エデルジト・アントニオ・マセド・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はマセド第二姓(父方の)はロペスです。
エデル Football pictogram.svg
Éderzito António Macedo Lopes.JPG
ブラガ時代のエデル (2012年)
名前
本名 エデルジト・アントニオ・マセド・ロペス
Éderzito António Macedo Lopes
愛称 Ederbayor(エデルバヨール
ラテン文字 Éder
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ
生年月日 (1987-12-22) 1987年12月22日(28歳)
出身地 ギニアビサウの旗 ギニアビサウ
Bandeira Bissau.PNG ビサウ自治区 ビサウ
身長 188cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 LOSCリール・メトロポール
ポジション FW (CF)
背番号 19
利き足 右足
ユース
1999-2006 ポルトガルの旗 ADCアデミア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006 ポルトガルの旗 オリヴェイラ・ポスピタル 23 (18)
2007-2008 ポルトガルの旗 トゥリゼンセ 42 (11)
2008-2012 ポルトガルの旗 アカデミカ 83 (12)
2012-2015 ポルトガルの旗 ブラガ 60 (26)
2015-2016 イングランドの旗 スウォンジー 13 (0)
2016 フランスの旗 リール (loan) 13 (6)
2016- フランスの旗 リール
代表歴2
2012- ポルトガルの旗 ポルトガル 32 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月15日現在。
2. 2016年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エデル (Éder) ことエデルジト・アントニオ・マセード・ロペス(Éderzito António Macedo Lopes, 1987年12月22日 - )は、ギニアビサウビサウ出身のサッカー選手リーグ・アンLOSCリール・メトロポール所属。ポジションはFWポルトガル代表

トーゴ代表FWのエマニュエル・アデバヨールになぞらえ"エデルバヨール"の愛称を得ている[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期 / アカデミカ[編集]

ギニアビサウビサウに生まれたエデルは、10代でポルトガルへ渡り、12歳の時にコインブラ県を拠点にするADCアデミア (Associação Desportiva e Cultural da Adémia) でキャリアを始めた[2]FCオリヴェイラ・ド・ポスピタルGDトゥリゼンセでシニアデビューをした後、3部を戦うアカデミカ・コインブラのBチームへ移籍した[3]

2008年8月24日のCFエストレラ・アマドーラ戦(アウェイ0-1敗北)で1部を戦うトップチームで初出場し、シーズン最終節のアソシアサン・ナヴァル・プリメイロ・デ・マイオポルトガル語版戦で初得点を記録。また、シーズン中の2008年11月13日にクラブと契約を2012年まで延長した[4]

2010年5月2日のCDナシオナル戦 (3-3) で決勝点を挙げたかに思えたが、終了間際に得点を許し引き分けに終わった。しかし、2012年12月9日の試合では同クラブ相手に2得点を挙げ今度は4-0で勝利した。同年1月29日、クラブ間合意に達していたイングランド2部ウェストハム・ユナイテッドFCと交渉がなされるも、この移籍が自身にとって最善ではないと感じたエデルは会談を終わらせ、その後アカデミカ側へ報告もせずに姿を消した[5]ことから始まった一連の騒動[6][7]で練習に参加することを禁じられた[8]。そのため、1月18日のリオ・アヴェFC戦 (0-0) を最後に出番はなく、最終的にリーグ戦は16試合5得点で終了。また、タッサ・デ・ポルトガル決勝で強豪スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルを破り、クラブは1939年以来2度目となる同大会でのタイトルを獲得した[9]が、その場にエデルの姿はなかった。

ブラガ[編集]

契約終了に伴いアカデミカを退団したエデルは、2012年5月14日に同リーグのSCブラガと契約を締結[10]。9月2日のFCパソス・デ・フェレイラ戦(0-2敗北)で移籍後初出場をし、リオ・アヴェ戦(ホーム4-1勝利)で初得点を含む2得点を記録。11月30日に強豪FCポルトとのタッサ・デ・ポルトガル5回戦(ホーム2-1勝利)で決勝点を挙げ、2013年2月23日にエスタディオ・ムニシパル・デ・ブラガで行われたヴィトーリア・ギマランイスとのオ・デルビー・デ・ミーニョ ("O Derby do Minho") で2得点と重要な場面で活躍し、リーグ戦18試合13得点とチームトップの得点源として活躍していたが、3月上旬に靱帯断裂をしたことでシーズン残りの欠場が決定した[11]

スウォンジー[編集]

2015年7月1日、イングランドプレミアリーグスウォンジー・シティAFCへ移籍[12]

リール[編集]

2016年2月1日、リーグ・アンLOSCリール・メトロポールにレンタル移籍[13]。冬加入ながらも13試合6得点4アシストを記録し、シーズン終了後にへ完全移籍した[14]

代表[編集]

2012年8月、クラブでの印象的な活躍から2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ルクセンブルク戦へ向けポルトガル代表に招集されたが、9月7日の同試合(アウェイ2-1勝利)での出番は訪れず[15]、それから4日後の同予選・アゼルバイジャン戦(ホーム3-0勝利)で終了間近にエルデル・ポスティガと交代で初出場を飾った[16]。2015年6月16日のイタリアとの親善試合で代表初得点を記録。 EURO2016では決勝のフランス戦では79分から途中出場すると、109分に決勝点を挙げた。この数分前にエデルのハンドを主審はコシェルニーのハンドと判定し、イエローカードを出したことで、コシェルニーは強くプレスすることができなかった。結果としてこの出来事が決勝ゴールに結び付いた[17]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルトガルの旗 アカデミカ・コインブラ
ポルトガルの旗 SCブラガ

代表[編集]

ポルトガルの旗 ポルトガル代表

脚注[編集]

  1. ^ "Éder: «Adebayor? Uma brincadeira que pegou...»"
  2. ^ "É Éderzito mas já rima com seleção"
  3. ^ "Gonçalo: «Há muito tempo que esperava»"
  4. ^ "Éder renova até 2012"
  5. ^ "Academica de Coimbra's Eder turns down West Ham offer: I did not like how things were handled"
  6. ^ "Briosa quer PJ a investigar alegado aliciamento a Éder"
  7. ^ "Briosa avança com pedido de indemnização no caso Éder"
  8. ^ "Éder impedido de entrar nas instalações do clube"
  9. ^ "Académica shock Sporting to lift Portuguese Cup"
  10. ^ "Oficial: Éder vai jogar no Sp. Braga"
  11. ^ "Éder out until summer with torn knee ligaments"
  12. ^ スウォンジー、ポルトガル代表FWエデルを獲得「大きな野心がある」 - サッカーキング 2015年7月2日
  13. ^ EDER, NOUVEL ATTAQUANT DES DOGUES”. Lille OSC (2016年2月1日). 2016年3月2日閲覧。
  14. ^ リールがスウォンジーからレンタル中のポルトガル代表FWエデルを完全移籍で獲得 - 超ワールドサッカー 2016年5月24日
  15. ^ "Portugal survive scare to see off Luxembourg"
  16. ^ "Portugal post Azerbaijan victory"
  17. ^ ポルトガルの“英雄”は苦労人…ユーロ優勝決定弾のエデル、自伝出版へサッカーキング(2016年7月14日) 2016年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]