ジョルジ・アントニオ・プチナッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジーニョ Football pictogram.svg
名前
本名 ジョルジ・アントニオ・プチナッチ
ラテン文字 JORGINHO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1959-08-23) 1959年8月23日(61歳)
出身地 サンパウロ州マリーリア
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1983-1985 ブラジルの旗 ブラジル 16 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジーニョ(Jorginho)ことジョルジ・アントニオ・プチナッチ(Jorge Antônio Putinatti、1959年8月23日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身の元サッカー選手。ポジションはMF(攻撃的MF)。

来歴[編集]

地元のマリーリアACでキャリアをスタートさせ、1979年SEパルメイラスに移籍。パルメイラスではサポーター達のアイドルとなり、スピードとクレバーなプレーでチームのエースとして活躍[1] 、通算で373試合に出場して95得点を挙げたが、結局パルメイラスではタイトルを獲得することは出来なかった。

その後1990-91シーズンから日本サッカーリーグ1部のトヨタ自動車サッカー部に移籍し、翌1991年のコニカカップ制覇に貢献。プロ化に伴い1992年にクラブが名古屋グランパスエイトへと変わった後も中心選手として在籍した。1993年、Jリーグ初ゴールは6月5日のガンバ大阪[2]、2ndステージ、11月6日の鹿島アントラーズ戦では決勝ゴールを決め、1stステージの王者からの勝利に貢献[3]、11月13日の浦和レッズ戦ではJリーグで初の2ゴールを決めるなど[4]、年間27試合で9ゴールを決めた。翌1994年は38試合で8ゴールと[2]、2年連続で低迷するチームの中で奮闘、1993年、1994年と2度、Jリーグオールスターサッカーに先発出場[5]、1994年大会では同点ゴールを決め[6]、WESTの勝利に貢献した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 トヨタ 9 JSL1部 22 8 0 0
1991-92 20 5 1 0
1992 名古屋 - J - 8 1 1 0 9 1
1993 27 9 1 0 3 1 31 10
1994 38 8 1 0 2 0 41 8
通算 日本 J 65 17 10 1 6 1 81 19
日本 JSL1部 42 13 1 0
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キリンカップ 1986年大会 公式パンフレット p.9
  2. ^ a b ジョルジーニョ”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  3. ^ 93JリーグNICOSシリーズ 第10節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ 93JリーグNICOSシリーズ 第12節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ 93JリーグKodakオールスターサッカー”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  6. ^ 94JリーグKodakオールスターサッカー”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]