ジェイミー・キャラガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイミー・キャラガー Football pictogram.svg
Jamie Carragher meets the fans.jpg
ジェイミー・キャラガー(2012年)
名前
本名 ジェームズ・リー・ダンカン・キャラガー
James Lee Duncan Carragher
愛称 ジェイミー、キャラ、ザ・ロック
ラテン文字 Jamie CARRAGHER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1978-01-28) 1978年1月28日(39歳)
出身地 ブートル
身長 185cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション DF (CB, RSB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2013 イングランドの旗 リヴァプールFC 508 (4)
代表歴
1996-2000 イングランドの旗 イングランド U-21 27 (1)
1998-2006 イングランドの旗 イングランド B 3 (0)
1999-2010 イングランドの旗 イングランド[1] 38 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
2007年4月14日に行われたマンチェスター・シティー対リヴァプールでのキャラガー

ジェームズ・キャラガー(James Carragher, 1978年1月28日 - )は、イングランドマージーサイド州ブートル出身の元サッカー選手。デビューから引退までの17年間ずっとリヴァプールFCに所属していた。ポジションはディフェンダー。日本語では英音により近いカラガーとも表記される。

略歴[編集]

リヴァプールのユースチームで育ち、1996-97シーズンにトップデビューを果たすと、翌シーズンより監督に就任したジェラール・ウリエに重用され、出場機会を増やして成長。1999年4月28日ハンガリー戦で代表デビューを果たし、守備の要として活躍をみせた。2000-01シーズンにはUEFAカップFAカップ、リーグカップの三冠(トレブル)を達成した。

2002年日韓W杯には出場ならず、その後も故障で戦線離脱するなど苦しい時期も続いたが、2004-05シーズン、それまでは両サイドバックでの出場が多かったがラファエル・ベニテスにより本格的にセンターバックにコンバートされると、リーグ戦全試合に出場を果たし、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。

イングランド代表としては、必ず招集はされるものの、その実力を発揮させる機会が与えられることは少なかった。ドイツW杯では右サイドバックとして4試合に出場したがW杯の後、イングランド代表監督がスティーブ・マクラーレンに替わったことで代表としての出場機会は激減。ジョン・テリーリオ・ファーディナンドが不調や怪我で出られない時でもスタメンでの出場はままならず、悩んだ末にクラブチームでのプレーに全力を注ぐべく2007年8月、イングランド代表を引退した。皮肉にもその3ヶ月後、イングランドはテリーとファーディナンドを欠いた状態で、急造ディフェンス陣を突かれクロアチアにホームで惨敗し、EURO2008を予選落ちで終えた。キャラガーの代表引退は結果的にイングランド全体に影響することになった[要出典]

なお、ファビオ・カペッロ監督率いる2010年南アフリカW杯においては、ベテランの力を強く信じるカペッロ監督の熱意に絆され、イングランド代表に復帰した[要出典]

2013年2月7日、2012-13シーズン終了後プロサッカー選手としての引退を発表した[2]

タイトル[編集]

クラブ
リヴァプールFC
個人

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]