ビスマルク・バレット・ファリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビスマルク Football pictogram.svg
名前
本名 ビスマルク・バレット・ファリア
Bismarck Barreto Faria
ラテン文字 BISMARCK
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1969-09-17) 1969年9月17日(49歳)
出身地 リオデジャネイロ州サンゴンサロ
身長 177cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF (OH)
利き足 右足
代表歴
1989-1990 ブラジルの旗 ブラジル 13 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビスマルク・バレット・ファリア(Bismarck Barreto Faria、ビスマルキ・バヘト・ファリーアと発音、1969年9月17日 - )はブラジル出身の元サッカー選手,移籍代理人会社の経営者。元ブラジル代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマなどでプレーし、1990年ワールドカップイタリア大会ブラジル代表のメンバーに選ばれた。日本では1993年のJリーグ・日本信販・NICOSシリーズ(第2ステージ)にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)入団。1993~95年の3年連続で同シリーズステージ優勝、また1993,94年の年間チャンピオンに貢献した。

その後、チームの運営方針の見直しから、1997年に鹿島アントラーズに移籍。1998年、2000年のシーズンのリーグ年間優勝の中心選手となった。2000年Jリーグ初の三冠に貢献、2001年に退団。

一度帰国した後、2003年には降格の危機に瀕したヴィッセル神戸に9月から加入[1]。チームのJ1残留に貢献する活躍を見せるも、契約満了に伴いその年限りで退団[2]、現役を引退した。

2004年に母国ブラジルのリオデジャネイロに代理人事務所を設立、アレックス・ミネイロの鹿島移籍を手がけるなどした。2018年5月現在、契約選手約40人が所属している。

エピソード[編集]

  • ゴールを決めた後、眉間を指でつまみひざまずくポーズが特徴。これはクリスチャンである彼が神に祈りをささげるものであるが、日本に来てから始めたもので、「日本へ導いてくれたすべての出来事とイエス・キリストに感謝の気持ちを表したかった」ためである。当時の小学生がこのポーズを三浦知良のカズダンスと併せて真似をしていた。
  • 背番号固定制施行以前のV川崎時代は主に背番号7で出場していた。本人は背番号10に強いこだわりを持っていたが、当時V川崎のチームメートであるラモス瑠偉に敬意を表し、自ら7番を選択した。ラモスが日本代表に合流してチームを離脱した間に行われた1993年のナビスコカップでは1試合だけ10番で出場した(このときの7番は永井秀樹)が、結局ビスマルクは7番に戻し、永井が10番を付けていた。しかしその後のJリーグでは鹿島在籍時から引退に至るまで10番をつけている。
  • 2010年に行われたFIFAクラブワールドカップにおいて、SCインテルナシオナルの試合を観戦する姿をテレビ画面で映し出される場面があったが、現役を引退してしばらく経ったためか、現役時の印象からは想像のつかない肥満体型となっていた。
  • 鹿島に移籍した理由の一つに、本田泰人の存在があげられる。V川崎在籍時には本田を大の苦手にしていたため、「(鹿島に移籍すれば)本田を敵に回さなくてよくなる」と考えた。ジーコジョルジーニョから「ヴェルディ川崎と契約延長しないのか」「鹿島に来たいか」といった誘いがあったことも大きい。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1987 ヴァスコ・
ダ・ガマ
1988
1989
1990
1991
1992
1993
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 V川崎 主に7 J 17 6 7 6 3 2 27 14
1994 42 14 3 6 2 1 47 21
1995 51 11 - 3 1 54 12
1996 27 5 15 2 5 3 47 10
1997 鹿島 10 32 11 11 3 5 2 48 16
1998 30 6 3 0 3 1 36 7
1999 J1 23 7 5 2 2 1 30 10
2000 26 3 7 2 4 0 37 5
2001 26 6 6 0 0 0 32 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2002 フルミネンセ
2002 ゴイアス 10 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 神戸 10 J1 9 0 6 0 0 0 15 0
通算 ブラジル
日本 J1 283 69 62 25 24 11 369 105
総通算

その他の公式戦

  • 1993年
  • 1994年
  • 1995年
    • サンワバンクカップ 1試合1得点
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 1996年
  • 1997年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 1998年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 1999年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2000年
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 2001年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点

国際大会

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ MFビスマルク選手加入決定のお知らせ(8/26) - ウェイバックマシン(2005年2月5日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2003年8月26日)
  2. ^ オゼアス選手、ビスマルク選手との契約について(12/5) - ウェイバックマシン(2002年6月1日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2003年12月5日)

外部リンク[編集]