グスタボ・サパタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グスタボ・サパタ Football pictogram.svg
名前
本名 グスタボ・ミゲル・サパタ
Gustavo Miguel Zapata
愛称 チャパ
ラテン文字 Gustavo ZAPATA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1967-10-15) 1967年10月15日(50歳)
出身地 サラディージョスペイン語版
身長 175cm
体重 84kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1989 アルゼンチンの旗 テンペルレイ
1989-1993 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 97 (1)
1993-1996 日本の旗 横浜マリノス 95 (3)
1996-2000 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 46 (0)
2000-2001 アルゼンチンの旗 チャカリタ・ジュニアーズ 11 (0)
代表歴
1991-1998 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 35 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グスタボ・ミゲル・サパタ(Gustavo Miguel Zapata, 1967年10月15日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。心理学者の妻との間に一男二女がいる[1]

経歴[編集]

1986年にCAテンペルレイスペイン語版からプロデビュー。1989年にはCAリーベル・プレートに移籍し、キャプテンも務めた。1993年10月にJリーグ横浜マリノスに移籍し、在籍した3年半の間にリーグ通算95試合出場して3得点を挙げ、1995年にはリーグ優勝に貢献した。1997年に母国のCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロに移籍し、2001年はCAチャカリタ・ジュニアーズでプレーして、同年に現役引退した。

アルゼンチン代表としては35試合に出場した。1991年と1993年のコパ・アメリカ優勝に貢献し、1994、1998 FIFAワールドカップ・南米予選にも出場したが、どちらの大会でも本大会出場メンバーには選出されなかった。

現役時代にコーチライセンスを取得し、2002年にCAヌエバ・チカゴスペイン語版のアシスタントコーチに就任してネストル・ゴロシート監督を支えた。その後もCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロCAラヌースCAロサリオ・セントラルCAリーベル・プレートでアシスタントコーチを務め、ゴロシート監督とコンビを組んだ[1]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1989-90 リーベル プリメーラ
1990-91 32 0
1991-92 28 1
1992-93 36 0
1993-94 1 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 横浜M - J 3 0 0 0 3 0 6 0
1994 - 20 2 2 0 4 0 26 2
1995 - 46 1 - 0 0 46 1
1996 - 26 0 11 2 1 0 38 2
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1996-97 サン・ロレンソ プリメーラ 14 0
1997-98 24 0
1998-99 8 0
1999-00
2000-01 チャカリタ プリメーラB 11 0
通算 アルゼンチン プリメーラ
アルゼンチン プリメーラB 11 0
日本 J 95 3 13 2 8 0 116 5
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「南米あの人にいま 第9回」footballista、2011年1月26日号、36頁

外部リンク[編集]