ジョー・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョー・ハート Football pictogram.svg
Joe Hart 69775.jpg
マンチェスター・シティFCでのジョー・ハート(2014年)
名前
本名 チャールズ・ジョセフ・ジョン・ハート
Charles Joseph John Hart
ラテン文字 Joe HART
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド)
生年月日 (1987-04-19) 1987年4月19日(31歳)
出身地 シュルーズベリー
身長 196cm[1]
体重 89kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 バーンリーFC
ポジション GK
背番号 20
利き足 右足
ユース
-2003 イングランドの旗 シュルーズベリー・タウン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 イングランドの旗 シュールズベリー・タウン 52 (0)
2006-2018 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 266 (0)
2007 イングランドの旗 トランメア・ローヴァーズ (loan) 6 (0)
2007 イングランドの旗 ブラックプール (loan) 5 (0)
2009-2010 イングランドの旗 バーミンガム・シティ (loan) 36 (0)
2016-2017 イタリアの旗 トリノFC (loan) 36 (0)
2017-2018 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC (loan) 19 (0)
2018- イングランドの旗 バーンリーFC
代表歴2
2005-2006 イングランドの旗 イングランド U-19 6 (0)
2007-2009 イングランドの旗 イングランド U-21 21 (0)
2008- イングランドの旗 イングランド 75 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョー・ハートJoe Hart)こと、チャールズ・ジョセフ・ジョン(ジョー)・ハートCharles Joseph John (Joe) Hart1987年4月19日 - )は、イギリス (イングランド)・シュルーズベリー出身のサッカー選手プレミアリーグバーンリーFCに所属し、イングランド代表にも選出されている。ポジションはゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

2003年から地元のシュルーズベリー・タウンFCでキャリアをスタートした。シュルーズベリーでの活躍の後、2006年夏に約150万ポンドでディビッド・ジェームスの後釜としてマンチェスター・シティFCに移籍した。

期限付き移籍チームやイングランドU-19とU-21代表での活躍から2007-2008シーズン前にスヴェン・ゴラン・エリクソン監督に印象を与え、アンドレーアス・イサクソンカスパー・シュマイケルとのポジション争いに勝利しマンチェスター・シティの正GKとなった(レギュラーに抜擢された)。続く08/09シーズンは背番号1を背負ったが、不安定なパフォーマンスが続き、2009年冬の移籍市場においてニューカッスル・ユナイテッドFCからアイルランド代表シェイ・ギヴンが加入したことによりレギュラーを奪われた。

そのためシーズン終了後の6月24日に、プレミア昇格を果たしたバーミンガム・シティFCへレンタル移籍。09/10シーズンはバーミンガムで年間通して安定したプレーをみせ、PFA年間ベストイレブンに選出されるなど降格候補筆頭とも言われたバーミンガムの9位の成績に貢献した。12試合無敗という好成績に貢献した。

この活躍が認められてシティに復帰すると、2010-11シーズン開幕戦のトッテナム・ホットスパーFC戦に昨年まで正GKだったギヴンに代わってスタメンに選ばれた。この試合で好セーブをみせスコアレスドローに持ち込むと正GKの座を掴み、1年前とは立場が180度変わった。シーズンを通してゴールを守り、リーグ戦全38試合に出場しリーグ最多の18のクリーンシートを記録した[2]

ギヴンがアストン・ヴィラFCへ移籍した2011-12シーズンも全38試合出場でリーグ最少の29失点と安定した守備をみせ、44年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

2013-2014はシーズン中盤に調子を落とし、一時はコステル・パンティリモンに正GKの座を奪われたが、カップ戦の出場から調子と信頼を取り戻し、レギュラー復帰後は安定した守備を見せチームの王座奪還に貢献した。

2014年12月19日、マンチェスター・シティとの契約延長を発表した。新契約は2019年までとなった[3]

しかし、新監督のジョセップ・グアルディオラの信頼をつかめず、監督の古巣のFCバルセロナからGKクラウディオ・ブラーボが加入したことに伴い出場機会確保のため、2016年8月31日、トリノFCへのレンタル移籍が発表された。

2017年7月18日、ウェストハム・ユナイテッドFCへレンタル移籍することが発表された[4]

2018年8月7日、バーンリーFCと2年契約で完全移籍することが発表された[5]

代表経歴[編集]

サッカーイングランド代表としては、イングランドU-19、21代表経験を持つ。A代表では2008年6月1日トリニダード・トバゴ戦で代表初キャップを記録。試合は3-0でイングランドが勝ち、勝利に貢献した[6]

その後は代表には選出されるもののロバート・グリーンデイヴィッド・ジェイムズの両ベテランの前に出場機会に恵まれずFIFAワールドカップ 南アフリカ大会ではメンバーに選出されたが出番なしに終わった。

ワールドカップ後は正GKに定着し、FIFAワールドカップ ブラジル大会では全3試合に出場するも、チームはまさかのグループリーグ敗退となった。

UEFA EURO 2016でも正GKとしてプレーしたが、第2戦のウェールズ戦でギャレス・ベイルの直接フリーキックの処理を誤り、得点を許した。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2003-04 シュルーズベリー - 4部 2 0 2 0
2004-05 6 0 6 0
2005-06 46 0 46 0
2006-07 マンチェスター・シティ 25 プレミア 1 0 0 0 0 0 1 0
トレンメア - 3部 6 0 0 0 0 0 6 0
ブラックプール 2部 5 0 0 0 0 0 5 0
2007-08 マンチェスター・シティ 25 プレミア 26 0 3 0 3 0 32 0
2008-09 1 23 0 0 0 1 0 24 0
2009-10 バーミンガム 25 36 0 0 0 5 0 41 0
2010-11 マンチェスター・シティ 38 0 0 0 8 0 46 0
2011-12 38 0 2 0 0 0 40 0
2012-13 1 38 0 0 0 1 0 39 0
2013-14 31 0 1 0 0 0 32 0
2014-15 36 0 0 0 0 0 36 0
2015-16 35 0 0 0 0 0 35 0
通算 イングランド プレミア 302 0 6 0 18 0 326 0
総通算 367 0 6 0 18 0 391 0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 75試合 0得点(2008年- )


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2008 1 0
2010 6 0
2011 9 0
2012 11 0
2013 11 0
2014 10 0
2015 9 0
2016 11 0
2017 7 0
通算 75 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・シティFC

個人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 25 Joe HartOfficial Manchester City Website
  2. ^ シティ、ハートに5年契約を提示かGoal.com 2011年7月25日
  3. ^ シティ、守護神ハートと契約延長Goal.com 2014年12月20日
  4. ^ West Ham United catch England goalkeeper Joe HartWest Ham United 2017年7月18日
  5. ^ Home Is Where The Hart Is As Joe Signs In Burnley Football Club Official Website 2018年8月7日
  6. ^ Three and easy for England Appearances”. skysports.com (2008年6月2日). 2016年10月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]