マルチン・ヴァシレフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルチン・ヴァシレフスキ Football pictogram.svg
Marcin Wasilewski.JPG
名前
愛称 Wasyl
ラテン文字 Marcin Wasilewski
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1980-06-09) 1980年6月9日(37歳)
出身地 クラクフ
身長 186cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 レスター・シティFC
ポジション DF (右SB, CB)
背番号 27
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 ポーランドの旗 フットニク・クラクフ
2000-2002 ポーランドの旗 シロンスク・ヴロツワフ 51 (5)
2002-2005 ポーランドの旗 ヴィスワ・プウォツク 60 (3)
2005-2006 ポーランドの旗 アミカ・ウロンキ 24 (4)
2006 ポーランドの旗 レフ・ポズナン 14 (5)
2007-2013 ベルギーの旗 アンデルレヒト 143 (20)
2013- イングランドの旗 レスター・シティ 57 (1)
代表歴2
2002- ポーランドの旗 ポーランド 60 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月3日現在。
2. 2013年5月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルチン・ヴァシレフスキMarcin Wasilewski, 1980年6月9日 - )は、ポーランドクラクフ出身のサッカー選手ポーランド代表である。フットボールリーグ・チャンピオンシップレスター・シティFC所属。ポジションはDF(右サイドバック及びセンターバック)。弟のパヴェウ (Paweł) も同じくサッカー選手である[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ポーランド[編集]

母国ではフットニク・クラクフポーランド語版シロンスク・ヴロツワフヴィスワ・プウォツクでプレーし、2005年にアミカ・ウロンキポーランド語版へ移籍したが、同クラブは2006年5月にレフ・ポズナンと統合され、そのままレフ・ポズナンでプレーした。

アンデルレヒト[編集]

2007年1月16日にベルギー1部RSCアンデルレヒトと契約[2]し、1月28日のKベールスホットAC戦 (3-1) で初出場を飾ると、81分にムバラク・ブスファフリーキックから頭で初得点を記録した[3]。2008-09シーズンには右サイドバックでありながら、チーム3位の8得点を挙げている。

2009年8月30日のスタンダール・リエージュ戦 (1-1) で24分に相手MFアクセル・ヴィツェルの悪質なタックルを受け、開放骨折により8ヶ月の離脱を余儀なくされた。なお、ヴィツェルは一発退場処分を受け、試合後には8試合の出場停止処分が言い渡されている[4]。脛骨と腓骨の手術を受けて長いリハビリの末、2010年5月8日のシント=トロイデンVVとの2009-10シーズン最終戦で82分からヤン・ポラークと交代出場で戦線復帰し[5]、12月5日のSVズルテ・ワレヘム戦 (2-1) で初先発入りして先制点を挙げた。復帰後の活躍は2013年夏までの契約延長という形で報いられ、クラブは彼を「残酷な仕打ちから解放されたクラブの英雄である」と評した[6]

2012年10月24日にUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12グループリーグFCゼニト・サンクトペテルブルク戦で因縁のヴィツェルと再会することが決定すると、ヴァシレフスキは試合前にヴィツェルとの握手を拒否することを発表し、アンデルレヒトのジョン・ファン・デン・ブロム監督を始めとした首脳陣は処罰を下さないことでこの決断を受け入れた[7]。しかし、最終的に自身の問題で試合全体の雰囲気を壊したくないとの思いから握手をした[8]。なお、試合はゼニトが1-0で勝利している。

上記のように負傷に苦しんだ一方、2012年3月18日のシント=トロイデン戦でコーナーキックの際にペーター・ドゥロルジュオランダ語版の顔面に肘打ちする騒動を起こす。ドゥロルジュは意識不明で病院送りとなり、ヴァシレフスキは4試合の出場停止を含めて6試合の欠場となった[9]

レスター・シティ[編集]

2013年9月14日にイングランド2部レスター・シティFCとの契約を目指して入団テストを受けることが判明[10]し、9月17日に同クラブと1年契約を締結することに成功した[11]。初出場を飾った9月24日のダービー・カウンティFCとのフットボールリーグカップ第3回戦 (2-1) では、フル出場して勝利に貢献[12]。11月30日のミルウォールFC戦では、前に所属したアンデルレヒトのファン60人が応援のためにレスターのキング・パワー・スタジアムに詰めかけてくると、ヴァシレフスキはロイド・ダイアー英語版の先制点の起点等で勝利に貢献してファンの期待に応えた[13]

代表[編集]

ポーランド代表としては、2002年11月20日にコペンハーゲンでのデンマークとの親善試合で初出場を飾る[14]2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では1試合も起用されず、当然のことながら2006 FIFAワールドカップの一員にも選出されなかったが、クラブでの活躍が認められ、同大会終了後に就任したレオ・ベーンハッカー新監督の下で定位置を確保し、UEFA EURO 2008予選で11試合、UEFA EURO 2008で3試合に起用された[14]。しかし、2009年8月にクラブでの大怪我により代表のみならず、サッカーから遠ざかる事態となり、2011年9月のメキシコとの親善試合まで約2年の月日を要した。以後に試合のあったUEFA EURO 2012予選5試合中4試合に出場してレギュラーに返り咲き[14]UEFA EURO 2012のメンバー入りを果たしている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

RSCアンデルレヒト
レスター・シティFC

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2006年12月6日 アブダビ  アラブ首長国連邦 2-0 5-2 親善試合
2. 2012年6月2日 ワルシャワ  アンドラ 4-0 4-0 親善試合

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]