パオロ・ゲレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゲレーロ第二姓(母方の)はゴンサレスです。
パオロ・ゲレーロ Football pictogram.svg
Paolo Guerrero Mundial 2018.jpg
ペルー代表でのゲレーロ (2018年)
名前
本名 ホセ・パオロ・ゲレーロ・ゴンサレス
José Paolo Guerrero González
ラテン文字 Paolo Guerrero
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 (1984-01-01) 1984年1月1日(38歳)
出身地 リマ
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
ポジション FW
背番号 79
利き足 右足
ユース
1992-2002 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
2002-2003 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2006 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘンII 66 (45)
2004-2006 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 27 (10)
2006-2012 ドイツの旗 ハンブルガーSV 134 (37)
2012-2015 ブラジルの旗 コリンチャンス 60 (23)
2015-2018 ブラジルの旗 フラメンゴ 61 (19)
2018-2021 ブラジルの旗 インテルナシオナル 40 (19)
代表歴2
2004- ペルーの旗 ペルー 101 (38)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月26日現在。
2. 2019年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パオロ・ゲレーロPaolo Guerrero, 1984年1月1日 - )は、ペルーの首都リマ出身のサッカー選手ペルー代表。ポジションはフォワード

ペルー代表ではコパ・アメリカで3度の得点王に輝き、同国の代表通算得点記録を持つストライカーでもある。

経歴[編集]

ペルーのサッカークラブ、アリアンサ・リマの下部組織で育った。そこで200ゴール以上を記録したゲレーロは2002年バイエルン・ミュンヘンから誘われ入団する。最初の2年間はバイエルンのセカンドチームに在籍。そこで結果を残してトップチームへと引き上げられるとスーパーサブ的な活躍を見せた。

2006年7月1日、移籍金250万ユーロでハンブルガーSVへの移籍が決定した。このシーズンで、ハンブルガーの選手として古巣バイエルンと戦ったリーグ戦ではゲレーロが得点して勝利している。

この試合の結果によりバイエルンのシーズン4位以下が確定され、バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃した。

2012年7月11日ブラジルコリンチャンスへの移籍が決定した[1]

日本で行われたFIFAクラブワールドカップ制覇に貢献し、準決勝のアル・アハリ(アフリカ代表)そして決勝のチェルシーFC(欧州代表)でもダニーロのシュートを相手DFケーヒルが弾いて浮き上がったボールを頭で合わせ決勝点を挙げた。

2018年 2018 FIFAワールドカップに出場、一次リーグのオーストラリア戦でゴールを決め、チームの勝利に貢献。コパ・アメリカ2019では3ゴールを決め準優勝に貢献し、大会ベストイレブンに選ばれた。

その他[編集]

  • 2008年6月に行われた2010 FIFAワールドカップ・南米予選ウルグアイ戦(結果は0-6)にて審判に侮辱行為を行い、レッドカードで退場となった。後日6試合の出場停止処分を受けた。
  • 2009-10シーズン、怪我でペルーに戻っていたが飛行機に乗れなくなり、ドイツへ戻れないという珍事件が発生した。クラブは、ゲレーロの怪我が完治するまでのペルー滞在を認めるしかなかった。
  • 2010年4月4日の対ハノーファー戦で、ゲレーロはスコアレスで終わりロッカールームに引き返す際「ペルーに帰れ!」という野次に激怒し、野次を飛ばしたファンにめがけてペットボトルを投げ、顔に命中させた。その後ゲレーロは謝罪したが、リーグからは5試合出場停止処分を受け2009-10シーズンは幕を閉じた。
  • 2012年3月3日の対シュトゥットガルト戦の54分に、相手のゴールキーパーのスヴェン・ウルライヒに対してコーナー付近にて背後からタックルを行い、ウルライヒのふくらはぎ近辺を足の裏で直撃した。このプレーでゲレーロは即レッドカードが出されて退場処分となった他、ドイツサッカー協会から8試合の出場停止処分を受けた[2]
  • 2017年10月10日のワールドカップ予選最終節のコロンビア戦で、ゲレーロはペルーを大陸間プレーオフへと導く同点ゴールを挙げたが、これは間接フリーキックをゲレーロが勘違いして直接ゴールへ蹴り込んだものであった[3]。コロンビアのGKダビド・オスピナがこのボールに反応、ボールがオスピナの手を弾いてゴールインしたため得点が認められた[3]が、オスピナの手が触れていなければ得点とはならずゴールキックで試合は再開されるところであった。また、記録もオスピナのオウンゴールとなった。
  • 2017年10月5日のワールドカップ南米予選アルゼンチン戦後のドーピング検査で、コカインの含有成分であるベンゾイルエクゴニンが検出されたため、同年12月8日にゲレーロはFIFA懲罰委員会より11月3日より1年間の出場停止処分を受けた[4]。これにより、2018年6月に開催されるワールドカップへの出場が危ぶまれたが、ペルー側が「違反の原因がコカの葉を用いたお茶を飲んだこと」であり故意でないと主張したこと、その後2度行なわれた毛髪検査で陰性となったことなどから[5]出場停止は6ヶ月に軽減された[6]。ところが6ヶ月の出場停止処分が解除された直後、ワールドカップを翌月に控えた2018年5月に世界アンチ・ドーピング機関スポーツ仲裁裁判所に告訴し、同裁判所より出場停止が2019年1月まで延長される処分が下された[7]。これに対してゲレーロがスイス連邦裁判所に上訴し[8]国際プロサッカー選手会の支持やワールドカップで対戦するフランスデンマークオーストラリアの各主将の請願もあり[9]、同裁判所より出場停止を凍結させる暫定措置が下されゲレーロのワールドカップへの出場が可能となった[8]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バイエルン・ミュンヘンII 2002-03 18 8 - - - - - - 18 8
2003-04 24 21 1 - - - - - 25 21
2004-05 11 7 3 4 - - - - 14 11
2005-06 13 9 1 0 - - - - 13 9
合計 66 45 4 4 - - - - 70 49
バイエルン・ミュンヘン 2004-05 13 6 1 - 6 1 - - 20 7
2005-06 14 4 3 1 7 1 - - 24 6
合計 27 10 4 1 13 2 - - 44 13
ハンブルク 2006-07 20 5 - - 5 0 - - 25 5
2007-08 29 9 3 0 9 5 - - 41 14
2008-09 31 9 5 1 12 4 - - 48 14
2009-10 6 4 1 0 6 3 - - 13 7
2010-11 25 4 2 1 - - - - 27 5
2011-12 25 6 0 0 - - - - 23 6
合計 134 37 11 2 32 12 - - 177 51
コリンチャンス 2012 15 6 0 0 0 0 2 2 17 8
2013 17 5 3 0 9 5 17 8 46 18
2014 26 12 5 3 0 0 12 1 43 16
2015 2 0 0 0 5 4 13 8 20 12
合計 60 23 8 3 14 9 39 15 127 54
フラメンゴ 2015 15 3 3 1 0 0 0 0 18 4
2016 21 9 4 1 3 0 16 8 44 18
合計 36 12 7 2 3 0 16 8 62 22
通算 321 125 34 12 61 23 56 24 479 188

代表[編集]


ペルー代表国際Aマッチ
出場得点
2004 3 1
2005 6 2
2006 3 2
2007 9 4
2008 4 0
2009 3 0
2011 9 7
2012 7 2
2013 5 0
2014 5 2
2015 11 5
2016 12 3
2017 7 4
2018 5 3
2019 11 3
通算 101 38

得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1. 2004年11月17日 ペルーの旗 リマ  チリ 2–0 2–1 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
2. 2005年3月30日  エクアドル 1–0 2–2
3. 2005年8月17日 ペルーの旗 タクナ  チリ 2–1 3–1 親善試合
4. 2006年9月6日 アメリカ合衆国の旗 イーストラザフォード  エクアドル 1–1 1–1
5. 2006年10月7日 チリの旗 ビニャ・デル・マール  チリ 0–1 3–2
6. 2007年6月26日 ベネズエラの旗 メリダ  ウルグアイ 0–3 0–3 コパ・アメリカ2007
7. 2007年9月8日 ペルーの旗 リマ  コロンビア 1–1 2–2 親善試合
8. 2–2
9. 2007年9月12日  ボリビア 2–0 2–0
10. 2011年7月4日 アルゼンチンの旗 サンフアン  ウルグアイ 0–1 1–1 コパ・アメリカ2011
11. 2011年7月8日 アルゼンチンの旗 メンドーサ  メキシコ 1–0 1–0
12. 2011年7月23日 アルゼンチンの旗 ラ・プラタ  ベネズエラ 2–0 4–1 コパ・アメリカ2011 3位決定戦
13. 3–1
14. 4–1
15. 2011年10月7日 ペルーの旗 リマ  パラグアイ 1–0 2–0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選
16. 2–0
17. 2012年5月23日  ナイジェリア 1–0 1–0 親善試合
18. 2012年6月10日 ウルグアイの旗 モンテビデオ  ウルグアイ 2–2 4–2 2014 FIFAワールドカップ・南米予選
19. 2014年9月9日 カタールの旗 ドーハ  カタール 0–2 0–2 親善試合
20. 2014年11月14日 パラグアイの旗 ルケ  パラグアイ 1–1 2–1
21. 2015年6月25日 チリの旗 テムコ  ボリビア 0–1 1–3 コパ・アメリカ2015準々決勝
22. 0–2
23. 0–3
24. 2015年7月3日 チリの旗 コンセプシオン  パラグアイ 2–0 2–0 コパ・アメリカ2015 3位決定戦
25. 2015年10月13日 ペルーの旗 リマ  チリ 3–4 3–4 2018 FIFAワールドカップ・南米予選
26. 2016年3月25日  ベネズエラ 1–2 2–2
27. 2016年6月4日 アメリカ合衆国の旗 シアトル  ハイチ 0–1 0–1 コパ・アメリカ・センテナリオ
28. 2016年10月7日 ペルーの旗 リマ  アルゼンチン 1–1 2–2 2018 FIFAワールドカップ・南米予選
29. 2017年3月23日 ベネズエラの旗 マトゥリン  ベネズエラ 2–2 2–2
30. 2017年3月28日 ペルーの旗 リマ  ウルグアイ 1–1 2–1
31. 2017年6月8日 ペルーの旗 トルヒーリョ  パラグアイ 1–0 1–0 親善試合
32. 2017年6月13日 ペルーの旗 アレキパ  ジャマイカ 3–0 3–1
33. 2018年6月3日 スイスの旗 ザンクト・ガレン  サウジアラビア 2–0 3–0
34. 3–0
35. 2018年6月26日 ロシアの旗 ソチ  オーストラリア 2–0 2–0 2018 FIFAワールドカップ
36. 2019年6月18日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ  ボリビア 1–1 1–3 コパ・アメリカ2019
37. 2019年7月3日 ブラジルの旗 ポルト・アレグレ  チリ 0–3 0–3
38. 2019年6月18日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ  ブラジル 1–1 3–1 コパ・アメリカ2019決勝

タイトル[編集]

クラブ[編集]

バイエルン・ミュンヘン
SCコリンチャンス・パウリスタ
フラメンゴ

代表[編集]

U-17ペルー代表

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]