神佑輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
じんゆうすけ
神佑輔
別名義 神有介
生年月日 (1953-04-06) 1953年4月6日(65歳)
国籍 日本
身長 170
職業 俳優演出家脚本家
主な作品
NHK銀河テレビ小説「青春」(主役)「春の城」(主役)

神 佑輔(じん ゆうすけ、1953年4月6日 - )は、日本の演出家脚本家俳優である。プロダクション「ゼロ・カンパニー」代表。劇団劇團アドレナリン21主宰。俳優としては神 有介名義で活動。未確認生物研究会副会長で、ツチノコハンターとしても知られる。

略歴・人物[編集]

  • 1972年 日本大学芸術学部演劇学科入学。
  • 1972年 日本大学芸術学部演劇学科中退。
  • 1981年 再度の演技修行のため、1年間充電。
  • 1982年 主演・脚本・監督で映画「レッド・ゾーン」を製作。
  • 1984年 日本初の月刊パチンコ情報誌を販売(半年で廃刊)。
  • 1985年 ラジオ番組の製作及び演出を2年間つとめる。
  • 1988年 製作会社にて市販ビデオの企画・演出・制作に従事。
  • 1990年 俳優の養成所を設立。
  • 1995年 劇団「ゼロ・カンパニー」を設立。
  • 1999年 「現代ぷろだくしょん」に籍を置き、舞台演出・映像製作に従事する傍ら、俳優の養成を行う。
  • 2003年 俳優養成に専念するため「現代ぷろだくしょん」を退社。
  • 2007年 「ゼロ・カンパニー」において、マネージメントにも力を注ぐようになる。
  • 2009年 劇団としての「ゼロ・カンパニー」を解散、以後「ゼロ・カンパニー」はマネージメントプロダクションとして活動。劇団員を持たない劇団「劇團アドレナリン21」を設立。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

プロデュース作品[編集]

映画[編集]

主な脚本・演出[編集]

映画[編集]

  • 「レッドゾーン」(1983年)(主演・脚本・監督)

舞台[編集]

参考[編集]