ミハウ・パズダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハウ・パズダン Football pictogram.svg
Michał Pazdan.JPG
名前
ラテン文字 Michał Pazdan
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1987-09-21) 1987年9月21日(31歳)
出身地 クラクフ
身長 180cm
選手情報
在籍チーム トルコの旗 MKEアンカラギュジュ
ポジション DF
背番号 42
ユース
2002-2004 ポーランドの旗 フトニク・クラクフ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ポーランドの旗 フトニク・クラクフ
2007-2012 ポーランドの旗 グールニク・ザブジェ 126 (3)
2012-2015 ポーランドの旗 ビャウィストク 86 (3)
2015-2019 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 83 (0)
2019- トルコの旗 MKEアンカラギュジュ 3 (0)
代表歴2
2007- ポーランドの旗 ポーランド 35 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月25日現在。
2. 2017年6月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミハウ・パズダンMichał Pazdan1987年9月21日 - )は、ポーランドクラクフ出身のプロサッカー選手ポーランド代表レギア・ワルシャワ所属。ポジションは、ディフェンダー

クラブ経歴[編集]

地元クラブのフトニク・クラクフでキャリアをスタート。

2007年、グールニク・ザブジェに移籍。9月14日のポロニア・ビトム戦でエクストラクラサ初出場。

2015年6月24日、レギア・ワルシャワに移籍[1]

2019年1月、トルコのMKEアンカラギュジュに移籍[2]

代表歴[編集]

2007年12月15日のボスニア・ヘルツェゴビナ代表との親善試合で初キャップ。

UEFA EURO 2008ではメンバー入りしたものの出番はなかった。大会終了後はしばらく出番がなかったが、11月21日にアンタルヤで開催されたトルコ代表に出場した[3]

UEFA EURO 2016ではドイツ代表戦で0-0のスコアレスドローに持ち込み、試合後マンオブザマッチに選出された。パズダンの活躍もありポーランド代表は史上初のグループリーグ突破を決めた。この活躍からプレミアリーグの複数クラブが興味を示した[4]。決勝トーナメント一回戦・スイス代表戦ではジェルダン・シャチリに跳ね返った浮き玉をバイシクルでのスーパーゴールを決められてしまい同点に追いつかれると共に本大会初の失点を喫したが、チームは1-1のスコアのまま延長戦を終え、PK戦の末にスイス代表を下しベスト8進出を決めた[5]

準々決勝ではポーランド代表のエース、ロベルト・レヴァンドフスキが開始2分に先制ゴールを決め早々にリードを奪うと、パズダンはポルトガル代表のエース、クリスティアーノ・ロナウドを徹底的にマークしゴールチャンスを何度も防いだが、ポルトガルのレナト・サンチェスの同点ゴールもありチームは延長戦を戦い抜きPK戦の末に敗れた。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レギア・ワルシャワ

個人[編集]

  • 2009 FIFAサンミゲルカップ: ベストイレブン[3]
  • ポーランド・ソニーカップ: 準優勝 (賞品: PSP)[3]

脚注[編集]

  1. ^ Michał Pazdan piłkarzem Legii Warszawa! (HD)”. Legia Warsaw (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ Michal Pazdan Ankaragümüzde!”. Ankaragücü Resmi Web Sitesi. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ a b c 90minut.pl (ポーランド語)
  4. ^ Anderson, David (2016年6月22日). “English clubs eye Poland star after impressive displays at Euro 2016”. 2016年6月25日閲覧。
  5. ^ Switzerland 1 Poland 1, Euro 2016: Poles win 5-4 on penalties despite Xherdan Shaqiri wonder-goal”. 2016年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]