エジムンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はデ・ソウザ、第二姓(父方の姓)はネトです。
エジムンド Football pictogram.svg
Edmundo.jpg
名前
本名 エジムンド・アウヴェス・デ・ソウザ・ネト
Edmundo Alves de Souza Neto
愛称 野獣、アニマウ
ラテン文字 Edmundo
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1971-04-02) 1971年4月2日(50歳)
出身地 ニテロイ
身長 173cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1982-1987 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
1987-1989 ブラジルの旗 ボタフォゴ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1992 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 23 (8)
1992-1995 ブラジルの旗 パルメイラス 180 (74)
1995 ブラジルの旗 フラメンゴ 14 (2)
1996 ブラジルの旗 コリンチャンス 0 (0)
1996-1997 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 44 (38)
1997-1999 イタリアの旗 フィオレンティーナ 37 (12)
1999-2000 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 16 (13)
2000 ブラジルの旗 サントス 20 (13)
2001 イタリアの旗 ナポリ 17 (4)
2001 ブラジルの旗 クルゼイロ 12 (3)
2001-2002 日本の旗 東京ヴェルディ 31 (18)
2003 日本の旗 浦和レッズ 0 (0)
2003-2004 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 20 (7)
2004 ブラジルの旗 フルミネンセ 19 (7)
2005 ブラジルの旗 ノヴァ・イグアス 2 (1)
2005 ブラジルの旗 フィゲイレンセ 31 (15)
2006-2007 ブラジルの旗 パルメイラス 49 (14)
2008 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 26 (13)
代表歴
1992-2000 ブラジルの旗 ブラジル 39 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エジムンド・アウヴェス・デ・ソウザ・ネト(Edmundo Alves de Souza Neto, 1971年4月2日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ州ニテロイ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。登録名はエジムンド (Edmundo) 。

クラブ経歴[編集]

デビューからセリエAでの活躍[編集]

1992年、CRヴァスコ・ダ・ガマのユースの試合で中央から4人抜きゴールを決め、数日後Aチームとの練習で監督に認められ、わずか16歳でユースから昇格した。

翌年パルメイラスが獲得、1993年5月22日のフェロヴィアーリア戦の中継で、ゴールを決めた際にあるサッカー解説者がアニマル(野獣)と名付け[1]、以後あだ名として定着した[2]。またラフプレーも多く、レッドカードも少なくなかったため、問題児としても有名になった。1993年、1994年はリンコン、エジウソンエバイールらと攻撃陣を形成し、2年連続でブラジル選手権優勝に貢献した。しかし、チームメイトの間柄は良好とは言えず、1994年の末にフラメンゴに売却された。

フラメンゴでのロマーリオとコンビはバットボーイズと異名を取ったが[3]、しかしチームはうまく機能しなかった。 1997年のブラジル選手権ではサン・ジョアン戦で一人で6ゴールを決めるなど、チームを優勝に導き、自身もその年の得点王に輝くと共にレイナウドの最多得点記録を20年ぶりに更新する活躍を見せた[4]

1997-98シーズン途中、セリエAフィオレンティーナに移籍、3月29日のSSCナポリ戦でセリエA初ゴールを決めた。1998-99シーズン、ルイ・コスタバティストゥータらと並んで攻撃陣の一角を占めて、第4節ウディネーゼ戦では試合終了直前に決勝ゴールを決めるなど、一時はチームを首位に立たせる活躍をしていたが(最終成績は3位)、終盤で得点源のバティストゥータが故障離脱して危機的な状況の際、「リオのカーニバルに参加するため」ブラジルへ帰国した[5]。元々契約にはカーニバル休暇の条項があったとはいえ、正念場での離脱行為は多くのサポーターやチームメートからの信頼を失った[6]、」またここでも数々の問題を起こし[4]、ヴァスコ・ダ・ガマへ復帰。

2000年に開催された第1回FIFAクラブワールドカップ決勝、コリンチャンス戦ではPK戦で自身がPKを失敗し、優勝を逃したが[7]マンチェスター・ユナイテッド戦ではロマーリオの先制点をアシスト、さらに巧みなコントロールでDFをかわしゴールを決め、チームを勝利に導くなどの活躍でシルバーボールアワードを獲得した。その後レンタルでサントスや、ナポリでもプレーした[8]

Jリーグでの活躍[編集]

2001年、クルゼイロからリリースされ[9]、J2降格の危機に立たされていた東京ヴェルディ1969へフリートランスファーで急遽入団[9]。Jリーグデビューとなったセカンドステージ10月31日、11節のセレッソ大阪戦でいきなりゴールを決める[10]東京ヴェルディ1969はエジムンドの加入後、3勝1敗1分けの成績で14位に滑り込み、チームのJ1残留に大きく貢献した[11]

2002年は怪我を口実にプレシーズンのキャンプに参加せず、リオのカーニバルに参加した影響で[9]、第5節からの登場となったが、ストライカーとしてだけではなくゲームメーカーとしても多くのチャンスを演出した[2]。7節の浦和レッズ戦で2002年初ゴールを決め、10節FC東京戦では決勝点を含む2ゴール、セカンドステージ2節のヴィッセル神戸戦で決勝点を含め2ゴール、6節の名古屋グランパス戦では決勝ゴールを、最終節のベガルタ仙台戦でも2ゴールを決めるなど、合計16点を決め、5月12日のJリーグカップではヴィッセル神戸戦ではハットトリックを決める活躍をしたが[12]、高額な年俸(約2億円)がネックとなり退団した[13]。またこの年、JOMOオールスターサッカーに出場した[14]

2003年に移籍した浦和では、ハンス・オフト監督がエジムンドを核としたチーム構想を抱いていたが[15]、練習方法への不満、意見の相違から退団した[2]。出場はJリーグカップ予選2試合だけということになった。

ブラジルへの復帰[編集]

フルミネンセでは再びロマーリオと2トップを組み、話題になった。長期の負傷から復帰したばかりの2005年にノヴァ・イグアスへ移籍するが、1カ月足らずで退団。直後に加入したフィゲイレンセでエースとして活躍。2006年には古巣であるパルメイラスに移籍し、2008年からはキャリアをスタートさせたヴァスコ・ダ・ガマに復帰し、現役を引退した[16]

代表歴[編集]

1992年から2000年にかけて39試合でプレーし、10得点を記録[17] 。3度のコパアメリカとフランスワールドカップに出場、フランスワールドカップでは2試合に出場[18]、この時の決勝、フランス戦では体調不良のロナウドの代わりに先発出場することとなっていたが、試合直前にロナウドが先発することとなった[19]。1997年のコパアメリカでは優勝も経験、1995年のアンブロカップや1997年フランスプレワールドカップでもプレーしたが、不運にも同時期にロマーリオ、ベベット、ロナウドがいたため、途中出場やベンチが多く、レギュラーを掴めなかった[16]

引退後[編集]

現役引退後はFOXスポーツなどの解説者を務めている。2016年11月には、同月30日にコロンビアメデジンで開催される予定であったコパ・スダメリカーナ2016決勝1stレグの解説のため、シャペコエンセの遠征メンバーと同じチャーター便に搭乗する予定であったが、直前にキャンセルとなったため、ラミア航空2933便墜落事故の遭遇を免れた。なお、元ブラジル代表のマリオ・セルジオ・ポンテス・デ・パイバ英語版が、エジムンドの代わりにシャペコエンセの遠征に同行し、墜落事故に遭遇して命を落としている[20]

人物[編集]

  • ヴェルディ時代のエピソードとして、試合前集中するためにどうしても一人になりたいとホーム、アウェイに関わらず一人になれる部屋を準備させていた[21]
  • 2002年の最終戦対ベガルタ仙台戦の試合前、ヴェルディの全選手が集まり、母国ブラジルで射殺されたエジムンドの弟の冥福を祈った。その試合で2得点を挙げ、さらに永井秀樹へのアシストを記録した[22]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1992 ヴァスコ・ダ・ガマ 24 8
1993 パルメイラス 19 11
1994 21 10
1995 フラメンゴ 13 2
1996 コリンチャンス 11 4
1996 ヴァスコ・ダ・ガマ 16 9
1997 26 29
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1997-98 フィオレンティーナ 29 セリエA 9 4
1998-99 11 28 8
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1999 ヴァスコ・ダ・ガマ 26 16
2000 サントス 21 12
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2000-01 ナポリ 97 セリエA 17 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2001 クルゼイロ 12 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 東京V 36 J1 5 2 - 3 2 8 4
2002 7 26 16 6 5 0 0 32 21
2003 浦和 0 0 2 0 - 2 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2003 ヴァスコ・ダ・ガマ 20 7
2004 フルミネンセ 19 7
2005 ノヴァ・イグアス 2 1
2005 フィゲイレンセ 31 15
2006 パルメイラス 29 10
2007 20 4
2008 ヴァスコ・ダ・ガマ 3 3 7 6
通算 ブラジル
イタリア セリエA 54 16
日本 J1 31 18 8 5 3 2 42 25
総通算

タイトル[編集]

選手時代[編集]

CRヴァスコ・ダ・ガマ
SEパルメイラス
ブラジル代表
個人

脚注[編集]

  1. ^ “暴言吐いて殴る蹴る。伝説のトラブル王エジムンドが日本に来るまで”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/08/14/post_47/index.php 2020年8月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 東京ヴェルディ、歴代最強外国籍選手5人。ビスマルクにエジムンド…伝説的ブラジル人の系譜”. /www.footballchannel. 2020年4月23日閲覧。
  3. ^ “暴言吐いて殴る蹴る。伝説のトラブル王エジムンドが日本に来るまで ページ2”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/08/14/post_47/index_2.php 2020年8月14日閲覧。 
  4. ^ a b “暴言吐いて殴る蹴る。伝説のトラブル王エジムンドが日本に来るまで ページ3”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/08/14/post_47/index_3.php 2020年8月14日閲覧。 
  5. ^ 世界有数の問題児、エジムンド。日本でも活躍したお騒がせFWのクラブ愛-WebSportiva
  6. ^ Bad boy Edmundo joins Santos”. ESPN FC (2000年8月1日). 2015年10月24日閲覧。
  7. ^ 世界有数の問題児、エジムンド。日本でも活躍したお騒がせFWのクラブ愛-WebSportiva3
  8. ^ Edmundo esce, l' Udinese colpisce” (Italian). La Gazzetta dello Sport (2001年1月22日). 2015年10月24日閲覧。
  9. ^ a b c 降格危機ヴェルディを5戦で救った 野獣エジムンド逸話と技術の凄味”. number.bunshun.jp. 4 June 2020閲覧。
  10. ^ “エジムンド”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=6779 2020年4月17日閲覧。 
  11. ^ 救世主列伝のなかでも極めつけはエジムンド - SOCCER DIGEST WEB 2014年9月28日
  12. ^ Jリーグカップ ハットトリック一覧”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  13. ^ さらばエジムンド 君の事は忘れない! - A View from a Brit
  14. ^ “2002JOMOオールスターサッカー”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=6298 2020年5月3日閲覧。 
  15. ^ 浦和レッズ、歴代ガッカリ外国籍選手5人。エジムンド、イリッチ…秘密兵器のまま終わった助っ人たち”. www.footballchannel.jp. 2020年5月12日閲覧。
  16. ^ a b Happy B day to You” (2011年3月27日). 2015年10月24日閲覧。
  17. ^ エジムンド - National-Football-Teams.com
  18. ^ World: Americas Soccer star Edmundo jailed”. BBC News (1999年3月6日). 2015年10月24日閲覧。
  19. ^ “野獣エジムンドが日本を去った真相”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/08/14/post_48/index_2.php 2020年8月14日閲覧。 
  20. ^ “エジムンド氏、解説予定も急きょ変更で搭乗せず”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年12月1日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1745613.html 2016年12月1日閲覧。 
  21. ^ 日本人初!プロのホペイロになった松浦紀典が語る物への矜持 Vol.4 エジムンドとの衝撃的なエピソードとホペイロのお告げ -KING GEAR 2017年7月17日
  22. ^ さらばエジムンド 君の事は忘れない! - A View from a Brit

関連項目[編集]

外部リンク[編集]