男組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

男組』(おとこぐみ)は原作・雁屋哲、作画・池上遼一による漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)において1974年から1979年まで連載された(1977年に休載期間あり)。休載期間後は若干、画のタッチが変わっている。後に劇場映画化されている。

概要[編集]

戦後30年頃の日本を舞台に、己の信念を賭けて闘う男達を描いた少年漫画

高校生ながら、強大な権力を使い悪の限りを尽くす神竜剛次と、その勢力を倒すために立ち上がった父親殺しの罪を持つ男・流全次郎の対決を中心に、戦争とも言える大掛かりな抗争劇が繰り広げられる。また「男の生き様とは」をテーマに読者に強いメッセージを投げかけている場面も見られる。

1970年代の日本では漫画界においても空手カンフーなどの格闘技ブームがあり、本作はそのなかでも中国武術を本格的に取り上げた作品として評価されている。後のさまざまな学園漫画に影響を与えた。

アメフトと実在する中国武術をアクションに多く取り入れており、中国武術の一部は松田隆智に取材したものである。

漫画最終話では「ワルシャワ労働歌」が引用されている。

連載終了して30年近く経過した『週刊少年サンデー』(2008年16号〈4月2日号〉)では、「週刊少年サンデー創刊50周年記念」として、作者である池上遼一が『男組』のセルフパロディを『回想録 熱闘 男組』と題し、「これが男の生き様だ!! 今、明らかになる大人気劇画の舞台裏!!」のコピーを掲げ、劇中では主人公・流全次郎と好敵手である神竜剛次との死闘の形式で「手錠の鎖の数が毎回違う」・「構えがブルース・リーそっくり」などのネタに対し、神竜がツッコミながら流とバトルを繰り広げる展開が描かれている。

あらすじ[編集]

関東にある私立青雲学園は、神竜剛次という生徒によって無法地帯と化し惨憺たる状況下にあった。この現状に耐えかねた校長は、関東少年刑務所から一人の囚人を特待生として招き入れ、神竜を打ち倒すよう要求する。父親殺しの罪状を持つ男・流全次郎は、これに承諾するものの、神竜の圧倒的に強大な勢力に打ち勝つためには青雲学園の生徒一人一人が戦う気持ちを持たなければならないことを生徒たちに諭す。また、流も少年刑務所内の仲間「五家宝連」の力を借りて、様々な作戦を図り正義のために戦い続ける。物語はやがて、二人の対決に止まらず、「影の総理」と呼ばれる日本社会に潜む大きな闇に迫ることになっていく。

登場人物[編集]

流一派[編集]

流全次郎(ながれ ぜんじろう)
主人公。父親殺しの罪状で関東少年刑務所に収監される。陳家太極拳の使い手。権力に踏み潰された者たちへの誓いとして、己に掛けられた手錠を外さないまま強敵と戦う(手錠の鎖の長さはシーンによって一定していない)。軍艦島から脱出する際に失明した。しかし後に岩瀬の死に伴い視力を取り戻す。人間はいつか平等で平和な、支配・被支配の関係のない社会を作ることができるという理想を持つ。
戦いの中で人間の弱さ、醜さ、悲しさを味わいつくしながらも理想を捨てずに戦い続け、宿敵である神竜剛次との戦いに勝利した後、心からの和解を遂げて、神竜の母の遺品である懐剣を受け取り、その信頼に命がけで応えようと生還を望めない最後の戦いへ赴くことになる。

五家宝連[編集]

五家宝連(ごかぼうれん)とは流を兄貴と慕う五人の部下。元々、流が関東少年刑務所へ収監される前、それぞれが各舎のボスとして名を馳せていた。皆、血の繋がりは無いが、家族以上に絆は強い。

伊庭彦造(いば ひこぞう)
五家宝連の一人。IQ180の元天才詐欺師。流一派の軍師として活躍する。識見豊かで軍事戦略にも長けた英才。
岩瀬大介(いわせ だいすけ)
五家宝連の一人。格闘の名人。超タフ。
大杉五郎(おおすぎ ごろう)
五家宝連の一人。窃盗学、情報収集の大家で、標的の屋敷の警備能力を麻痺させるために毒をも使いこなすほどの忍者じみた技能の持ち主。
高柳秀次郎(たかやなぎ ひでじろう)
五家宝連の一人。古今東西の様々な武技に長けた武術の達人。性格は冷静かつ勇猛。当初はいかつい風貌だったが後半になるにつれイケメンにタッチが変わっている。
長浜昇一(ながはま しょういち)
五家宝連の一人。虫や動物と意思の疎通を図ることができる動物使い。少刑最年少。

その他[編集]

山際涼子(やまぎわ りょうこ)
本作のヒロインで青雲学園の生徒。神竜剛次の許婚だが、神竜のやり方を快く思っておらず、流たちに味方する。神竜に短刀で深手を負わせ、後に桜魔子に刺殺される。
流統太郎(ながれ とうたろう)
全次郎の父親。弁護士。
陳泰明(ちん たいめい)
全次郎の武術の師匠。統太郎とは親友。
南条五郎(なんじょう ごろう)
統太郎の親友。軍艦島にて流と出会う。陳家太極拳と八極拳の使い手。

神竜組[編集]

神竜剛次(じんりゅう ごうじ)
流のライバルで青雲学園の生徒。「大衆は豚だ」という信念から、優秀で高貴な人間が支配し、世間に腐敗と堕落をもたらすような下劣な大衆は暴力と秩序で縛りつけるという選民主義体制を打ち立てるべく、「神竜組」を組織し、威圧と暴力の限りを尽くす。理想を実現するために暴力を行使するという開発独裁志向主義者であり、私利私欲のために暴力を必要としている訳ではない。性格はまさに自分に厳しく他人にも厳しいという厳正な武人型。幼少期から剣の腕を磨き続けた達人で流とは何度も対決する。
流の常人離れした力量に比してその人間性の甘さに苛立ちを感じていたが、どれほどの辛酸をなめても弱音を吐かずに立ち上がる不屈振りと盲目となっても戦い続ける強さに次第に畏怖の念を抱き、最後の戦いで自分の過去の秘密と実の父親”影の総理”への深い憎悪を明らかにし、致命傷を負う形で敗れると、母の形見の懐剣を流に託して息絶えた。
大田原源蔵(おおたわら げんぞう)
元「神竜組」四天王の一人。木崎秀男、田丸栄吉、熊沢重吾と共に神竜の配下であったが、流の体を張った説得により改心し、五家宝連と共に闘う。神竜の手下に丸太で腹部を強打され、仮死状態になるが豪雨と雷鳴により息を吹き返す。酒豪で大の甘党。相撲部の超巨漢。堀田英盛に体を張って共闘を依頼する。
朽木威作(くちき いさく)
朽木組四代目。関東少年刑務所の脱獄囚だが、刑務所に入れられる前に脱走したため、刑務所時代に流との面識はない。神竜の右腕。影の総理によって拘束、連行された屋敷で神竜共々抹殺されそうになり、脱出を図るも防弾仕様の車に乗り込む直前に撃たれ、自分を助けようとした神竜の身も危ないと見て取ると、自らを犠牲にして神竜を逃がし、傘下の精鋭部隊の壊滅を見届けた所で狙撃を受けて逝く。

影の総理[編集]

影の総理
本名不明。戦時中に大日本帝国の命により満州国アヘンの栽培をしていたが、満州国崩壊のどさくさに紛れてアヘンを全て金塊に換えて日本に持ち帰り、その資金力を使って戦後の日本を影から支配する黒幕となった。常に黒い半袖のシャツを着用し、筋骨隆々とした体躯で顔、全身に凄まじい傷がある。趣味の釣りで釣り上げた巨大なマグロを一撃でとどめを刺す強靭な力と、自分に襲い掛かる流を瞬時に昏倒させるほど卓越した武技の持ち主である。
神竜剛次の実父であり、当初は神竜家に養子に出した剛次の行動をバックアップしていたが、未成年ながら大人顔負けの指導力を発揮した息子・剛次の余りの優秀さに恐れを抱き、若隠居を命ずる。それを受け入れずに神竜が反逆・逃走したため、拳法使いの暗殺者や国家公安機動部隊のみならず傭兵部隊をも動員してその命を狙い始め、以降は流、神竜、影の総理の三つ巴の戦いとなる。選ばれた優秀な者のみによる社会を作ろうという神竜剛次の理想を否定し、大衆を馬鹿なまま放し飼いにして権力のいいなりにさせている現在の体制を全肯定する。本作における最大の敵役だが、最後まで倒されることはなかった。

その他勢力[編集]

堀田英盛(ほった ひでもり)
関東番長連合の総長。
倉本信二(くらもと しんじ)
乞食横町を治める通称「乞食番長」。
大館要造(おおだて ようぞう)
北海番長連合の総長。

映画[編集]

男組[編集]

1975年9月20日公開。配給は東映。DVDが2012年5月21日発売。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

男組 少年刑務所[編集]

1976年9月15日公開。配給は東映。DVDが2010年2月21日発売。

スタッフ[編集]

  • 製作:東映東京撮影所
  • 監督:岡本明久
  • 原作:雁屋哲、池上遼一
  • 脚本:中島信昭、雁屋哲
  • 企画:安斉昭夫
  • 音楽:鏑木創
    • 主題歌「男組夜明けのバラード」
    • 作詞:雁屋哲
    • 作曲:戸塚省介
    • 編曲:あかのたちお
    • 歌:塩見大治郎
  • 撮影:中島芳男
  • 照明:川崎保之丞
  • 美術:藤田博
  • 録音:内田陽造
  • 編集:田中修
  • 助監督:森光三
  • 記録:山内康代
  • 擬斗:日尾孝司
  • スチール:遠藤努
  • 進行主任:松本可則
  • 装置:安沢重治
  • 装飾:田島俊英
  • 美粧:入江荘二
  • 美容:宮島孝子
  • 衣裳:福崎精吾
  • 演技事務:山田光男
  • 現像:東映化学

キャスト[編集]

同時上映[編集]

爆発!750CC(ナナハン)族

太陽の恋人 アグネス・ラム

男組(リメイク版)[編集]

1998年12月、オリジナルビデオ作品として公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

コミックス[編集]

  • 小学館 少年サンデーコミックス(25巻)
  • コンビニのリミックスコミックス
  • コンビニのリミックスコミックス(ワイド版)

外部リンク[編集]