アレックス・アントニオ・デ・メロ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・メロ第二姓(父方の)はサントスです。
アレックス Football pictogram.svg
名前
本名 アレックス・アントニオ・デ・メロ・サントス
Alex Antonio De Melo Santos
愛称 アレ
ラテン文字 ALEX
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-04-16) 1983年4月16日(36歳)
出身地 ディアマンティーナ
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF / DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2001 ブラジルの旗 クルゼイロEC
2002 日本の旗 川崎フロンターレ 20 (1)
2003-2007 日本の旗 アビスパ福岡 186 (38)
2008 日本の旗 柏レイソル 28 (5)
2009-2010 日本の旗 ジェフユナイテッド市原・千葉 55 (7)
2011-2012 日本の旗 鹿島アントラーズ 35 (1)
2012 日本の旗 徳島ヴォルティス (loan) 14 (3)
2013-2016 日本の旗 徳島ヴォルティス 102 (4)
2017-2018 日本の旗 カマタマーレ讃岐 53 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレックス・アントニオ・デ・メロ・サントス(ALEX Antonio De Melo Santos、1983年4月16日-)は、ブラジル出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。ポジションミッドフィールダーだが、ディフェンダー(左サイドバック)やフォワードもこなす。通称、登録名はアレックス

同じくサッカー選手のアランは、双子(一卵性双生児)の兄である。

来歴[編集]

クルゼイロECの所属時代は攻撃的な選手であり、初来日した2002年の川崎フロンターレでもFWで起用されていたが、翌2003年のアビスパ福岡移籍後に、当時監督の松田浩が左サイドバックにコンバート。以降このポジションが定位置になった。2006年は得点力不足のチーム事情により、主に試合途中からフォワードを務めることもあったが、松田浩から川勝良一に監督が交代してからは再び左サイドバックに固定された。

2007年ピエール・リトバルスキー新監督の下、再び攻撃的なポジションでプレー。開幕戦では2ゴールを挙げるなど、好スタートを切り攻撃の中心選手としてのみならず得点源としてもチームに大きく貢献、J2得点ランク2位となる26得点をあげた。しかし、福岡はJ1昇格を逃し、シーズン後の交渉で合意に至らず福岡を退団。柏レイソルへ移籍した。

2009年から、柏と同じ千葉県のクラブであるジェフユナイテッド市原・千葉へ移籍。2シーズンを過ごした。

2011年より、鹿島アントラーズへ完全移籍。2012年は、リーグ5試合及びナビスコ2試合に留まり、6月28日より徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。2013年からは同クラブに完全移籍となった。2016年まで徳島でプレーし、2017年1月に契約満了で退団した[1]

半年間の無所属期間を経て、2017年7月、カマタマーレ讃岐へ加入[2]

2017年8月5日、第26節の水戸ホーリーホック戦で、史上33人目となるJ2リーグ通算300試合出場を達成した[3]

2018年11月11日、J2第41節・東京ヴェルディ戦で、史上14人目となるJ2リーグ通算350試合出場を達成[4]

2019年4月、現役引退と徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチ就任が発表された[5][6]

備考[編集]

  • 10年以上にわたって日本で生活しており、日常会話やインタビューはほぼ日本語のみでこなせる[7]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 川崎 4 J2 20 1 - 3 2 23 3
2003 福岡 9 40 2 - 3 0 43 2
2004 3 36 4 - 2 1 38 5
2005 35 4 - 0 0 35 4
2006 J1 30 2 2 1 0 0 32 3
2007 J2 45 26 - 2 1 47 27
2008 6 J1 28 5 4 1 5 0 37 6
2009 千葉 5 22 0 3 0 1 0 26 0
2010 3 J2 33 7 - 0 0 33 7
2011 鹿島 5 J1 30 1 3 0 2 0 35 1
2012 5 0 2 0 - 7 0
徳島 26 J2 14 3 - 2 1 16 4
2013 3 32 1 - 1 0 33 1
2014 J1 27 1 3 0 1 0 31 1
2015 J2 26 1 - 1 0 27 1
2016 17 1 - 1 0 18 1
2017 讃岐 31 18 0 - - 18 0
2018 35 0 - 0 0 35 0
通算 日本 J1 142 9 17 2 9 0 168 11
日本 J2 351 50 - 15 5 366 55
総通算 493 59 17 2 24 5 534 66
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2011 鹿島 5 5 0
通算 AFC 5 0

その他の公式戦

脚注[編集]

  1. ^ “契約満了選手についてのお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2017年1月9日), http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=7872 2017年7月14日閲覧。 
  2. ^ “アレックス選手 新加入のお知らせ” (プレスリリース), カマタマーレ讃岐, (2017年7月14日), http://www.kamatamare.jp/news/2017/07/post-2196.html 2017年7月14日閲覧。 
  3. ^ 2017明治安田生命J2リーグ 第26節 アレックス 選手(讃岐)J2通算300試合出場達成”. Jリーグ.jp (2017年8月5日). 2018年7月6日閲覧。
  4. ^ “2018明治安田生命J2リーグ 第41節 アレックス選手(讃岐)J2通算350試合出場達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2018年11月11日), https://www.jleague.jp/release/post-56661/ 2018年11月17日閲覧。 
  5. ^ “アレックス 選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), カマタマーレ讃岐, (2019年4月1日), https://www.kamatamare.jp/news/?id=501&item=TEAM 2019年4月1日閲覧。 
  6. ^ “アレックス氏 徳島ヴォルティスユース アシスタントコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2019年4月1日), http://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=1408 2019年4月1日閲覧。 
  7. ^ J2讃岐 日本語ペラペラDFアレックスを獲得 J7クラブ目”. スポーツニッポン (2017年7月14日). 2017年7月14日閲覧。

関連項目[編集]