Mido set for Boro exit”. BBC Sport (2009年7月23日). 2021年5月10日閲覧。
  13. ^ Mido completes move back to Egypt”. BBC Sport (2009年8月4日). 2021年5月10日閲覧。
  14. ^ Mido & Ilan join West Ham on loan”. BBC Sport (2010年2月1日). 2021年5月10日閲覧。
  15. ^ Middlesbrough striker Mido returns to Ajax”. BBC Sport (2010年9月1日). 2021年5月10日閲覧。
  16. ^ Zamalek force out Mido in a bid to lure back Shehata”. BBC Sport (2012年5月24日). 2021年5月10日閲覧。
  17. ^ Mido joins Championship side Barnsley”. BBC Sport (2012年6月21日). 2021年5月10日閲覧。
  18. ^ ミド、30歳での現役引退を発表 Qoly.jp、2013年6月12日
  19. ^ Mido: The Games That Changed My Life”. FourFourTwo (2018年10月4日). 2021年5月10日閲覧。
  20. ^ Egypt 3 - 0 Libya”. The Guardian (2006年1月20日). 2021年5月10日閲覧。
  21. ^ 問題児として知られたミド、ザマレクの監督に就任 Qoly.jp、2014年1月22日
  22. ^ Mido named as new Zamalek coach”. BBC Sport (2014年1月22日). 2021年5月10日閲覧。
  23. ^ Zamalek end the reign of coach Mido”. BBC Sport (2014年7月30日). 2021年5月10日閲覧。
  24. ^ Mido: Former Spurs forward sacked by Zamalek after 37 days”. BBC Sport (2016年2月10日). 2021年5月10日閲覧。
  25. ^ ‘Mido’ unveiled as Wadi Degla coach”. AfricanFootball (2016年11月8日). 2016年12月23日閲覧。
  26. ^ Ahmed Hossam Mido relieved of his duties as Al Wehda manager”. KingFut (2019年3月19日). 2021年5月10日閲覧。
  27. ^ OFFICIAL: Ahmed Hossam Mido named new Misr El-Makkasa manager”. KingFut (2019年6月9日). 2021年5月10日閲覧。
  28. ^ OFFICIAL: Mido sacked as Misr El-Makassa head coach”. KingFut (2020年1月22日). 2021年5月10日閲覧。
  29. ^ イブラは過去に殺されかけていた?…元同僚が“ハサミ事件”の全容を激白”. サッカーキング (2016年7月13日). 2021年5月10日閲覧。
  30. ^ Ajax's young pharaoh”. The Guardian (2003年2月16日). 2021年5月10日閲覧。
  31. ^ Mido: ‘The doctor said if I continued with my lifestyle I’d die before 40’”. The Guardian (2018年6月4日). 2021年5月10日閲覧。
  32. ^ Hossam, Ahmed 'Mido'”. National-Football-Teams.com. 2017年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
エルヴェ・ゼロ=レンビ
ベルギー
ベスト・アフリカン・プレーヤー
2001
次代:
ムムニ・ダガノ
先代:
ペドロ・マントラス
CAF
最優秀若手選手
2002
次代:
オバフェミ・マルティンス