サルバドール・カバニャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカバニャス第二姓(母方の)はオルテガです。(Template:スペイン語圏の姓名
サルバドール・カバニャス Football pictogram.svg
Salvador Cabañas.png
名前
本名 サルバドール・カバニャス・オルテガ
Salvador Cabañas Ortega
ラテン文字 Salvador Cabañas
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
生年月日 (1980-08-05) 1980年8月5日(41歳)
出身地 アスンシオン
身長 173cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
2004-2009 パラグアイの旗 パラグアイ 44 (10)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サルバドール・カバニャス・オルテガ(Salvador Cabañas Ortega, 1980年8月5日)は、パラグアイアスンシオン出身の元サッカー選手。元パラグアイ代表である。現役時代のポジションはFW

来歴[編集]

2003年にチリのアウダックス・イタリアーノからメキシコのチアパスFCに移籍した。2003前期リーグでは18試合に出場して5得点だったが、2004後期リーグでは15得点を挙げた。その後も8得点、8得点、9得点と安定した成績を残した。2006後期リーグでは14得点を挙げ、得点王に輝いた。

2006年、クラブ・アメリカに移籍した。2007年のコパ・リベルタドーレスでは10得点で得点王を獲得するなど、2007年には計33得点を挙げた。パラグアイ最優秀選手賞、南米年間最優秀選手にも輝いた。2008年のコパ・リベルタドーレスでは8得点を挙げ、2度目の得点王に輝いた。2009年1月18日のサントス・ラグーナ戦の2得点で、メキシコ・リーグ通算100得点を達成した。

2010年1月25日、夫人とともにメキシコシティのレストランバーに訪れたカバニャスは、トイレ内で額に22口径の銃弾を浴びた[1][2]。犯人がカバニャスと口論になり、カバニャスが「撃てるものなら撃ってみろ」と挑発したという従業員の証言もあるが[1]、何かを目的とした急襲の可能性もあるという[3]。危険な状態が続いたが、28日には夫人の手を握り返し、30日には言葉を話し、31日には食事をとれるまで回復した。2010年3月19日にはリハビリのためにアルゼンチンを訪れた[1]。2011年2月には母国のクラブ・リベルタで練習を再開し[4]、2011年8月10日には、メキシコシティのエスタディオ・アステカで行われたクラブ・アメリカ対パラグアイ代表の親善試合に出場した[5]。カバニャスはこの試合の前半はクラブ・アメリカの選手として、後半はパラグアイ代表の選手としてプレーした[6]。2011年10月にはパラグアイ代表の練習に参加するなどしてモチベーションを維持し[4]、2012年1月には、医師から現役復帰の許可を受けて古巣のドセ・デ・オクトゥブレと1年契約を交わした[7][4]

所属クラブ[編集]

パラグアイの旗 クラブ・グアラニ 1999 (loan)

タイトル[編集]

  • アウダックス・イタリアーノ
プリメーラ・ディビシオン得点王 アペルトゥーラ2003
  • チアパスFC
メキシコ・リーグ得点王 クラウスーラ2006
  • クラブ・アメリカ
コパ・リベルタドーレス得点王 2007, 2008
パラグアイ最優秀選手賞 2007
南米年間最優秀選手 2007

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

2010年7月3日時点[8]
日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2005年3月27日 エクアドルの旗 キト  エクアドル 2–0 2–5 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
2. 2007年6月28日 ベネズエラの旗 マラカイボ  コロンビア 4–0 5–0 コパ・アメリカ2007
3. 5–0
4. 2007年7月2日 ベネズエラの旗 バリナス  アメリカ合衆国 3–1 3–1
5. 2007年11月21日 チリの旗 サンティアゴ  チリ 1–0 3–0 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
6. 2008年6月15日 パラグアイの旗 アスンシオン  ブラジル 2–0 2–0
7. 2008年10月11日 コロンビアの旗 ボゴタ  コロンビア 1–0 1–0
8. 2009年6月10日 ブラジルの旗 レシフェ  ブラジル 1–0 1–2
9. 2009年9月5日 ボリビアの旗 アスンシオン  ボリビア 1–0 1–0
10. 2009年10月10日 ベネズエラの旗 プエルト・オルダス  ベネズエラ 1–0 2–1

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c footballista、ソルメディア、2010年4月7日号
  2. ^ パラグアイ代表カバニャス、銃撃され重傷”. ロイター (2010年1月25日). 2010年1月26日閲覧。
  3. ^ サッカー・パラグアイ代表サルバドール・カバニャス選手頭を撃たれて重体livedoorスポーツ、2010年1月26日
  4. ^ a b c 「『格別な復帰』に満足せず、目線は14年W杯」 footballista、ソルメディア、2012年2月15日号、41頁
  5. ^ Paraguay, Mexican club honor wounded striker”. Fox News (2011年8月11日). 2011年8月12日閲覧。
  6. ^ 頭部銃撃の元パラグアイ代表FW、ピッチで元気な姿”. ロイター (2011年8月12日). 2011年8月12日閲覧。
  7. ^ Goal.com (2012年1月20日). “頭部を銃で撃たれたパラグアイ代表が復帰へ”. 2012年1月20日閲覧。
  8. ^ Salvador CabañasESPN soccernet