ヤクブ・ブワシュチコフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤクブ・ブワシュチコフスキ Football pictogram.svg
Jakub Błaszczykowski 2019.jpg
2019年のブワシュチコフスキ
名前
愛称 Kuba(クバ)
ラテン文字 Jakub Błaszczykowski[1]
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1985-12-14) 1985年12月14日(35歳)[1]
出身地 トルスコラシ[2]
身長 175cm[1]
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ
ポジション MF(SH)
背番号 16
利き足 右足
ユース
1993-2002 ポーランドの旗 ラコフ・チェンストホヴァ
2002-2003 ポーランドの旗 グールニク・ザブジェ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 ポーランドの旗 KSチェンストホヴァ 24 (11)
2004-2007 ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ 51 (3)
2007-2016 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 197 (27)
2015-2016 イタリアの旗 フィオレンティーナ (loan) 15 (2)
2016-2019 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク 38 (1)
2019- ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ 21 (8)
代表歴2
2004  U-19ポーランド 8 (0)
2005-2006  U-21ポーランド 3 (1)
2005 ポーランドの旗 ポーランド B 1 (0)
2006- ポーランドの旗 ポーランド 108 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年2月23日現在。
2. 2019年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤクブ・ブワシュチコフスキJakub Błaszczykowski ポーランド語発音: [ˈjakup ˈkuba ˌbwaʂtʂɨˈkɔfskʲi] ( 音声ファイル)1985年12月14日 - )は、ポーランドトルスコラシ出身のサッカー選手ポーランド代表にも選出されている。ポジションはミッドフィールダー。ボルシア・ドルトムントではJakubの短縮形であるKubaクバ)と名前の入ったシャツを着ることからクバという愛称でも知られる。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

チェンストホヴァ近郊のトルスコラシで育ち、8歳の時に兄弟のDawidと共にラコフ・チェンストホヴァen)でキャリアを開始した[3]ブワシュチコフスキは、10歳だった1996年10月に父親が自身の母親を刺殺する悲劇が起こったことで以降は祖母に引き取られて育ち[4]、その悲劇がきっかけとなってサッカーを諦めかけたが、元ポーランド代表主将で叔父のイェジー・ブジェンチェクen)の励ましにより、それから2ヶ月後にラコフ・チェンストホヴァで練習を再開した[4]。2002年にグールニク・ザブジェの下部組織、2003年から2004年末までは4部KSチェンストホヴァでプレーし、その後は、叔父の支援からヴィスワ・クラクフの入団テストに参加してヴェルネル・リチカen)監督に感銘を与えた[4]

ヴィスワ・クラクフ[編集]

4部でのプレー経験しかなかったものの、加入してすぐさま強豪チームの1軍に押し入ると、2005年3月20日のポロニア・ワルシャワ戦(5-0)で初出場を飾り初得点を記録するというスタートを切った[5]。同2004-05シーズンにリーグ優勝、2季目はリーグ準優勝を経験こそしたものの、2季共に控えの立場であり、定位置を掴んだ3季目は8位に終わる不振のシーズンだったが、自身は、Gazeta Krakowska選出の年間最優秀マウォポルスカ県選手[6]Canal+選定のPiłkarskie Oscary年間最優秀ミッドフィルダー賞を受賞[7]し、さらにポーランドのサッカー選手協会の投票によりリーグベストイレブンに輝いて飛躍した[8]

ボルシア・ドルトムント[編集]

2007年、ボルシア・ドルトムントでのブワシュチコフスキ

ポーランドサッカー界の伝説的選手ズビグニェフ・ボニエクからリトル・フィーゴと評される程に国内での地位を確立する中、2007年2月22日に移籍金280万ユーロドイツ1部ボルシア・ドルトムントと7月からの4年契約を締結[9]し、クラブ首脳陣の要請によりJakubの短縮形であるKubaクバ)と名前の入ったシャツを着ることとなった[10]ブワシュチコフスキは、2008年4月19日にDFBポカールバイエルン・ミュンヘン戦で初出場を飾り、4月25日のアイントラハト・フランクフルト戦でリーグ初得点を記録した。2008年12月にポーランドの主要スポーツ紙Piłka Nożnaによる年間最優秀選手賞英語版を受賞[11]し、それから1ヶ月後の2009年1月には、ドルトムントのファンから35%以上の投票でネヴェン・スボティッチアレクサンダー・フライを抑えてチームの最優秀選手に選出される[12]等、加入してすぐさま定位置を確保して活躍を示し続けていき、2010-11シーズンにチームの7季ぶりのリーグ優勝に貢献。再度、Piłka Nożna紙による最優秀選手を受賞[13]し、ポーランドサッカー協会による最優秀選手にも選出された[14]。さらに、翌2011-12シーズンではリーグ戦連覇を経験し、DFBポカール決勝のバイエルン戦(5-2)では2アシストを提供してチーム史上初の国内2冠達成に貢献した[15]ことが評価されてシーズン終了後には、UEFAが主催するUEFA欧州最優秀選手賞の候補32名に選出され[16]、2012年7月24日にチームと2016年までの契約延長を勝ち取った[17]

2012-13

ユニフォームの名前をフルネームのブワシュチコフスキにして臨んだ2012-13シーズン[10]は、シーズン初戦となった2012年8月18日のFCオーバーノイラント戦(3-0)でマルコ・ロイスの先制点をアシストした後にチームの2得点目にして今季初得点を挙げ[18]、2013年1月25日の1.FCニュルンベルクとのリーグ戦(3-0)で試合開始から21分以内に2得点を挙げて首位バイエルンとの勝ち点差を9に詰めることに貢献[19]。2月3日のバイエル・レバークーゼン戦では前半9分にペナルティーキックを成功させて2-0の2点差に広げることに成功。同試合は、シュテファン・ライナルツに2得点許して一旦追いつかれるも、最終的にチームは3-2で競り勝ってレバークーゼンを追い抜き2位に浮上している[20]。3月5日のシャフタール・ドネツクとのUEFAチャンピオンズリーグ 2012-13(3-0, 2試合合計5-2)でチームの3得点目を挙げてクラブ史上15年ぶりとなる準々決勝進出に貢献[21]。シーズン終了後の6月3日に契約を2018年まで延長した[22]

2013-14

昨季のCL決勝はバイエルンに敗れて優勝を逃したのみならず、そのバイエルンが3冠を達成したことで無冠となったが、2013年7月7日のDFLスーパーカップでバイエルンを下して早速タイトルを獲得して素晴らしい新シーズンのスタートを切り、9月28日のSCフライブルク戦(5-0)でシーズン初得点、10月26日にはライバルであるシャルケ04とのルールダービー(3-1)でシーズン2得点目を挙げた[23]。同シーズンのチームは相次ぐ負傷離脱により苦戦を強いられている中、2014年1月25日のFCアウクスブルク戦で試合開始5分に右膝を痛めてピッチを去ると、翌26日に十字靭帯を損傷したことによりシーズン終了までの離脱が決定した[24]

VfLヴォルフスブルク[編集]

2016年8月1日、VfLヴォルフスブルクへ2019年6月までの3年契約で完全移籍した[25]

代表[編集]

2011年、ポーランド代表でプレーするブワシュチコフスキ

2006年3月28日にパヴェウ・ヤナスen)監督の下でサウジアラビアとの親善試合でポーランド代表初出場を飾った[5]ブワシュチコフスキは、同年の2006 FIFAワールドカップの一員に選出されるかと思われたが、負傷によって辞退となった[26]。2007年8月22日のロシアとの親善試合(2-2)では、2点を先制されるもヤツェク・クジノヴェクが1得点を返した後に同点弾にして代表初得点を記録[27]UEFA EURO 2008では、予選こそ中心選手として本戦進出に大きく貢献[28]こそしたものの、またしても負傷により辞退を余儀なくされてウカシュ・ピシュチェクに出場を譲ることが決定した[28]

EURO 2012

フランチシェク・スムダen)新監督によって2010年11月17日のコートジボワール戦から主将に任命され[5]、自身のキャリア初のの公式大会となったUEFA EURO 2012でも主将を務めたブワシュチコフスキは、ギリシャとの初戦(1-1)でロベルト・レヴァンドフスキの先制点をアシストする[29]と、続くロシア戦(1-1)では長距離から同点弾を挙げて同試合の最優秀選手に選出された[30]

2014 ワールドカップ予選

ウクライナと母国の共同開催となったEURO 2012終了後の2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では、2012年9月7日のモンテネグロ戦(2-2)、4日後のモルドバ戦(2-2)で共に先制点にしてペナルティーキックを挙げ、続くイングランド戦(1-1)で負傷により欠場となったが、ウクライナ戦(1-3)でピシュチェクの得点をアシストした。それから4日後のサンマリノ戦(5-0)では準備運動中に負傷したことで出場はなかった。6月7日のモルドバ戦(1-1)で先制点、9月10日のサンマリノ戦(5-1)で勝ち越し点を挙げ、チーム最多得点となる4得点で予選を終了した。

2016年、UEFA EURO 2016では決勝トーナメント1回戦のスイス戦ででゴールを挙げてベスト8進出に貢献した[31]

人物[編集]

サッカーポーランド代表主将でバルセロナオリンピック銀メダリストのイェジー・ブジェンチェクen)を叔父[4]柔道家ヤヌシュ・ヴォイナロヴィッチをいとこに持つ[32]

ブワシュチコフスキが10歳の時に父親が自身の母親を刺殺する悲劇が起こり、以後は兄弟のDevidと共に祖母に育てられた[4]。なお、その父は殺人で15年間投獄となり、UEFA EURO 2012直前に死去している[5]。日常的に聖書を読み、頻繁に祈る敬虔なキリスト教徒として知られ[33]、毎回得点を母に捧げるために空を見上げるゴールパフォーマンスをする[34]

2010年6月に婚約者と式を挙げ[35]、2011年4月20日に娘を授かった[36]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2018年6月1日現在
クラブ シーズン リーグ リーグ カップ 国際大会 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
KSチェンストホヴァ 2002-03 IIIリガ 2 0 2 0
2003-04 IIIリガ 13 5 13 5
2004-05 IIIリガ 9 6 9 6
通算 KSチェンストホヴァ 24 11 24 11
ヴィスワ・クラクフ 2004-05 エクストラクラサ 11 1 4 1 15 2
2005-06 17 0 2 0 1 0 20 0
2006-07 23 2 1 1 8 0 32 3
通算 ヴィスワ・クラクフ 51 3 7 2 9 0 67 5
ボルシア・ドルトムント 2007-08 ブンデスリーガ 24 1 3 0 27 1
2008-09 27 3 0 0 2 0 29 3
2009-10 32 1 2 0 34 1
2010-11 29 3 1 0 7 0 37 3
2011-12 29 6 6 0 5 1 40 7
2012-13 27 11 4 2 10 1 41 14
2013-14 16 2 2 0 6 1 24 3
2014-15 13 0 4 0 3 0 20 0
通算 ボルシア・ドルトムント 197 27 22 2 33 3 252 32
ACFフィオレンティーナ 2015-16 セリエA 15 2 0 0 5 0 20 2
VfLヴォルフスブルク 2016-17 ブンデスリーガ 28 0 2 0 30 0
2017-18 9 1 2 0 11 1
総通算 324 43 33 4 47 3 404 50

代表での出場記録[編集]

2019年9月9日 [37]現在


ポーランド代表国際Aマッチ
出場得点
2006 6 0
2007 7 1
2008 6 1
2009 8 0
2010 9 2
2011 12 4
2012 10 4
2013 10 2
2014 0 0
2015 7 1
2016 14 3
2017 8 1
2018 8 2
2019 3 0
通算 108 21

代表での得点[編集]

 #  日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1 2007年8月22日 ロシアの旗 モスクワ  ロシア
2–2
2–2
親善試合
2 2008年10月11日 ポーランドの旗 ホジュフ  チェコ
2–0
2–1
2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3 2010年3月3日 ポーランドの旗 ワルシャワ  ブルガリア
1–0
2–0
親善試合
4 2010年10月9日 アメリカ合衆国の旗 シカゴ  アメリカ合衆国
2–2
2–2
親善試合
5 2011年8月10日 ポーランドの旗 ルビン  ジョージア
1–0
1–0
親善試合
6 2011年9月6日 ポーランドの旗 グダニスク  ドイツ
2–1
2–2
親善試合
7 2011年10月7日 大韓民国の旗 ソウル  韓国
2–2
2–2
親善試合
8 2011年10月11日 ドイツの旗 ヴィースバーデン  ベラルーシ
1–0
2–0
親善試合
9 2012年6月2日 ポーランドの旗 ワルシャワ  アンドラ
3–0
4–0
親善試合
10 2012年6月12日 ポーランドの旗 ワルシャワ  ロシア
1–1
1–1
UEFA EURO 2012
11 2012年9月7日 モンテネグロの旗 ポドゴリツァ  モンテネグロ
0–1
2–2
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
12 2012年9月11日 ポーランドの旗 ヴロツワフ  モルドバ
1–0
2–0
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
13 2013年6月7日 モルドバの旗 キシナウ  モルドバ
0–1
1–1
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
14 2013年9月10日 サンマリノの旗 セラヴァッレ  サンマリノ
1–2
1–5
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
15 2015年9月7日 ポーランドの旗 ワルシャワ  ジブラルタル
6–0
8–1
UEFA EURO 2016予選
16 2016年3月23日 ポーランドの旗 ポズナン  セルビア
1–0
1–0
親善試合
17 2016年6月21日 フランスの旗 マルセイユ  ウクライナ
0–1
0–1
UEFA EURO 2016
18 2016年6月25日 フランスの旗 サン=テティエンヌ  スイス
0–1
1–1
PK4-5
UEFA EURO 2016
19 2017年10月5日 アルメニアの旗 エレバン  アルメニア
1–4
1–6
2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヴィスワ・クラクフ[38]

ボルシア・ドルトムント[38]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c FIFA World Cup Russia 2018: List of players: Poland”. FIFA. p. 22. 2019年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  2. ^ Informacje – Jakub Błaszczykowski”. 2011年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月27日閲覧。
  3. ^ "Narodziny gwiazdy ?Białej Gwiazdy?"
  4. ^ a b c d e "Kuba Błaszczykowski: Siedem pechów Kuby"
  5. ^ a b c d "From personal tragedy to national hero: The extraordinary story of Jakub Blaszczykowski"
  6. ^ "Błaszczykowski najlepszym piłkarzem Małopolski"
  7. ^ "Piłkarskie Oscary dla Kuby i Clebera"
  8. ^ "Wyniki wyborów" Archived 2014年2月21日, at the Wayback Machine. pzp.info.pl
  9. ^ "BVB holt Blaszczykowski"
  10. ^ a b "Wraca nazwisko. Czy w Borussii?"
  11. ^ "Błaszczykowski najlepszym piłkarzem roku"
  12. ^ "Błaszczykowski piłkarzem roku w Borussii"
  13. ^ "Błaszczykowski piłkarzem roku!"
  14. ^ "Wyniki plebiscytu na najlepszych zawodników 2010 roku" Archived 2012年9月8日, at Archive.is
  15. ^ "ドルトムントがクラブ史上初の国内2冠"
  16. ^ "UEFA欧州最優秀選手賞の候補32名が選出"
  17. ^ "ドルトムント、ブワシュチコフスキと契約延長"
  18. ^ "SHOCK FOR HOFFENHEIM AS DFB CUP CRANKS INTO GEAR" Archived 2013年6月14日, at the Wayback Machine.
  19. ^ "清武フル出場も、ドルトムントに0ー3"
  20. ^ "ドルトムント、レバークーゼンを抜いて2位へ"
  21. ^ "ドルトムント、ホームでシャフタールを圧倒"
  22. ^ "ブワシュチコフスキがドルトムントと契約延長"
  23. ^ "ドルトムントが昨季のリベンジ、敵地でルールダービー制す 内田はフル出場"
  24. ^ "ブワシュチコフスキが十字靭帯を損傷"
  25. ^ „Ich will immer gewinnen“
  26. ^ "Janas: Błaszczykowski i Janczyk mogli jechać na mundial"
  27. ^ "共同開催国ポーランドがロシアに挑む"
  28. ^ a b "UPDATE 1-Soccer-Euro-Poland's Blaszczykowski out of finals"
  29. ^ "開幕戦は大波乱! 10人同士の激戦はドローで終了"
  30. ^ "'Kuba' crowned for captain's performance"
  31. ^ オーバヘッドで同点弾のスイスMFシャキリ、敗戦悔やむも「誇らしい」”. サッカーキング (2016年6月26日). 2021年7月15日閲覧。
  32. ^ "Polski judoka: Do Londynu po złoto"
  33. ^ "Odważna deklaracja "Kuby". Nowy Citko?"
  34. ^ "香川同僚「クバ」千金弾/欧州選手権"
  35. ^ "Błaszczykowski wziął ślub. Zobacz jego miłość!"
  36. ^ "Kuba Błaszczykowski został ojcem. Zostanie mistrzem?"
  37. ^ Jakub Błaszczykowski”. European Football. 2018年7月14日閲覧。
  38. ^ a b J. Błaszczykowski”. Soccerway. 2015年1月11日閲覧。
  39. ^ "Kuba Błaszczykowski wygrał plebiscyt Sportu"
  40. ^ "Jakub Błaszczykowski wygrał plebiscyt "Sportu""

外部リンク[編集]