キーラン・リチャードソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キーラン・リチャードソン Football pictogram.svg
Richardson, Kieran.jpg
名前
本名 キーラン・エドワード・リチャードソン
Kieran Edward Richardson
ラテン文字 Kieran RICHARDSON
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1984-10-21) 1984年10月21日(33歳)
出身地 グリニッジ
身長 177cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション DF / MF (LSB, LMF)
利き足 左足
ユース
0000-2001 イングランドの旗 ウェストハム
2001-2002 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 41 (2)
2005 イングランドの旗 WBA (loan) 12 (3)
2007-2012 イングランドの旗 サンダーランド 134 (14)
2012-2014 イングランドの旗 フラム 45 (5)
2014-2016 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 33 (0)
2016 ウェールズの旗 カーディフ 6 (0)
代表歴2
2002 イングランドの旗 イングランド U-18 1 (0)
2005-2007 イングランドの旗 イングランド U-21 11 (1)
2005-2006 イングランドの旗 イングランド 8 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月21日現在。
2. 2017年1月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

キーラン・エドワード・リチャードソンKieran Edward Richardson, 1984年10月21日 - )は、イングランドグリニッジ出身の同国代表サッカー選手。現在は無所属。ポジションはDFMF

経歴[編集]

少年期[編集]

通っていた小学校でサッカーを始め、頭角を現し、のちに学校のサッカークラブのキャプテンになる。この頃、アーセナルFCから入団のオファーを受ける。

その後、ウェストハム・ユナイテッドFCの下部組織に入団。しかし、ウェストハムとはプロ契約をせず、2001年にマンチェスター・ユナイテッドFCに入団する。

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

マンチェスター・ユナイテッドでの最初のシーズンで、リザーブチームのレギュラーとして位置を確立。ファーストチームでも背番号42を与えられたが、デビューすることはできなかった。

その後、2002年10月23日に、UEFAチャンピオンズリーグオリンピアコスFC戦で途中出場し、プロデビュー。プロ初ゴールは、2002年11月5日に行われたリーグカップレスター・シティFC戦。しかし、まだこの時、プレミアリーグには出場していなかった。2002-03シーズンでは、ファーストチームの試合で9試合に出場。また、2003年のFAユースカップにおいて、ユースチームの優勝に大きく貢献した。

2003-04シーズンは背番号23を与えられ、前シーズンの活躍から出場機会が増えるかと思われたが、リーグカップ、FAカップのみの3試合の出場にとどまった。

2004-05シーズンでは、より出場機会を得てシーズン前半だけで9試合に出場、1ゴールを上げる。しかし、1月の移籍期間中に監督のアレックス・ファーガソンがファーストチームでの出場経験を積ませるため、レンタルされることになった。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(レンタル)[編集]

移籍先に複数の候補が上がったが、最終的に、2005年1月29日ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCにレンタル移籍。当時、残留争いをしていたチームにおいて大きな存在感を示す。移籍後は即座にレギュラーを獲得し、主にセンターハーフとしてプレー。12試合に出場し3ゴールを挙げ、ウェスト・ブロムのプレミアリーグ残留に貢献した。

再びマンチェスター・ユナイテッドに[編集]

2005-06シーズン初め、ウェスト・ブロムでの活躍によりレンタル期間の延長を申し込まれたが、オファーを断りマンチェスター・ユナイテッドでプレーすることを選択。シーズン当初は負傷していたガブリエル・エインセに代わり左サイドバックとして先発出場を重ねるが、しばらくしてミッドフィールダーに戻る。同ポジションでリチャードソンは好パフォーマンスを見せ、周囲の評価を上げていった。10月にはユナイテッドと新たに4年契約にサインし、21回目の誕生日を自ら祝福。同シーズンは36試合で6ゴールを記録。しかし、起用順位では同じポジションを争うクリスティアーノ・ロナウドライアン・ギグス朴智星より下であった。

2006-07シーズン、主にリーグカップとFAカップで出場機会を得る。しかし、低調なパフォーマンスからファーガソン監督の評価は下がってしまう。FAカップ準決勝のワトフォードFC戦では1ゴールを挙げ、新ウェンブリー・スタジアムで行われる決勝進出に貢献した。

サンダーランド[編集]

2007年7月フットボールリーグ・チャンピオンシップで優勝し、プレミアリーグ昇格を決めていたサンダーランドへの移籍話が浮上。7月16日スカイスポーツニュースは、16日の午後、リチャードソンがサンダーランドと契約するため、スタジアム・オブ・ライトでメディカルチェックを受けると報道。報道の通り、16日の午後に、サンダーランドからマンチェスター・ユナイテッドに移籍金が支払われ、移籍の手続きが完了。リチャードソンはブラックキャッツ(サンダーランドの愛称)との4年契約にサインし、元ユナイテッドのキャプテン、ロイ・キーンの下でプレーすることになった。

フラム[編集]

2012年8月31日フラムFCへ移籍。

アストン・ヴィラ[編集]

フラムのチャンピオンシップへの降格に伴い、2014年7月11日にアストン・ヴィラへ2年契約で加入した[1]。移籍金は非公開。同クラブでアシスタントコーチを務めるロイ・キーンと再会することとなった。

カーディフ[編集]

2014-15シーズン限りでヴィラ・パークを去ると、カーディフ・シティFCのトレーニングに参加。2015年10月12日に同クラブと1月までの短期契約を交わした[2]。しかしレギュラーの座を掴み取ることはできず、同年12月29日にマルアーヌ・シャマフと共にクラブを退団した[3]

代表[編集]

ウェスト・ブロムに所属中、2005年2月8日に行われたU-21オランダ代表との親善試合で、U-21イングランド代表として初キャップを記録。ウェスト・ブロムで充実したシーズンを過ごした後、2004-05シーズンの終わり、イングランド代表のアメリカ遠征に招集される。アメリカとの親善試合において、直接決めたフリーキックを含み、2得点と活躍。当時のイングランド代表監督だったエリクソンから、「ファンタスティックだった」と賞賛された。その後のコロンビアとの試合でも途中出場した。

A代表でのキャップを記録した後、ホーム・アンド・アウェー方式で行われる、U-21フランス代表とのUEFA U-21欧州選手権予選のプレーオフのため、再びU-21イングランド代表に選出される。リチャードソンは2試合ともに出場するが、アウェーで行われた第2戦の85分、チェルシーFCラッサナ・ディアラをペナルティーエリア内で倒してしまい、PKを献上。これが決勝点となり、U-21イングランド代表は、2試合合計3-2(第1戦:イングランド 1-1 フランス、第2戦:フランス 2-1 イングランド)で敗北し、本戦出場を逃してしまった。

その後、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選の、カーディフで行われたウェールズ戦、オールド・トラッフォードで行われたオーストリア戦に、ともに途中出場。しかし、2006 FIFAワールドカップのメンバーには選出されなかった。

2006-07シーズン、新たにイングランド代表監督に就任したスティーヴ・マクラーレンによって代表に選出され、何回か途中交代で出場している。また、2007 UEFA U-21欧州選手権まではU-21代表でプレーすることができたため、U-21イングランド代表に選出されている。しかし、A代表のデビュー戦以来、ゴールを記録していない。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC 2005 (loan)

獲得タイトル[編集]

マンチェスター・ユナイテッド

脚注[編集]

  1. ^ Kieran Richardson: Aston Villa sign Fulham utility player”. BBC Sport (2014年7月11日). 2017年1月21日閲覧。
  2. ^ Kieran Richardson: Cardiff City sign ex-England international”. BBC Sport (2015年10月12日). 2017年1月21日閲覧。
  3. ^ Cardiff City release Kieran Richardson and Marouane Chamakh”. BBC Sport (2016年12月29日). 2017年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]