リアム・ロシニアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リアム・ロシニアー Football pictogram.svg
Liam Rosenior Lewes 0 BHA 0 18 July 2015.jpg
ブライトン時代(2015年)
名前
本名 リアム・ジェイムズ・ロシニアー
Liam James Rosenior
愛称 ロージー
ラテン文字 Liam ROSENIOR
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
シエラレオネの旗 シエラレオネ
生年月日 (1984-07-09) 1984年7月9日(34歳)
出身地 ワンズワース
身長 178.1cm
体重 71.4kg
選手情報
ポジション DF (RSB)
利き足 右足
ユース
2001-2002 イングランドの旗 ブリストル・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 イングランドの旗 ブリストル・シティ 23 (2)
2003-2007 イングランドの旗 フラム 79 (0)
2004 イングランドの旗 トーキー (loan) 10 (0)
2007-2010 イングランドの旗 レディング 64 (1)
2009-2010 イングランドの旗 イプスウィッチ (loan) 29 (1)
2010-2015 イングランドの旗 ハル 144 (1)
2015-2018 イングランドの旗 ブライトン 44 (0)
2002-2018 通算 393 (4)
代表歴2
2005 イングランドの旗 イングランド U-20 4 (1)
2005-2007 イングランドの旗 イングランド U-21 7 (0)
監督歴
2018- イングランドの旗 ブライトン U-23 (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年3月18日現在。
2. 2013年10月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リアム・ジェイムズ・ロシニアーLiam James Rosenior, 1984年7月9日 - )は、イングランドワンズワース出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはDF(右サイドバック)。

経歴[編集]

ブリストル・シティ[編集]

2001-02シーズンに3部リーグブリストル・シティFCでデビュー。2003年夏の契約満了に伴いフラムFCへの入団を主張したが、ブリストル・シティ側は移籍は無効だとして訴訟を起こした。結局フラムFC側が和解金を支払うことで決着し、2003年11月に正式に契約を交わした[1]

フラム[編集]

ブリストル・シティ時代は攻撃的ミッドフィールダーだったが、フラムのクリス・コールマン監督はスティーヴ・フィナンの移籍により手薄となった右サイドバックにコンバートされる。1年以上リザーブチームで修行を積み、2004年9月のカーリング・カップボストン・ユナイテッドFC戦でトップチームデビューを果たした。さらにプレミアリーグ公式戦デビューとなった同年12月のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では、対面のクリスティアーノ・ロナウドを完封し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

同年代・同ポジションの有望株であるモリッツ・フォルツとポジションを争い、2005-06シーズンにはフォルツをベンチに追いやることも多く、レギュラー争いで一歩前に出る。2006年夏にはクラブと新たに4年の長期契約を交わした[2]

レディング[編集]

2007年8月、移籍期限最終日に薛琦鉉と入れ替わる形でレディングFCへの移籍が決定した。契約期間は3年間となる[3]

ハル[編集]

2009-10シーズン限りでレディングを去りフリーとなるが、2010年10月29日にハル・シティAFCへ加入する[4]。2012-13シーズンには、スティーヴ・ブルース監督の下クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。シーズン終了後には契約を2年間延長した[5]2014-15シーズンの結果クラブは降格が決定し、自身も放出された。

ブライトン[編集]

2015-16シーズンより、チャンピオンシップブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCと3年契約を締結した[6]。2016-17シーズンにはクラブのプレミアリーグ昇格を経験した。2017-18シーズン終了に伴いクラブとの契約が満了し、現役引退を表明した。引退後はクラブのU-23部門でアシスタントコーチに就任すると共に、Sky Sportsのコメンテーターを務めている[7]

代表歴[編集]

2005年にはイングランドU-21代表に選出され、トゥーロン国際大会でレギュラーとしてプレーした。

人物[編集]

サイドバックとしてのキャリアは短いものの、集中力の高さを生かした粘り強いマーキングへの評価は高く、また利き足とは逆サイドの左サイドバックでもプレーレベルが落ちない。[要出典]

実父は1980年代にフラムFCでFWとして活躍したリロイ・ロシニアー英語版(現解説者)。4部リーグ、トーキー・ユナイテッドFCの監督をリロイが務めていた2004年3月、リアムを短期レンタルで獲得したこともある。

脚注[編集]

  1. ^ Robins accept Rosenior pay-off”. BBC Sport (2003年11月12日). 2019年3月18日閲覧。
  2. ^ Rosenior extends Fulham contract”. BBC Sport (2006年7月5日). 2019年3月18日閲覧。
  3. ^ Reading and Fulham complete swap”. BBC Sport (2007年9月1日). 2019年3月18日閲覧。
  4. ^ http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/h/hull_city/9136709.stm”. BBC Sport (2010年10月29日). 2019年3月18日閲覧。
  5. ^ Hull City: Liam Rosenior signs new two-year contract”. BBC Sport (2013年6月27日). 2019年3月18日閲覧。
  6. ^ Liam Rosenior: Brighton sign former Hull City defender”. BBC Sport (2015年6月23日). 2019年3月18日閲覧。
  7. ^ Liam Rosenior retires from playing to take Sky Sports role and Brighton U23 coaching job”. Sky Sports (2018年7月30日). 2019年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]