前寛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前 寛之 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マエ ヒロユキ
ラテン文字 MAE Hiroyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-08-01) 1995年8月1日(23歳)
出身地 北海道札幌市
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 水戸ホーリーホック
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2018 日本の旗 コンサドーレ札幌 37 (2)
2014 タイ王国の旗 コーンケンFC (loan)
2014-2015 日本の旗 Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
2018 日本の旗 水戸ホーリーホック (loan) 30 (0)
2019- 日本の旗 水戸ホーリーホック
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

前 寛之(まえ ひろゆき、1995年8月1日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手Jリーグ水戸ホーリーホック所属。ポジションは、ミッドフィールダー

サッカー選手の前貴之は実兄。

来歴[編集]

コンサドーレ札幌のアカデミーであるジュニアサッカースクール出身の選手。札幌U-12を経て、札幌U-15に昇格後は早くから主力選手として活躍し、2年生次には第21回高円宮杯U-15で準優勝に貢献している。札幌U-18に昇格後の2年生からはトップチームの練習にも参加するようになる[1] など頭角を現すと、ボランチのレギュラーポジションを確保し第20回Jユースカップでは優勝に貢献した1人となる。翌年の2月23日には富士ゼロックス杯のNEXT GENERATION MATCHのU-18Jリーグ選抜に選ばれスタメン出場[2]。この試合でも中心的な働きを見せ[2]、翌3月にはU-20ワールドカップ2015を目指すU-18日本代表候補のトレーニングキャンプに招集された[3]。3年生になると背番号10を背負い[1] チームの中心選手として活躍。第21回Jユースカップではベスト4入りの原動力となった。

2013年11月4日内山裕貴と共に2014シーズンからのトップチームの昇格が発表され[4]、札幌のGMの三上大勝は前について「ボールの出し手としていいものを持っている。ボランチとして体の強さもプロで通用するものを持っている」と評した[1]。この頃、チームはJ1昇格プレーオフ進出を懸けて争っており、11月20日天皇杯4回戦甲府戦で、スタメンでボランチに起用され公式戦初出場を果たした。また、実兄の前貴之もこの試合に先発出場しており、クラブ史上初の兄弟選手同時出場となった。

2014年7月、タイ・ディヴィジョン1リーグコーンケンFC期限付き移籍[5]

2018年、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍[6]。シーズン終了後、水戸への完全移籍が発表された[7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 札幌 37 J2 - - 1 0 1 0
2014 38 0 0 - - 0 0
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2014 コーンケン Div.1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 札幌 38 J2 15 2 - 3 1 18 3
2016 16 18 0 - 2 0 20 0
2017 J1 4 0 7 0 1 0 12 0
2018 水戸 8 J2 30 0 - 30 0 30 0
2019 -
通算 日本 J1 4 0 7 0 1 0 12 0
日本 J2 63 2 - 6 1 69 3
タイ Div.1
総通算 67 2 7 0 7 1 81 3

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 2 0 2 0
2015 2 0 2 0
通算 日本 J3 4 0 4 0
総通算 4 0 4 0

タイトル[編集]

チーム[編集]

コンサドーレ札幌U-18
北海道コンサドーレ札幌

代表歴[編集]

  • 2013年 U-18日本代表候補[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 前寛之 - 北海道コンサドーレ札幌オフィシャルサイト