ガブリエル・エインセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガブリエル・エインセ Football pictogram.svg
Gabriel Heinze 5445b.jpg
マルセイユ時代(2010年)
名前
本名 ガブリエル・イバン・エインセ
Gabriel Iván Heinze
愛称 Gringo(グリンゴ)
ラテン文字 Gabriel HEINZE
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1978-04-19) 1978年4月19日(40歳)
出身地 クレスポスペイン語版
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (LSB, CB)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ 8 (0)
1998-2001 スペインの旗 バリャドリード 54 (1)
1998-1999 ポルトガルの旗 スポルティングCP 5 (1)
2001-2004 フランスの旗 PSG 99 (4)
2004-2007 イングランドの旗 マンチェスター・U 52 (1)
2007-2009 スペインの旗 レアル・マドリード 44 (3)
2009-2011 フランスの旗 マルセイユ 58 (7)
2011-2012 イタリアの旗 ローマ 30 (0)
2012-2014 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ 54 (3)
1996-2014 通算 404 (20)
代表歴
2004  アルゼンチン U-23 6 (1)
2003-2010 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 72 (3)
監督歴
2015 アルゼンチンの旗 ゴドイ・クルス
2016-2017 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガブリエル・イバン・エインセGabriel Iván Heinze, 1978年4月19日 - )は、アルゼンチンエントレ・リオス州出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック、センターバック)。

パリ・サンジェルマンFCに所属していた時に名声を高め、2004年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドFCレアル・マドリードでは合わせて3つの主要なタイトルを手にした。ドイツ人の父とイタリア人の母の間に生まれたことから、「グリンゴ(アルゼンチンのスペイン語外国人を意味する)」のあだ名を持つ[1][2]。グスタボとセバスティアンの2人の兄弟がいる。ヴォルガ・ドイツ人の血を引いており、イタリアのパスポートを所持している[3]

クラブ経歴[編集]

デビューそしてスペインへ[編集]

14歳でニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織へ入団し、1997年にプロデビューを果たした。このシーズンは8試合に出場したのみであったが、複数のヨーロッパのクラブの関心を集め、1998年1月1日スペインレアル・バリャドリードと契約を結んだ。しかし最初のシーズンは1試合も出場機会を得られず、7月1日ポルトガルスポルティングCPレンタル移籍することになった。

バリャドリードに復帰した1998-99シーズンは18試合に出場し、翌シーズンはクラブのトップリーグ残留に貢献する活躍を見せ、レギュラーとして36試合に出場した。

PSG[編集]

2001年7月1日フランスパリ・サンジェルマンFCへ移籍し、最初のシーズンは同胞のマウリシオ・ポチェッティーノとのコンビでリーグ最少となる24失点を記録した。PSGでは在籍3シーズンで100試合以上に出場し、2003-04シーズンにはクープ・ドゥ・フランスのタイトルを獲得した。

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2004年6月22日、690万ポンドの移籍金でイングランドマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍した[4]。デビュー戦となったのは9月11日に行われ、2-2で引き分けたボルトン・ワンダラーズFC戦であり[5]、すぐにユナイテッドの左サイドバックのポジションを掴むと、ファンから「アルゼンティナ!」のチャントが送られるようになり[6]、ファン投票によりクラブの最優秀選手に選ばれた。

2005年9月14日に行われたチャンピオンズリーグビジャレアル戦で大怪我を負い、残りのシーズンを欠場することになったが、そのシーズン、エインセはチャンピオンズリーグ予備予選のデブレツェニ戦のセカンドレグで2ゴールを挙げるなどの活躍をしていた[7]2006年春にリザーブチームの試合に復帰したが、復帰3戦目の試合で負傷してしまい、トップチームに戻ることは出来なかった。この怪我を受けてクラブはASモナコパトリス・エヴラと契約を結び、彼が左サイドバックのレギュラーとしてプレーするようになった。

2006-07シーズンに復帰したエインセは、サイドバックとセンターバックを務め、チームの中心選手として起用されるようになり、チームのプレミアリーグ優勝に貢献し、シーズン最後のチェルシー[8]ウェストハム・ユナイテッド戦の2試合でキャプテンを務めた。

翌シーズンは出場機会が減少することが予想され、アレックス・ファーガソン監督からあまり期待されていないと感じたエインセは[9]、シーズンオフに最大のライバルであるリヴァプールFCへの移籍を要求したが[10]、ユナイテッドは680万ポンド程度といわれているオファーを拒絶した[11]

レアル・マドリード[編集]

2007年8月22日レアル・マドリードと4年間の契約を結び、デビッド・ベッカムルート・ファン・ニステルローイに続いてユナイテッドからマドリーに移籍した3人目の選手になった(移籍金は800万ポンド[12])。2007年9月7日に行われたビジャレアル戦でラウル・ゴンサレスと交代で出場し、デビューを果たした。センターバックにはファビオ・カンナヴァーロぺぺが、左サイドバックにはマルセロがそれぞれ君臨していたが準レギュラーとして20試合に出場し、2年連続となるリーガ・エスパニョーラ優勝メンバーとなった。

翌シーズンも準レギュラーとして多くの試合に出場したが、スーペルコパ・デ・エスパーニャのタイトルを獲得するに留まり、2009年5月2日FCバルセロナとのエル・クラシコでは2-6で惨敗する屈辱も味わい、バルセロナに王座を譲った。

マルセイユ[編集]

7月30日オリンピック・マルセイユに移籍し、PSGに在籍した2003-04シーズン以来6シーズンぶりのフランス復帰となった。移籍金150万ユーロで2年間の契約を結び、アルゼンチン代表のチームメイトであるルチョ・ゴンサレスと同じクラブでプレイすることになった[13]。マルセイユでの最初のシーズンは27試合に出場して自己最多の4ゴールを挙げた。この年は18年ぶりにリーグ優勝を果たし、クープ・ドゥ・ラ・リーグでも初優勝して2つの国内タイトル獲得に貢献した。

2010年3月27日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝のFCジロンダン・ボルドー戦ではスターティングメンバーとして出場し、初優勝とともに1993年以来のタイトル獲得に貢献した[14]。18年ぶりのリーグ優勝を決めた5月7日スタッド・レンヌ戦では先制ゴールを記録し、マルセイユに歓喜をもたらした[15]。監督であったディディエ・デシャンは「驚異的だった」とシーズンを振り返った[16]

翌シーズンもチームの中心選手としてプレイし、2011年3月20日に行われた古巣PSGとのフランスダービーではフリーキックからゴールを挙げ2-1の勝利に貢献した[17]

6月1日、クラブ公式サイトで契約満了によりシーズン終了後にクラブを去ると明らかにした[18]

ローマ[編集]

ローマでプレーするエインセ (右)

7月22日イタリアASローマに加入することが明らかになった[19]。これにより、スペイン・イングランド・イタリアの「三大リーグ」全てに在籍した選手となった。1年契約での加入となったが、25試合以上の出場で自動的に契約延長されるオプションが付いた。

ローマでは同じく新加入のシモン・ケアーを抑えてセンターバックの定位置を確保して30試合に出場し、無事に契約が1年延長されることとなった。しかし、シーズン終了後の2012年5月11日ルイス・エンリケ監督が辞任。6月4日に就任したズデネク・ゼーマン監督には一転して構想外として扱われ、8月10日に契約を解消した[20]

古巣復帰[編集]

8月11日、古巣ニューウェルズへ14年ぶりに復帰した。

2014年3月21日、怪我のため今シーズン限りでの現役引退を表明した[21]

代表経歴[編集]

アルゼンチン代表でプレーするエインセ

2003年4月30日に行われたリビアとの親善試合でA代表デビュー[22]。翌年にはアテネオリンピックに出場し、金メダル獲得に貢献。6-0で勝利したセルビア・モンテネグロ戦ではゴールを挙げている[23]

2005-06シーズンは怪我により多くの試合を欠場したが、2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。アルゼンチン代表は準々決勝で開催国のドイツと対戦し、PK戦の末に敗れた[24]

2010 FIFAワールドカップではアルゼンチン代表の5試合の内4試合に出場し、ナイジェリア戦でその試合唯一となるゴールを挙げた[25]

代表で記録したゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2005年8月17日 プシュカーシュ・フェレンツブダペスト ハンガリーの旗 ハンガリー 2-1 2-1 親善試合
2 2007年7月11日 ポリデポルティーボ・カチャマイプエルト・オルダス メキシコの旗 メキシコ 1-0 3-0 コパ・アメリカ2007
3 2010年6月12日 エリス・パークヨハネスブルグ ナイジェリアの旗 ナイジェリア 1-0 1-0 2010 FIFAワールドカップ


指導者時代[編集]

2015-16シーズンよりCDゴドイ・クルス・アントニオ・トンバの監督に招聘された。しかし成績不振のため2016年9月26日に解任された[26]。翌シーズンよりAAアルヘンティノス・ジュニアーズの指揮官に就任。クラブをプリメーラB・ナシオナル優勝に導いたが、シーズン終了後に辞任することを表明した[27]


タイトル[編集]

クラブ[編集]

PSG
マンチェスター・U
レアル・マドリード
マルセイユ

代表[編集]

オリンピックアルゼンチン代表

個人[編集]

出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯国際大会 通算
シーズンクラブリーグ 出場得点出場得点 出場得点 出場得点 出場得点
アルゼンチン リーグカップ リーグ杯 南米 通算
1997-98 ニューウェルズ プリメーラ 8 0 0 0 0 0 0 0 8 0
スペイン リーグ国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1997-98 バリャドリード プリメーラ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ポルトガル リーグポルトガル杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1998-99 スポルティングCP スーペル・リーガ 5 1 1 0 0 0 0 0 6 1
スペイン リーグ国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1999-00 バリャドリード プリメーラ 18 0 0 0 0 0 0 0 18 0
2000-01 36 1 0 0 0 0 0 0 36 1
フランス リーグフランス杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2001-02 PSG リーグ1 31 0 0 0 0 0 2 0 33 0
2002-03 35 2 0 0 0 0 4 0 39 2
2003-04 33 2 0 0 0 0 0 0 33 2
イングランド リーグFAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
2004-05 マンチェスター・U プレミアリーグ 26 1 4 0 2 0 7 0 39 1
2005-06 4 0 0 0 0 0 2 2 6 2
2006-07 22 0 6 1 2 0 8 0 38 1
スペイン リーグ国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2007-08 レアル・マドリード プリメーラ 20 1 2 0 0 0 4 0 26 1
2008-09 24 2 1 0 0 0 7 0 32 2
フランス リーグフランス杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2009-10 マルセイユ リーグ1 27 4 0 0 2 0 7 2 36 6
2010-11 31 3 0 0 0 0 8 1 39 4
イタリア リーグイタリア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2011-12 ローマ セリエA 30 0 2 0 0 0 0 0 32 0
通算 アルゼンチン 8 0 0 0 0 0 0 0 8 0
スペイン 98 4 3 0 0 0 11 0 112 4
ポルトガル 5 1 1 0 0 0 0 0 6 1
フランス 157 11 0 0 2 0 21 3 180 14
イングランド 52 1 10 1 4 0 17 2 83 4
イタリア 30 0 2 0 0 0 0 0 32 0
総通算 350 17 16 1 6 0 49 5 421 23

脚注[編集]

  1. ^ Fuimos locales otra vez
  2. ^ Man Utd secure Heinze deal
  3. ^ Gabriel Heinze
  4. ^ Man Utd secure Heinze deal
  5. ^ Bolton 2-2 Man Utd
  6. ^ Is Fergie Serious About Heinze?
  7. ^ Debrecen 0-3 Man Utd
  8. ^ Report: Chelsea 0 Manchester United 0
  9. ^ Heinze blasts Ferguson treatment
  10. ^ Heinze sorry for Ferguson feud
  11. ^ Liverpool's Gabriel Heinze bid rejected
  12. ^ Heinze & Robben seal Real switch
  13. ^ Official: Agreement reached for Gabriel Heinze
  14. ^ Girondins de Bordeaux 1-3 Olympique de Marseille: Coupe de la Ligue Win Ends 17 Years Of OM Hurt
  15. ^ Senegal striker Niang fires Marseille to French title
  16. ^ Didier Deschamps hails Marseille's 'extraordinary' Ligue 1 title win
  17. ^ Marseille march up to second with Clasico win
  18. ^ Gracias señor Heinze !
  19. ^ Official: Roma land Gabriel Heinze from Marseille
  20. ^ ローマがエインセとの契約解消を発表Goal.com 2012年8月11日
  21. ^ エインセ、今季限りでの引退を表明Goal 2014年3月22日
  22. ^ Argentina player profiles
  23. ^ Gabriel HEINZE
  24. ^ Germany 1-1 Argentina
  25. ^ World Cup 2010: Heinze hits home for Argentina
  26. ^ Tras una nueva derrota, echaron a Gabriel Heinze de Godoy Cruz”. La Nación (2015年9月26日). 2017年10月21日閲覧。
  27. ^ Heinze le dijo adiós a Argentinos: "Tomé la decisión de irme, me voy"”. TyC Sports (2017年7月23日). 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]