ロベルト・アジャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロベルト・アジャラ Football pictogram.svg
Roberto Ayala y Javier Zanetti - 07FEB2007 - Francia - presidencia-govar.jpg
名前
本名 ロベルト・ファビアン・アジャラ
Roberto Fabián Ayala
愛称 El Raton (エル・ラトン、鼠)[1]
ラテン文字 Roberto AYALA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1973-04-14) 1973年4月14日(45歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン パラナ
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1994 アルゼンチンの旗 フェロカリル・オエステ 72 (1)
1994-1995 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 40 (0)
1995-1998 イタリアの旗 ナポリ 87 (1)
1998-2000 イタリアの旗 ミラン 24 (0)
2000-2007 スペインの旗 バレンシア 188 (9)
2007-2010 スペインの旗 サラゴサ 72 (4)
2010 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 16 (0)
通算 499 (15)
代表歴
1994-2007 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 115 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・ファビアン・アジャラRoberto Fabián Ayala, 1973年4月14日 - )は、アルゼンチンエントレ・リオス州パラナ出身の元サッカー選手アルゼンチン代表であった。ポジションはディフェンダー(センターバック)。

63試合に渡ってアルゼンチン代表のキャプテンを務めた[2]。3度のFIFAワールドカップに出場し、ハビエル・サネッティに次ぐ同国歴代2位の115試合に出場している。小柄な体躯ながらヘディングとジャンプ力を生かし、セットプレーで強さを発揮した[3]

経歴[編集]

クラブ[編集]

1992年にフェロカリル・オエステからデビューし、3シーズンを過ごした後にCAリーベル・プレートに移籍すると、守備の要として頭角を現した。

イタリア時代[編集]

1995年夏、イタリア・セリエAパルマACはアジャラの保有権を獲得したが、すでにEU圏外選手枠が埋まっていたために、SSCナポリと共同保有という形をとり、1995年から1998年まではSSCナポリでプレーした。1998年夏にはACミランに移籍し、2シーズンを過ごしたが、選手層の厚さから常時出場することはできなかった。

バレンシアCF[編集]

1998年夏、移籍金625万ポンドでリーガ・エスパニョーラバレンシアCFに移籍した。2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出し、決勝ではバイエルン・ミュンヘンにPK戦の末に敗れたが、同大会の最優秀ディフェンダーに選出された。2001-02シーズンはリーガ・エスパニョーラで優勝し、2003-04シーズンにはリーガ・エスパニョーラUEFAカップ優勝を果たした。2004-05シーズンは負傷により多くの試合を欠場し、2004年夏のUEFAスーパーカップFCポルト戦には出場していない。2006年8月、クラブのスポーツディレクターのアメデオ・カルボーニは2007年夏に切れるアジャラとの契約を延長しないことを決めた。

レアル・サラゴサ[編集]

2007年2月7日、アジャラは同じバレンシア州に本拠地を置くビジャレアルCFへシーズン終了後に移籍することを発表したが、7月14日にはビジャレアルとの契約を覆してレアル・サラゴサと3年契約を結んだ。バレンシアからビジャレアルにはフリートランスファーで移籍することになっていたが、契約解除の違約金としてサラゴサからビジャレアルに600万ユーロ(480万ポンド)が支払われた。サラゴサはDFガブリエル・ミリートFCバルセロナに放出しており、ディフェンダーの層の薄さに頭を悩ませていた。2008年5月3日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (1-0) の後半ロスタイムに移籍後初得点となる決勝点を決めた[4][5]。ディフェンス陣の柱として期待され、2007-08シーズンは33試合に先発出場したが、目立った活躍することなくシーズンを終えた。クラブも2度の監督交代をするなど迷走し、18位でセグンダ・ディビシオン(2部)降格。なお、一度もプレーすることなく契約を解除したビジャレアルは過去最高の2位と躍進し、サラゴサと対照的な成績であった。

2008-09シーズンもサラゴサでプレーし、2008年11月22日のSDエイバル戦 (3-0) では73分に移籍後2点目となる得点を、2009年2月29日のレアル・ムルシア戦 (4-1) では移籍後3点目を決めた。1シーズンでのプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に貢献したが、2010年1月23日、クラブとの契約を解除して退団した[6]

ラシン・クラブ[編集]

2010年2月2日、フリートランスファーでラシン・クラブに入団した[7]。12月30日、現役引退を発表した[8]

代表[編集]

1994年11月16日、チリ戦でアルゼンチン代表デビューした。1996年にはアトランタオリンピックに出場し、チームの銀メダル獲得に貢献した。1998年にはフランスで開催されたワールドカップに出場し、チームのベスト8進出に貢献した。2002年には日本と韓国で共催されたワールドカップにキャプテンとして出場するはずであったが、第1戦のナイジェリア戦直前に負傷して1試合にも出場できず、チームはグループリーグで敗退した。

2004年にはアテネオリンピックオーバーエイジ枠のキャプテンとして出場。強固なディフェンス陣をまとめあげ、無失点優勝の最大の功労者となった。2006年にはドイツで開催されたワールドカップに出場し、重要な役割を担ってチームのベスト8進出に貢献した。準々決勝のドイツ戦 (1-1) ではヘディングで先制点を決めたが、PK戦ではイェンス・レーマンに止められ、チームも敗退した。大会後にはオールスターチームに選出された。

2006年5月30日、アンゴラとの親善試合に出場して100試合出場を達成した[9]。2007年2月7日、パリで行われたフランスとの親善試合 (1-0) が通算107試合目となり、ディエゴ・シメオネが持っていた同国代表最多出場試合記録(106試合)を更新した。6月5日、アルジェリアとの親善試合がキャプテン就任後58試合目となり、ディエゴ・マラドーナが持っていたキャプテンとしての最多出場記録を更新した[10]。2007年にはコパ・アメリカにキャプテンとして出場したが、決勝のブラジル戦に完敗して準優勝に終わり、自身はオウンゴールを記録した。大会後、「代表でのサイクルは終わったと思う」と述べて代表からの引退を発表した[11]

タイトル[編集]

代表[編集]

U-23アルゼンチン代表

クラブ[編集]

CAリーベル・プレート
ACミラン
バレンシアCF

個人成績[編集]

クラブでの出場試合数[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯国際大会 通算
シーズンクラブリーグ 出場得点出場得点 出場得点 出場得点 出場得点
アルゼンチン リーグカップ リーグ杯 南米 通算
1991-92 フェロカリル・オエステ プリメーラ 18 0
1992-93 36 0
1993-94 18 1
1993-94 リーベル・プレート プリメーラ 16 0
1994-95 24 0
イタリア リーグイタリア杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
1995-96 ナポリ セリエA 29 0
1996-97 30 1
1997-98 28 0
1998-99 ミラン セリエA 11 0
1999-00 13 0
スペイン リーグ国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2000-01 バレンシア プリメーラ 28 1
2001-02 30 2
2002-03 31 1
2003-04 30 1
2004-05 17 0
2005-06 23 2
2006-07 29 2
2007-08 レアル・サラゴサ プリメーラ 33 1
2008-09 セグンダ 26 3
2009-10 プリメーラ 13 0
通算 アルゼンチン 112 1
イタリア 111 1
スペイン 260 13
総通算 468 15

代表での年別出場試合数[編集]

[12]


アルゼンチン代表国際Aマッチ
出場得点
1994 3 0
1995 14 0
1996 6 0
1997 7 0
1998 13 1
1999 12 1
2000 11 1
2001 8 0
2002 1 0
2003 6 0
2004 10 1
2005 8 2
2006 7 1
2007 9 0
通算 115 7

代表での得点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1974 FIFAワールドカップに出場したルベン・アジャラがこう呼ばれていたことから、ロベルトもルベンの愛称を受け継いだ。なお、両者に直接の関係はない。
  2. ^ “Messi inspires Argentina to 4-3 win over Algeria”. Chinadaily.com.cn. (2007年6月5日). http://www.chinadaily.com.cn./sports/2007-06/06/content_888140.htm 2007年6月6日閲覧。 
  3. ^ 嘆かわしいルックスの面々Number Web、2004年10月28日
  4. ^ “Zaragoza put an end to Ayala saga”. UEFA.com. (2006年7月17日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/news/kind=1/newsid=561931.html?cid=rssfeed&att=index 2007年7月17日閲覧。 
  5. ^ “Ayala será jugador del Real Zaragoza”. レアル・サラゴサ公式サイト. (2007年7月14日). オリジナル2007年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070811122046/http://www.realzaragoza.com/r2z/paginas/noticias.php?id=1796 2007年7月14日閲覧。 
  6. ^ Goal.com アジャラのサラゴサ退団が決定 2010年1月23日
  7. ^ Roberto Ayala llegó a Argentina para incorporarse a Racing Club
  8. ^ 26noticias.com.ar
  9. ^ “Centurion Ayala eyes main prize”. FIFA.com. (2006年6月29日). http://www.fifa.com/worldcup/archive/germany2006/news/newsid=32316.html 2007年6月26日閲覧。 
  10. ^ “Messi inspires Argentina to 4-3 win over Algeria”. China Daily. (2007年6月5日). http://www.chinadaily.com.cn./sports/2007-06/06/content_888140.htm 2007年6月6日閲覧。 
  11. ^ Ayala: "Mi ciclo en la Selección está terminado" Clarin、2007年7月17日
  12. ^ http://www.rsssf.com/miscellaneous/rayala-intl.html
  13. ^ International Matches 1998 Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. Retrieved 2008-03-12.

外部リンク[編集]