レナト・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はルス第二姓(父方の)はサンチェスです。
レナト・サンチェス Football pictogram.svg
Renato Sanches 2016.jpg
バイエルン・ミュンヘンでのサンチェス(2016年)
名前
本名 レナト・ジュニオール・ルス・サンチェス
Renato Júnior Luz Sanches
ラテン文字 Renato Sanches
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
カーボベルデの旗 カーボベルデ
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ
生年月日 (1997-08-18) 1997年8月18日(21歳)
出身地 リスボン
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 FCバイエルン・ミュンヘン
ポジション MF(DH, CH)
背番号 35
利き足 右足
ユース
2006-2014 ポルトガルの旗 ベンフィカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 ポルトガルの旗 ベンフィカ B 34 (3)
2015-2016 ポルトガルの旗 ベンフィカ 24 (2)
2016- ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 17 (0)
2017-2018 ウェールズの旗 スウォンジー (loan) 12 (0)
代表歴2
2012 ポルトガルの旗 ポルトガル U-15 2 (0)
2012-2013 ポルトガルの旗 ポルトガル U-16 7 (1)
2013-2014  ポルトガル U-17 19 (4)
2014-2015 ポルトガルの旗 ポルトガル U-19 12 (3)
2017- ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 4 (0)
2016- ポルトガルの旗 ポルトガル 13 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月1日現在。
2. 2017年9月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レナト・ジュニオール・ルス・サンチェスRenato Júnior Luz Sanches1997年8月18日 - )は、ポルトガルリスボン出身のサッカー選手FCバイエルン・ミュンヘン所属。ポジションはMF。「レナト・サンシェズ」と表記されることもある。父親はサントメ・プリンシペ人、母親はカーボベルデ人。

クラブ経歴[編集]

ベンフィカ[編集]

2006年に当時9歳で地元・リスボンに本拠地を置くSLベンフィカの下部組織に入団。2014年からBチームのベンフィカBでプレーしていたが、2015-16シーズンにトップチームの監督であるルイ・ヴィトーリアに見初められトップチームの練習に参加。2015年10月30日に行われたプリメイラ・リーガ第9節のトンデラ戦でトップチームデビューを果たした[1]

バイエルン・ミュンヘン[編集]

UEFAチャンピオンズリーグでの活躍から複数のクラブへの移籍が報じられていたが、2016年5月10日バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。契約は2021年まで、移籍金は3500万ユーロ(43億円)[2]。移籍金はFIFA最優秀選手賞受賞や代表入りなどのパフォーマンス次第で、最大4500万ユーロが支払われることになる[3]。またサンチェスはバイエルン・ミュンヘン史上初のポルトガル人選手となった。9月9日、第2節のシャルケ04戦で初先発をし、移籍後初出場を果たした[4]。しかしシャビ・アロンソアルトゥーロ・ビダルハビ・マルティネスなどのライバルの存在や自身の不振もあって17試合の出場に終わった。

スウォンジー・シティ[編集]

2017年8月31日スウォンジー・シティAFCへ1年間のレンタル移籍が発表された[5]

バイエルン復帰[編集]

2018-19シーズンよりバイエルンに復帰した。9月19日、欧州CL第1節のベンフィカ戦で古巣相手に得点を決めて恩返しをした。[6]

代表歴[編集]

2016年3月26日に行われたブルガリアとの親善試合に74分から出場し、ポルトガル代表デビューを果たした。

UEFA EURO 2016ではチーム最年少でメンバーに選出され、ラウンド16のクロアチア戦では途中出場ながら決勝点の起点になるなどポルトガルの勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出[7]。続く準々決勝のポーランド戦では大会で初めて先発起用されると、代表初得点となる同点ゴールを挙げPK戦でも2番手のキッカーとして成功させる活躍で、2試合続けてマン・オブ・ザ・マッチに選出された[8]。決勝のフランス戦でも先発出場を果たし、ポルトガルの史上初となるUEFA欧州選手権優勝に貢献した。

エピソード[編集]

  • UEFA EURO 2016では18歳とは思えない堂々としたプレーを見せ、その影響から年齢詐称疑惑が浮上[9]。その後、サンチェスが誕生した病院に誕生記録が残されていたため、1997年生まれの18歳であると証明された[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ 国内大会 リーグ杯 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
SLベンフィカ 2015–16 85 24 2 0 0 5 0 6 0 35 2
通算 24 2 0 0 5 0 6 0 35 2
所属クラブ シーズン 背番号 リーグ 国内大会 その他 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バイエルン・ミュンヘン 2016–17 35 17 0 0 0 0 0 6 0 23 0
所属クラブ シーズン 背番号 リーグ 国内大会 リーグ杯 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スウォンジー 2017–18 35 12 0 2 0 1 0 0 0 14 0
キャリア通算 24 2 5 0 0 0 6 0 35 2

代表歴[編集]

EURO 2016ポーランド戦の得点シーン

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 13試合 1得点 (2016年 - )


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
2016 11 1
2017 2 0
通算 13 1

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2016年6月30日 フランスの旗マルセイユスタッド・ヴェロドローム ポーランドの旗 ポーランド 1–1 1–1(5-4) UEFA EURO 2016

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SLベンフィカ
バイエルン・ミュンヘン

代表[編集]

ポルトガル代表

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]