ルーク・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーク・ヤング Football pictogram.svg
Luke Young.jpg
アストン・ヴィラ時代(2008年)
名前
本名 ルーク・ポール・ヤング
Luke Paul Young
ラテン文字 Luke YOUNG
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1979-07-19) 1979年7月19日(37歳)
出身地 ハーロウ
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF (RSB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2001 イングランドの旗 トッテナム 58 (0)
2001-2007 イングランドの旗 チャールトン 187 (4)
2007-2008 イングランドの旗 ミドルズブラ 35 (1)
2008-2011 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 75 (2)
2011-2014 イングランドの旗 QPR 24 (2)
1997-2014 通算 379 (9)
代表歴2
1998 イングランドの旗 イングランド U-18 5 (0)
1999-2002 イングランドの旗 イングランド U-21 16 (1)
2005 イングランドの旗 イングランド 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月19日現在。
2. 2017年1月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルーク・ポール・ヤングLuke Paul Young, 1979年7月19日 - )は、イングランドハーロウ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはDF

経歴[編集]

イングランド代表ディフェンダー。近年のイングランド代表選手にしては遅咲きだが有望株でガリー・ネヴィルフィリップ・ネヴィルらと代表右サイドバックの座を争った。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では4試合に出場し、怪我で離脱していたG・ネヴィルの穴を埋め、本大会出場に貢献した。G・ネヴィルのバックアップとして2006 FIFAワールドカップ出場が期待されたが、大会直前の合宿で怪我をし、ワールドカップ出場を棒に振るうことになった。その後もスティーヴ・マクラーレンファビオ・カペッロ体制でも何度か招集されたが、いずれも出場機会がなく、今後も出場できる見込みがないことを理由に2009年に代表引退を表明した。代表での最後の出場は2005年10月12日のポーランド戦となった。

2001年夏に3万ユーロでチャールトン・アスレティックFCへ移籍、右サイドバックとして信頼を得た。2005-2006シーズンにはアディックス(チャールトンの愛称)のキャプテンに就任した。

2011年8月27日、アストン・ヴィラFCからクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに3年契約で移籍した[1]

タイトル[編集]

トッテナム

脚注[編集]

  1. ^ Luke Young joins QPR from Aston Villa”. BBC Sport (2011年8月27日). 2017年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]