アクセル・ヴィツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アクセル・ヴィツェル Football pictogram.svg
Witsel celebrating bronze (cropped).jpg
ベルギー代表でのヴィツェル(2018年)
名前
本名 アクセル・トマ・ヴィツェル
Axel Thomas Witsel
ラテン文字 Axel Witsel
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
マルティニークの旗 マルティニーク
生年月日 (1989-01-12) 1989年1月12日(34歳)
出身地 リエージュ
身長 186cm[1]
体重 81kg[1]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション MF / DF
背番号 20
利き足 右足
ユース
2004-2006 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2011 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 148 (34)
2011-2012 ポルトガルの旗 SLベンフィカ 32 (1)
2012-2017 ロシアの旗 ゼニト 106 (15)
2017-2018 中華人民共和国の旗 天津権健 36 (5)
2018-2022 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 105 (10)
2022- スペインの旗 アトレティコ・マドリード
代表歴2
2004  ベルギー U-15 1 (0)
2005  ベルギー U-16 2 (0)
2005-2006  ベルギー U-17 19 (0)
2006-2007  ベルギー U-18 5 (0)
2006  ベルギー U-19 3 (0)
2007-2009  ベルギー U-21 10 (0)
2008- ベルギーの旗 ベルギー 130 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年6月6日現在。
2. 2022年11月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アクセル・トマ・ヴィツェルAxel Thomas Witsel, 1989年1月12日 - )は、ベルギーリエージュ出身[2]サッカー選手アトレティコ・マドリード所属。ベルギー代表。ポジションはMF。本職は守備的ミッドフィールダーだが、右ウイングや左ウイング、センターバックとしてもプレーできる。父親もサッカー選手であり、その父親はマルティニークフランス領の海外県)にルーツを持つ。

クラブ経歴[編集]

スタンダール・リエージュの下部組織出身であり、2006年9月17日、FCブリュッセル戦の89分にMFスティーヴン・ドフールとの途中交代で出場してトップチームデビューを果たした。2007-08シーズンはMFマルアン・フェライニやドフールなどとともに平均年齢の若い中盤を形成し、18歳ながら中心選手としてジュピラーリーグ優勝に貢献した。2007-08シーズンのリーグ最優秀若手選手賞を受賞し、2008年夏にはベルギー・スーパーカップを制している。2008-09シーズンにはジュピラーリーグ2連覇を達成し、優勝プレーオフではPKで決勝点を決めている。

2009年8月30日、RSCアンデルレヒトとの試合中にマルチン・ヴァシレフスキに対してタックルを仕掛けたが、タックルが遅れたために足首に当たり、ヴァシレフスキは骨折して全治8ヶ月の重傷を負った[3][4]。主審に対して故意ではなかったと主張したが、ヴィツェルにはレッドカードが提示され、一発退場処分となった。すぐにヴァシレフスキに謝罪したが、RSCアンデルレヒトやポーランド代表のファンの怒りを買い、数多くの脅迫を受けたほか、メディアによる批判の対象となった[5]。11月23日までの出場停止処分が言い渡されたが[6]、後に8試合の出場停止処分に軽減された[7]

2011年7月に、SLベンフィカに5年契約で移籍。

2012年9月3日、FCゼニト・サンクトペテルブルクに完全移籍[8]

2017年1月3日、ゼニトはヴィツェルが天津権健に移籍することでクラブ間合意に至ったと発表した[9]

ドルトムント[編集]

2018年8月6日、ボルシア・ドルトムントに4年契約で完全移籍[10]。天津権建に支払った契約解除金は2,000万ユーロにのぼると見られており、ヴィツェルへの給与もチーム内最高額となる年間1,000万ユーロとなった。加入1シーズン目は、負傷により欠場した1試合を除くリーグ戦全33試合に出場し、4得点1アシストという記録を残した[11]。2019年8月3日、DFLスーパーカップFCバイエルン・ミュンヘン戦に先発フル出場し、2-0でバイエルン・ミュンヘンを破ってドルトムント加入後の初タイトルを獲得した[12]。2020-21シーズンのブンデスリーガ第15節RBライプツィヒ戦にて、前半30分に左足のアキレス腱を断裂し、長期離脱を余儀なくされた[13]。直後の診断では復帰に8ヶ月弱要すると見られていたが、懸命なリハビリなどが功を奏しておよそ5ヶ月後にはピッチに戻り、2020-21シーズン終了後に開催されたUEFA EURO 2020にも問題なく出場した[14]

アトレティコ・マドリード[編集]

2022年7月6日、アトレティコ・マドリードと1年契約を結んだ[15][16]。チーム加入後はディエゴ・シメオネ監督によってそれまでほとんど未経験であった3バック中央のセンターバックを務めている[17][18]

代表経歴[編集]

2006年、U-17ベルギー代表としてルクセンブルクで開催されたUEFA U-17欧州選手権に出場した。2007年にはU-21ベルギー代表としてUEFA U-21欧州選手権に出場し、ベスト4に入った。

2008年3月26日、モロッコ代表戦でベルギーA代表デビューし、その試合で初得点も記録した。2011年3月24日、UEFA EURO 2012予選オーストリア戦では2得点を決め、直接のライバル相手の勝利に貢献した。6分にドフールのハイクロスを相手GKユルゲン・マッホに競り勝ってゴールに沈めると、後半開始早々にはローラン・シマンのクロスを胸で巧みにトラップして2点目を決めている[19]2014 FIFAワールドカップからは、全てのメジャー大会に出場しており、いずれの大会でもレギュラーとしてプレーしている。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2022年1月31日現在
クラブ シーズン リーグ 国内カップ リーグカップ 国際カップ その他 通算
ディヴィジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スタンダール・リエージュ 2006-07 ベルギー・プロリーグ 16 2 - - 1 0 - 17 2
2007-08 33 7 - - 3 1 - 36 8
2008-09 35 8 - - 10 1 1 0 46 9
2009-10 27 6 1 1 - 12 3 1 1 41 11
2010-11 37 10 6 2 - - - 43 12
クラブ通算 148 33 7 3 0 26 5 2 1 183 42
ベンフィカ 2011-12 プリメイラ・リーガ 29 1 1 0 4 2 14 2 - 49 5
2012-13 3 0 0 0 0 0 - - 3 0
クラブ通算 32 1 1 0 4 2 14 2 - 52 5
ゼニト・サンクトペテルブルク 2012-13 ロシア・プレミアリーグ 19 4 3 0 - 9 1 - 31 5
2013-14 30 4 1 0 - 11 0 1 0 43 4
2014-15 28 4 1 0 - 13 2 - 42 6
2015-16 29 3 4 2 - 7 1 1 0 41 6
2016-17 16 1 1 0 - 6 0 0 0 23 1
クラブ通算 122 16 10 2 - 46 4 2 0 180 22
天津天海 2017 中国スーパーリーグ 27 4 2 0 - - - 29 4
2018 9 1 1 1 - 8 0 - 18 2
クラブ通算 36 5 3 1 - 8 0 - 47 6
ボルシア・ドルトムント 2018-19 ブンデスリーガ 33 4 3 1 - 7 1 - 43 6
2019-20 28 4 3 0 - 7 0 1 0 39 4
2020-21 15 0 2 0 - 5 1 0 0 22 1
2021-22 18 0 3 0 - 6 0 1 0 28 0
クラブ通算 94 8 11 1 25 2 2 0 132 11
キャリア通算 431 63 32 7 4 2 119 13 6 1 593 86

出場大会[編集]

代表での出場記録[編集]


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2008 7 1
2009 3 1
2010 4 0
2011 11 3
2012 8 0
2013 10 0
2014 10 1
2015 9 0
2016 15 2
2017 5 1
2018 13 0
2019 5 0
2020 5 1
2021 10 1
2022 2 1
通算 122 12

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1 2008年3月26日 ベルギーの旗 ブリュッセル  モロッコ
1 - 2
1 - 4
親善試合
2 2009年11月17日 フランスの旗 スダン  カタール
1 - 0
0 - 2
親善試合
3 2011年2月9日 ベルギーの旗 ヘント  フィンランド
1 - 0
1 - 1
親善試合
4 2011年3月25日 オーストリアの旗 ウィーン  オーストリア
0 - 1
0 - 2
UEFA EURO 2012予選
5
0 - 2
6 2014年9月4日 ベルギーの旗 リエージュ  オーストラリア
2 - 0
2 - 0
親善試合
7 2016年6月18日 フランスの旗 ボルドー  アイルランド
2 - 0
3 - 0
UEFA EURO 2016
8 2016年10月10日 ポルトガルの旗 ファロ  ジブラルタル
0 - 2
0 - 6
2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
9 2017年8月31日 ベルギーの旗 リエージュ  ジブラルタル
4 - 0
9 - 0
2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
10 2020年9月8日 ベルギーの旗 ブリュッセル  アイスランド 1–1 5–1 UEFAネーションズリーグ2020-21
11 2021年9月2日 エストニアの旗 タリン  エストニア 4-1 5-2 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スタンダール・リエージュ
ベンフィカ
ゼニト
ボルシア・ドルトムント

代表[編集]

個人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Axel Witsel”. Borussia Dortmund. 2018年5月18日閲覧。
  2. ^ Stats Centre: Axel Witsel Facts”. Guardian. 2012年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  3. ^ Witsel breekt been van Wasilewski in tackle”. Sporza. 2009年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月31日閲覧。
  4. ^ Anderlecht-Standard faute d'Axel Witsel sur Wasilewski”. YouTube. 2009年8月31日閲覧。
  5. ^ Standard Liege Stars Defour & Witsel Receive Death Threats Goal.com、2009年9月1日
  6. ^ ビツェル、8試合の出場停止に”. UEFA.com (2009年9月4日). 2009年9月6日閲覧。
  7. ^ Witsel given lengthy ban Mirror Football
  8. ^ ゼニトがヴィツェルも獲得”. Goal.com. 2012年9月4日閲覧。
  9. ^ ユーヴェへの移籍が消滅 ベルギー代表MFヴィツェル、爆買いの標的となり中国リーグ参戦へ”. theWORLD. 2017年1月5日閲覧。
  10. ^ Axel Witsel im BVB-Trainingslager angekommen”. Borussia Dortmund. 2018年8月7日閲覧。
  11. ^ Axel Witsel Detailed Stats 2018-19”. Transfermarkt. 2023年1月14日閲覧。
  12. ^ 'Borussia Dortmund en Axel Witsel verrassen landskampioen Bayern München in Duitse Supercup'”. 2023年1月14日閲覧。
  13. ^ ドルトムントに痛手…MFヴィツェルがアキレス腱断裂で数カ月間の離脱へ”. サッカーキング (2021年1月11日). 2023年1月14日閲覧。
  14. ^ 'Axel Witsel al geopereerd aan gescheurde achillespees'”. 2023年1月14日閲覧。
  15. ^ Witsel is now a Red & White player” (英語). Club Atlético de Madrid (2022年7月6日). 2022年7月7日閲覧。
  16. ^ アトレティコ、ドルトムント退団のMFヴィツェルを獲得”. 超ワールドサッカー (2022年7月6日). 2022年7月7日閲覧。
  17. ^ Club Atlético de Madrid - Ya conocemos las alineaciones titulares para el Getafe-Atleti”. 2023年1月14日閲覧。
  18. ^ Club Atlético de Madrid - Ya conocemos las alineaciones titulares para el Atleti-Villarreal”. 2023年1月14日閲覧。
  19. ^ ビツェルの2得点でベルギーが勝利 UEFA.com、2011年3月25日

外部リンク[編集]