リカルド・ガレカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガレカ第二姓(母方の)はナルディです。
リカルド・ガレカ Football pictogram.svg
Ricardo Gareca ECUADOR VS PERU RUSIA 2018 (36881308142) cropped.jpg
名前
本名 リカルド・アルベルト・ガレカ・ナルディ
Ricardo Alberto Gareca Nardi
愛称 El Tigre (エル・ティグレ、虎)
ラテン文字 Ricardo GARECA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1958-02-10) 1958年2月10日(60歳)
出身地 タピアレススペイン語版
身長 186cm
選手情報
ポジション FW
ユース
アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1984 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 130 (64)
1981 アルゼンチンの旗 サルミエント (loan) 33 (13)
1985 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 12 (4)
1985-1988 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ 53 (31)
1988-1992 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 118 (24)
1993-1994 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 41 (11)
代表歴
1981-1986 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 20 (5)
監督歴
1996-1997 アルゼンチンの旗 タジェレス
1997 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
1997-2000 アルゼンチンの旗 タジェレス
2000 アルゼンチンの旗 コロン
2001 アルゼンチンの旗 キルメス
2002 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス
2003 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ
2005 コロンビアの旗 サンタフェ
2006 アルゼンチンの旗 キルメス
2006 アルゼンチンの旗 タジェレス
2007-2008 ペルーの旗 ウニベルシタリオ
2008-2013 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド
2013-2014 ブラジルの旗 パルメイラス
2015- ペルーの旗 ペルー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リカルド・アルベルト・ガレカ・ナルディ(Ricardo Alberto Gareca' Nardi, 1958年2月10日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州タピアレス出身のサッカー選手、現サッカー指導者。アルゼンチン代表であった。現役時代のポジションはフォワード

現役時代はボカ・ジュニアーズCAリーベル・プレートCAベレス・サルスフィエルドCAインデペンディエンテなどアルゼンチンの主要クラブに在籍し、コロンビアのアメリカ・デ・カリでは2度のリーグ優勝と3度のコパ・リベルタドーレス準優勝を経験した。現役引退後は指導者の道に進み、ペルーのウニベルシタリオ・デポルテスを1度のリーグ優勝、ベレス・サルスフィエルドを2度のリーグ優勝、2015年から率いるペルー代表を36年振りのワールドカップ出場に導いた。

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

1978年にボカ・ジュニアーズからデビューしたが、3年間で16試合にしか出場できず、1981年にCAサルミエントスペイン語版レンタル移籍した。ボカ・ジュニアーズに復帰してからはディエゴ・マラドーナと一緒にプレーし、8得点を挙げた。1985年、オスカル・ルジェリとともに永遠のライバルであるCAリーベル・プレートに移籍した。ルジェリと対照的にガレカはCAリーベル・プレートで成功できず、1985年にフトボル・プロフェシオナル・コロンビアーノアメリカ・デ・カリに移籍すると、1985年と1986年にリーグタイトルを獲得した。1985年と1986年と1987年には3年連続でコパ・リベルタドーレス決勝に進出したが、いずれの大会も準優勝に終わった。1989年にアルゼンチンに復帰し、CAベレス・サルスフィエルドに加入して1992年までプレーした。1993年にはCAインデペンディエンテに移籍し、数年間プレーした後に現役引退した。

代表[編集]

1981年、ポーランドとの親善試合でアルゼンチン代表デビューした。通算20試合に出場して5得点した[1]

指導者経歴[編集]

1996年にCAタジェレスの監督に就任して指導者としての道を歩み始めた。1997年にはタジェレス監督を退任してCAインデペンディエンテ監督に就任したが、結果はついてこず、同年末にはタジェレスの監督に復帰した。1997-98シーズンにはタジェレスをプリメーラB・ナシオナル(2部)優勝に導き、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。1999年にはコパCONMEBOLで優勝し、クラブにはじめて主要タイトルをもたらした。ブエノスアイレスサンタフェ以外に本拠地を置くアルゼンチンのクラブが国外大会で優勝するのは史上初めてのことであった。2000年にはCAコロンの監督に就任したが、すぐにタジェレス監督に復帰した。2002年にはプリメーラB・ナシオナルのキルメスAC監督に就任し、2003年にはAAアルヘンティノス・ジュニアーズ監督に就任した。プリメーラ・ディビシオン昇格プレーオフでキルメスACに敗れたが、アルヘンティノスを昇格間際まで押し上げた。2004年には選手時代にチームメイトであったガレカに誘われ、スペインのエルチェCFのアシスタントコーチに就任した。

2005年には古巣アメリカ・デ・カリを率い、2006年にはインデペンディエンテ・サンタフェを指揮した。同年には4度目のタジェレス監督に就任したが、チームはプリメーラB・ナシオナルでもがき続けた。2007年10月にはペルーのウニベルシタリオ・デポルテス監督に就任し、2008年7月にはアペルトゥーラのタイトルを獲得した。2009年にアルゼンチンに復帰し、選手時代の古巣CAベレス・サルスフィエルド監督に就任した。就任直後の2009クラウスーラでは19戦で11勝7分1敗の好成績を収め、CAウラカンCAラヌースを抑えてリーグ優勝を果たした。2009アペルトゥーラでは5位、2010クラウスーラでは9位と安定した成績を残し、2010アペルトゥーラでは13勝4分2敗で勝ち点43を稼いでエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタに次ぐ2位に入った。2010アペルトゥーラでは12勝3分4敗で2度目のリーグ優勝を果たした。

タイトル[編集]

選手[編集]

アメリカ・デ・カリ
インデペンディエンテ

指導者[編集]

タジェレス
ウニベルシタリオ
ベレス・サルスフィエルド

個人成績[編集]

指導者としての記録[編集]

2012年5月2日時点
クラブ 就任 退任 記録
試合数 勝率
ウニベルシタリオ 2007年9月29日 2008年12月14日 64 28 21 15 43.75
ベレス・サルスフィエルド 2008年12月15日 2013年12月 168 91 41 36 54.17
通算 232 119 62 51 51.29

脚注[編集]

外部リンク[編集]