ロベルト・ボナーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロベルト・ボナーノ Football pictogram.svg
名前
本名 ロベルト・オスカル・ボナーノ
Roberto Oscar Bonano
愛称 Tito (ティト、空飛ぶ猫)
ラテン文字 Roberto BONANO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1970-01-24) 1970年1月24日(47歳)
出身地 ロサリオ
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1996 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 110 (0)
1996-2001 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 104 (1)
2001-2003 スペインの旗 バルセロナ 51 (0)
2003-2004 スペインの旗 ムルシア 11 (0)
2004-2008 スペインの旗 アラベス 56 (0)
通算 332 (1)
代表歴
1989 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 4 (0)
1996-2000 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・オスカル・ボナーノ(Roberto Oscar Bonano, 1970年1月24日 - )は、アルゼンチンロサリオ出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元のCAロサリオ・セントラルからデビューし、1996年に移籍したCAリーベル・プレートではプリメーラ・ディビシオンで5度、コパ・リベルタドーレスで1度、スーペルコパ・スダメリカーナで1度の優勝を果たした。

2001年夏、31歳にして初の海外挑戦を決意し、スペイン・リーガ・エスパニョーラFCバルセロナに移籍した。すぐにポジションを獲得し、8月26日のセビージャFC戦 (2-1) でデビューしたが、攻撃偏重のプレースタイルへの適応に苦しみ、周囲からの批判にさらされた。下部組織からビクトル・バルデスが台頭すると余剰戦力とみなされ、2003年夏にはレアル・ムルシアへの移籍を余儀なくされた。2004年夏にはセグンダ・ディビシオン(2部)のデポルティーボ・アラベスに移籍し、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に一役買ったが、2005-06シーズンは同郷のフランコ・コンスタンソにポジションを奪われ、シーズン終了後にセグンダ・ディビシオンへの降格が決まった。2007-08シーズンはチームメイトのルイス・カレラスと喧嘩し、クラブの代表でありオーナーであり経営者であるディミトリ・ピテルマンに出場禁止処分を下されるという散々なシーズンだった[1]。シーズン終了後に現役引退した。

代表[編集]

世代別アルゼンチン代表を経て、1996年12月28日のユーゴスラビアとの親善試合 (2-3) でアルゼンチンA代表デビューした。2002年にはFIFAワールドカップに出場するメンバーに選ばれた。正ゴールキーパーを務めていた時期もあり、通算13試合に出場した。

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[2]
チーム 出場 得点
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1996 1 0
1997 0 0
1998 0 0
1999 3 0
2000 9 0
合計 13 0

タイトル[編集]

CAロサリオ・セントラル
CAリーベル・プレート

脚注[編集]

  1. ^ Bonano se planta ante Piterman y le dejan solo (スペイン語)
  2. ^ Bonano, Roberto”. National-Football-Teams.com. 2016年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]