ロベルト・アクーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアクーニャ第二姓(母方の)はカベージョです。
ロベルト・アクーニャ Football pictogram.svg
ROBERTO ACUÑA (17028268530, cropped).jpg
名前
本名 =ロベルト・ミゲル・アクーニャ・カベージョ
Roberto Miguel Acuña Cabello
愛称 トロ
ラテン文字 Roberto ACUÑA
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
生年月日 (1972-05-25) 1972年5月25日(44歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス州の旗 ブエノスアイレス州アベジャネーダ
身長 175cm
選手情報
在籍チーム パラグアイの旗 デポルティーボ・レコレータスペイン語版
ポジション MF (CH)
利き足 右足
代表歴
1993-2007 パラグアイの旗 パラグアイ 97 (5)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・ミゲル・アクーニャ・カベージョ(Roberto Miguel Acuña Cabello, 1972年5月25日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州アベジャネーダ出身の元サッカー選手パラグアイ代表である。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

幼少時代にアルゼンチンからパラグアイに移住した。1989年にクラブ・ナシオナルでデビューすると、その後、アクーニャは4シーズンの間アルゼンチンのAAアルヘンティノス・ジュニアーズボカ・ジュニアーズCAインデペンディエンテでプレーした。1997年に欧州に渡り、スペインのレアル・サラゴサと契約した。ルイス・アラゴネス監督の下、2001年にコパ・デル・レイを制覇した。リーグ戦だけで5シーズンで20得点を記録した。2001年にはパラグアイ最優秀選手賞を受賞した。リーガ・エスパニョーラでプレーする南米最優秀選手にも選ばれた。

レアル・サラゴサでの活躍によりデポルティーボ・ラ・コルーニャが関心を示し、2002年7月10日に1100万ユーロの5年契約で移籍した[1]。レアル・サラゴサ時代の5試合のサスペンションが残っていた。しかしデポルティーボでは1シーズンに7試合出場したのが最多だった。怪我に悩まされ、2003-04シーズンはエルチェCFに、2004年にはアラブ首長国連邦アル・アインFCにレンタル移籍した。2007年、オリンピア・アスンシオンでプレーした後に現役引退を表明したが、2009年にクラブ・ルビオ・ニュスペイン語版で現役復帰を果たした。

代表[編集]

プロデビューから5年後には、パラグアイ市民権を取得してパラグアイ代表でプレーすることを決意した。ディフェンダーのカルロス・ガマーラと同じように、3度のFIFAワールドカップに出場した。パラグアイ代表としては1998年から3大会連続でFIFAワールドカップ出場し、通算で97試合の代表戦に出場した[2]。これはカルロス・ガマーラに次ぐ歴代2位の記録である。2002年の日韓ワールドカップベスト16のドイツ戦ではロスタイムにミヒャエル・バラックに肘打ちした。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
スペインの旗 レアル・サラゴサ

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2002年7月10日). “Deportivo swoop for Acuña”. 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ RSSSFParaguay - Record International Players

外部リンク[編集]