加藤望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 望 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノゾさん、カッチーニョ
カタカナ カトウ ノゾム
ラテン文字 KATO Nozomu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-10-07) 1969年10月7日(48歳)
出身地 宮城県
身長 170cm
体重 62kg
選手情報
ポジション MFFW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992–2004 日本の旗 日立/柏レイソル 288 (52)
2005-2008 日本の旗 湘南ベルマーレ 170 (30)
監督歴
2009-2010 湘南ベルマーレ (Assistant)
2011-2012 湘南ベルマーレ (Youth)
2013-2017 産業能率大学サッカー部
2018- 柏レイソル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 望(かとう のぞむ、1969年10月7日 - )は、日本の元プロサッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションは主にMFであるが、FWでの出場も多かった。

来歴[編集]

東海大学時代まではFWでプレー。礒貝洋光澤登正朗山口素弘らと共に黄金期を築いた。

大学卒業後の1992年柏レイソルの前身である日立製作所本社サッカー部に入団した。入団当初の2年間は出場機会に恵まれなかったが、「試合に出ている人と同じことをしていてはダメだ。練習をするしかない」[1]と危機感を持ってサッカーに打ち込み、1994年からは主力選手となり、その年の柏のJリーグ昇格に貢献した。翌1995年には日本代表候補にも選出され、以降右利きながら左足でも精度の高いボールを出せるなど高いテクニックと豊富な運動量を武器にチームの中心選手として活躍してきた。しかし2002年以降しだいに出場機会が減少し、入団から13年目の2004年に柏から戦力外通告を受けた。

そこで現役を続行するため、Jリーグ合同トライアウトに参加すると、複数クラブから獲得のオファーを受けた。その中から加藤が「もっとも熱心に、本気で必要としてくれていると感じた」[1]J2の湘南ベルマーレに移籍するとすぐにレギュラーに定着し、2007年にはリーグ戦で自身初の2桁得点を挙げるなど38歳の選手としては特筆すべき活躍を見せた。湘南の貴重な得点源、チームの精神的な柱としても活躍を見せていた。

39歳を迎える2008年も現役を続け、三浦知良森山泰行に次ぐJ2三番目の年長選手となったが、チームの心肺機能テストでは常に上位と、この年齢の選手とは思えない脅威的な運動量を誇っていた。左足の精度は若干衰えたものの、選手としての晩年まで右足のキック力、精度は衰えるどころかFKの威力が増し続けており、また土壇場での得点力も高かった。平素仲の良いアジエルとのコンビプレーも高いレベルにあった。

2008年限りで湘南から戦力外を受け、トライアウトに挑むも現役引退を選ぶ。

2009年より湘南のコーチに就任、2011年からは同U15監督。

2013年産業能率大学サッカー部監督に就任。

2018年に選手時代にチームメイトだった下平隆宏監督が率いる古巣柏レイソルのヘッドコーチに就任。5月13日に下平が監督を解任され、後任として監督に就任した。

エピソード・アラカルト[編集]

  • プロの鏡、最高の手本であると、かつて湘南に所属したグラントは述べている。
  • ポルトガル語が得意で、湘南在籍のブラジル人選手とはポルトガル語でコミュニケーションが取れる。ホーム平塚競技場の試合前選手紹介では、「加藤“ガロッチーニョ”望!」とコールされていた。
  • 父は地元仙台の高校でレスリングを教えている。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

  • 日本代表(1995年) - 招集歴はあるが、試合出場はなし。

受賞歴[編集]

  • 2009年 Jリーグ功労選手賞

指導者経歴[編集]

  • 2009年 - 2010年 湘南ベルマーレトップチームコーチ
  • 2011年 - 2012年 湘南ベルマーレU15平塚監督
  • 2013年 - 2017年 産業能率大学サッカー部監督
  • 2018年 柏レイソルトップチームヘッドコーチ
  • 2018年5月 - 柏レイソル監督

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 日立 旧JFL1部 3 0 - - 3 0
1993 26 旧JFL1部 7 0 - 0 0 7 0
1994 23 旧JFL 26 6 1 0 0 0 27 6
1995 - J 46 8 - 2 0 48 8
1996 - J 27 8 14 2 2 0 43 10
1997 11 J 32 4 8 1 3 1 43 6
1998 11 J 34 8 4 6 2 1 40 15
1999 11 J1 30 9 8 2 4 0 42 11
2000 11 J1 29 2 2 0 2 2 33 4
2001 11 J1 22 4 4 2 1 0 27 6
2002 11 J1 18 3 6 0 0 0 24 3
2003 11 J1 10 0 2 0 1 0 13 0
2004 11 J1 7 0 2 0 1 0 10 0
2005 湘南 24 J2 41 9 - 1 0 42 9
2006 湘南 24 J2 42 6 - 2 0 44 6
2007 湘南 24 J2 47 10 - 1 0 48 10
2008 湘南 24 J2 40 5 - 1 0 41 5
通算 日本 J1 255 46 50 13 18 4 323 63
日本 J2 170 30 - 5 0 175 30
日本 旧JFL1部 33 6 1 0 0 0 34 6
総通算 458 82 51 13 23 4 532 99

脚注[編集]

  1. ^ a b トライアウト白書。 Sports Graphic Number 725号 74ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]