フェルナンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はルシオ第二姓(父方の)はダ・コスタです。
フェルナンドン Football pictogram.svg
Fernandão e Lula.jpg
名前
本名 フェルナンド・ルシオ・ダ・コスタ
Fernando Lúcio da Costa
ラテン文字 FERNANDÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1978年3月18日
出身地 ゴイアニア
没年月日 (2014-06-07) 2014年6月7日(36歳没)
身長 190cm
体重 85kg
選手情報
ポジション FW
背番号 15
代表歴
2005 ブラジルの旗 ブラジル 1 (0)
監督歴
チーム
2012 ブラジルの旗 インテルナシオナル
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フェルナンドン (Fernandão) こと、フェルナンド・ルシオ・ダ・コスタ(Fernando Lúcio da Costa, 1978年3月18日 - 2014年6月7日[1])は、ブラジルゴイアス州ゴイアニア出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

登録名の「フェルナンドン」は190cmの長身を持つことから。「大きなフェルナンド」を意味する。

経歴[編集]

ゴイアス州ゴイアニアにあるゴイアスECでキャリアをスタートさせ、2001年にオリンピック・マルセイユに移籍した。4年間フランスでプレーした後に2004年にSCインテルナシオナルに移籍した。2005年にはブラジル代表に初選出され、グアテマラ代表との試合で初キャップを踏みフレッジへのアシストを決めた。

2006年にはコパ・リベルタドーレスで勝ち進み、決勝のサンパウロFCとの試合でも1ゴール、1アシストを決める活躍をしチームを優勝へ導いた。自身もこの試合のマンオブザマッチに選ばれた。同年12月に行われたFIFAクラブワールドカップ2006に南米大陸王者として出場し、主将としてチームを優勝へ導いた。

2011年、現役引退。2012年7月から古巣インテルナシオナルの監督に就任。同年11月20日、解任された[2]

死去[編集]

2014年、現地時間6月7日午前、フェルナンドンの所有する農場から飛び立ったヘリコプターが、離陸後まもなくブラジル・ゴイアス州の州都アルアーニャで墜落する事故を起こした。病院に運ばれたが間に合わず、乗り合わせた残りの4名の死亡も確認されたという[3]。36歳没。

所属クラブ[編集]

フランスの旗 トゥールーズFC (loan) 2003-2004

指導歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]