デドリック・ボヤタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デドリック・ボヤタ Football pictogram.svg
Bel-Tun (23) 2 (cropped).jpg
ベルギー代表でのボヤタ(2018年)
名前
本名 アンガ・デドリック・ボヤタ
Anga Dedryck Boyata
ラテン文字 Dedryck Boyata
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
 コンゴ民主共和国
生年月日 (1990-11-28) 1990年11月28日(27歳)
出身地 ブリュッセル市
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム スコットランドの旗 セルティックFC
ポジション DF (CB)
背番号 20
利き足 右足
ユース
2003-2006 ベルギーの旗 ブリュッセル
2006-2009 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2015 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 13 (0)
2011-2012 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ (loan) 14 (1)
2012-2013 オランダの旗 トゥウェンテ (loan) 5 (0)
2015- スコットランドの旗 セルティック 52 (10)
代表歴2
2008-2009 ベルギーの旗 ベルギー U-19 12 (2)
2010-2012 ベルギーの旗 ベルギー U-21 11 (0)
2010- ベルギーの旗 ベルギー 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月3日現在。
2. 2016年3月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デドリック・ボヤタDedryck Boyata, 1990年11月28日 - )は、ベルギーブリュッセル市出身のサッカー選手スコットランドプレミアシップセルティックFC所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

2008年にマンチェスター・シティFCユースがFAユースカップを制した際の中心メンバーの一人。2009-10シーズンにロベルト・マンチーニ監督の下でトップチームデビューを果たした。このシーズンはチームの最優秀ヤングプレーヤーにも選ばれた。2010-11シーズンはプレミアリーグで7試合に出場。第6節のチェルシー戦では右サイドバックとして先発出場し1-0の完封勝利に貢献したが、センターバックとして先発出場した第9節のアーセナル戦では開始5分で一発退場となり経験不足を露呈、チームもホームで0-3の敗戦を喫した。

2011年8月にボルトン・ワンダラーズFCへ1年間のレンタル移籍し[1]、リーグ戦14試合に出場した。2012年8月31日にはエールディヴィジFCトゥウェンテへ1年間のレンタルで再び移籍したが[2]、半年間でレンタルが切り上げられ2013年1月にマンチェスター・シティに復帰した[3]。翌2013-14シーズンはリーグ戦とFAカップで1試合ずつの出場に終わったものの、優勝したキャピタル・ワン・カップには4試合に出場した。2014年5月28日、2016年まで契約を延長したことが発表された[4]

2015年6月2日スコットランドプレミアシップセルティックFCに移籍した[5]

代表[編集]

2008年からベルギーの世代別代表でプレー。2010年10月にベルギーA代表に初招集された。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC 2011-2012 (loan)
オランダの旗 FCトゥウェンテ 2012-2013 (loan)

タイトル[編集]

クラブ
マンチェスター・シティFC
セルティックFC

脚注[編集]

外部リンク[編集]