エドガル・バレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバレート第二姓(母方の)はカセレスです。
エドガル・バレート Football pictogram.svg
Edgar Barreto.jpg
名前
本名 エドガル・オスバルド・バレート・カセレス
Edgar Osvaldo Barreto Cáceres
ラテン文字 Edgar BARRETO
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1984-07-15) 1984年7月15日(32歳)
出身地 アスンシオン
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 UCサンプドリア
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
ユース
パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 26 (49)
2004-2007 オランダの旗 NEC 95 (10)
2007-2009 イタリアの旗 レッジーナ 68 (5)
2009-2011 イタリアの旗 アタランタ 33 (2)
2011-2015 イタリアの旗 パレルモ 122 (7)
2015- イタリアの旗 サンプドリア 20 (0)
代表歴
2001 パラグアイの旗 パラグアイ U-17 3 (0)
2003 パラグアイの旗 パラグアイ U-20 4 (0)
2004 パラグアイの旗 パラグアイ U-23 6 (0)
2004-2011 パラグアイの旗 パラグアイ 60 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドガル・オスバルド・バレート・カセレス(Edgar Osvaldo Barreto Caceres, 1984年7月15日- )は、パラグアイアスンシオン出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。元パラグアイ代表。

ボール奪取力に長け、攻守にアクセントをつけられる選手。パラグアイ代表ゴールキーパーディエゴ・バレートは実兄。

経歴[編集]

2002年にセロ・ポルテーニョにてデビュー。コパ・リベルタドーレスも経験した。将来性を評価され、デビューから1年後にはオランダNECに移籍。オランダで3年間レギュラーとしてプレーした後、2007年イタリアレッジーナと4年契約を結んだ。チームのセリエB降格にともない、移籍金450万ユーロでアタランタBCへ移籍した。しかし怪我で殆ど試合に出ることができず、さらにクラブも降格を喫してしまう。翌シーズンは2部で主力としてトップリーグ復帰に大きく貢献し、2011年8月31日、移籍市場閉鎖直前にパレルモへ移籍することになった[1]

代表[編集]

早くからパラグアイ代表に招集されている。2004年のアテネオリンピック代表として、同大会準優勝、銀メダル獲得を果たす。A代表としても2004年、2007年、2011年のコパ・アメリカ、2006年と2010年のワールドカップでプレーした。

脚注[編集]

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]