マルセロ・ガジャルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルセロ・ガジャルド Football pictogram.svg
Marcelo Gallardo (cropped).jpg
名前
本名 マルセロ・ダニエル・ガジャルド
Marcelo Daniel Gallardo
愛称 エル・ムニェコ(人形)
ラテン文字 Marcelo Gallardo
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1976-01-18) 1976年1月18日(40歳)
出身地 ブエノスアイレス州の旗 ブエノスアイレス州メルロ
身長 169cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF (OH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999 リーベル・プレート 109 (18)
1999-2003 モナコ 103 (18)
2003-2006 リーベル・プレート 77 (25)
2007 パリ・サンジェルマン 22 (02)
2008 D.C.ユナイテッド 15 (04)
2008-2010 リーベル・プレート 28 (07)
2010-2011 ナシオナル 12 (03)
代表歴
1994-2003 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 44 (14)
監督歴
2011-2012 ナシオナル
2014- リーベル・プレート
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセロ・ダニエル・ガジャルドMarcelo Daniel Gallardo, 1976年1月18日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州メルロ出身の元同国代表サッカー選手MF)。現サッカー指導者。その小柄な身体からエル・ムニェコ(El Muñeco, 人形)の愛称で呼ばれる。

経歴[編集]

ガジャルドは、1992-93シーズンにCAリーベル・プレートでキャリアを始めると1992年から1999年までの間にリーグ戦109試合17得点を記録し、アペルトゥーラで93, 94, 96, 97の4回、クラウスーラで97年に1回優勝を経験し、コパ・リベルタドーレス1996のタイトルを獲得した。

1999年にASモナコに移籍。中盤でリュドヴィク・ジュリとパートナーシップを形成し、最初のシーズンで28試合8得点を決め力を示すと、翌シーズンはリーグ・アントロフェ・デ・シャンピオンの2冠達成に貢献。マルコ・シモーネ, ファビアン・バルテズ, ウィリー・サニョル, マルタン・ジェトゥ, パブロ・コントレラス, ジュリ, フィリップ・クリスタンヴァル, ラファエル・マルケス, サブリ・ラムシ, ダヴィド・トレゼゲ, ヨン・アルネ・リーセといった数多くのビッグネーム達と共にモナコで素晴らしい時を過ごし、また、ガジャルド自身はリーグ・アン年間最優秀選手賞を獲得したことでスター選手の1人として認識された。

しかし、モナコでの3シーズン目2000-01シーズンに新たにディディエ・デシャンが監督に就くと、関係を上手く築けなかったため先発の座から度々落ちるようになり[1]、2002-03シーズン終了後にクリスティアン・パヌッチやシモーネのようにデシャンとの不仲[2][3][4]から退団を余儀なくされた。

モナコで102試合18得点を記録した後、古巣のCAリーベル・プレートに戻り主将として2004Cで優勝した。

2007年1月、移籍金非公開の2年契約でパリ・サンジェルマンFCに加入。1月7日、3-0で勝利したクープ・ドゥ・フランスニーム・オリンピックでデビューし、1月13日のヴァランシエンヌFC戦でリーグ戦初出場をした。PSGで1シーズン過ごした後に契約解除し、アメリカ合衆国MLSに活動の場を移した。

2008年1月29日、D.C.ユナイテッドに初の特別指定選手制度選手にして、クラブ史上最高年俸となる187万ドル[5]で加入。また、これはロサンゼルス・ギャラクシー所属イングランド代表MFデヴィッド・ベッカムの650万ドル保証, シカゴ・ファイアー所属メキシコ代表FWクアウテモク・ブランコの267万ドルに次ぐ、2008年MLS全体で3番目の給料を受け取った[5]。4月5日のトロントFC戦で移籍後初得点を記録。7月17日と19日にスポーツヘルニアの手術のため約1ヶ月戦線離脱した[6]。2009年2月、DCユナイテッドを去り3度目となる古巣のCAリーベル・プレートに復帰した。

2010年、ウルグアイプリメーラ・ディビシオンナシオナル・モンテビデオに入団。2011年6月12日、現役最後の試合となった1-0で勝利したデフェンソール・スポルティングとのチャンピオンシップ・プレーオフでは、66分から途中出場しピッチ上で優勝の歓喜を味わった。

現役引退してから数日後にナシオナル・モンテビデオの新監督として雇われ[7]、2011-12シーズンのリーグ戦のタイトルを獲得してクラブを去っていった。

代表[編集]

1994年のチリ戦でダニエル・パサレラ監督率いるアルゼンチン代表デビューを果たし、マルセロ・ビエルサ監督の下で1998 FIFAワールドカップ2002 FIFAワールドカップに出場。前者では3試合、後者では出番がなかった。

所属クラブ[編集]

指導クラブ[編集]

タイトル[編集]

選手[編集]

クラブ
アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート
モナコの旗 ASモナコ
フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
アメリカ合衆国の旗 D.C.ユナイテッド
ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
個人
代表

指導者[編集]

クラブ
ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート

脚注[編集]

  1. ^ "Et maintenant l'affaire Gallardo"
  2. ^ "Gallardo : partir, revenir ?"
  3. ^ "Deschamps slammed by Gallardo as Lyon close in on title"
  4. ^ "Monaco : Gallardo ou Deschamps"
  5. ^ a b "Gallardo Is United's Highest-Paid Player Ever"
  6. ^ "Sports Hernia Surgery for 2 United Players"
  7. ^ "Gallardo es el técnico"

外部リンク[編集]