ユゼフ・ムイナルチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユゼフ・ムイナルチク Football pictogram.svg
Jozef Mlynarczyk.jpg
名前
ラテン文字 Józef Młynarczyk
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1953-09-20) 1953年9月20日(65歳)
出身地 ノヴァ・スル英語版
身長 197cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1980 ポーランドの旗 オドラ・オポーレ  ? (?)
1980-1984 ポーランドの旗 ヴィジェフ・ウッチ 78 (0)
1984-1986 フランスの旗 SCバスティア 56 (0)
1986-1989 ポルトガルの旗 FCポルト 67 (0)
代表歴
1979-1986 ポーランドの旗 ポーランド 42 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユゼフ・ムイナルチク(Józef Młynarczyk, 1953年9月20日 -)は、ポーランド出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはGK

経歴[編集]

1977年にオドラ・オポーレで選手キャリアをスタートすると、1980年に強豪のヴィジェフ・ウッチへ移籍。ウッチでは2度のポーランドリーグ優勝(1981年、1982年)、1983年のUEFAチャンピオンズカップベスト4進出に貢献した。

その後は海外へ活躍の場を求め、1984年にフランスのSCバスティアを経て1986年にポルトガルのFCポルトへ移籍。ポルトでは2度のポルトガルリーグ優勝(1986年、1988年)、国際舞台においても1986-87シーズンのUEFAチャンピオンズカップ、翌1987年のUEFAスーパーカップトヨタカップ優勝に貢献するなど、選手キャリアにおいて最も大きな成功を収めた。

ポーランド代表としては、1979年2月18日のチュニジア戦で代表デビューを飾った。当初は3番手のキーパーであったが、監督のアントン・ピエチェニチェクの信頼を得て正GKの座を掴み、1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会3位入賞、1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会ベスト16進出に貢献するなど、国際Aマッチ42試合に出場、9試合で主将を務めた。

1989年に現役を引退すると指導者の道へ進み、古巣のFCポルト、ポーランド代表、アラブ首長国連邦、ヴィジェフ・ウッチ、ヴィスワ・プウォツクなどでGKコーチを務めた。

個人タイトル[編集]

  • ポーランド年間最優秀選手賞:1回(1983年)

外部リンク[編集]