市川大祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市川 大祐 Football pictogram.svg
名前
愛称 イチ
カタカナ イチカワ ダイスケ
ラテン文字 ICHIKAWA Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-05-14) 1980年5月14日(36歳)
出身地 静岡県清水市
身長 181cm[1]
体重 74kg[1]
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
ユース
1993-1995 清水エスパルスジュニアユース
1996-1997 清水エスパルスユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2010 清水エスパルス 325 (12)
2011 ヴァンフォーレ甲府 22 (0)
2012 水戸ホーリーホック 32 (1)
2013-2014 藤枝MYFC 14 (0)
2015 FC今治 1 (0)
2016 ヴァンラーレ八戸 20 (2)
代表歴
1998-2002 日本の旗 日本 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

市川 大祐(いちかわ だいすけ、1980年5月14日 - )は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身の元サッカー選手ポジションディフェンダー日本代表にも選出され、2002 FIFAワールドカップに出場した。「17歳322日」という日本代表最年少出場記録を持つ(2014年時点)[2]

来歴[編集]

クラブ[編集]

清水のジュニアユース時代の1995年に開催されたメニコンカップ クラブユース東西対抗戦に出場して最優秀選手を獲得。また、ユース年代の日本代表に選出された。

Jリーグデビューは、静岡県立清水工業高等学校2年から3年に進級する17歳のときで、1998年3月21日日本平スタジアムでの札幌戦。同年11月14日市原戦で初ゴールを決めた。

1999年のセカンドステージ優勝、アジアカップウィナーズカップ1999-2000での優勝に貢献。2001年度天皇杯優勝時は負傷中であったため、右サイドはユースで同期の平松康平が務めた。当時、清水の両翼は右に市川、左に三都主アレサンドロを擁し、強力なサイド攻撃を構成した。

2003年12月に同じ年齢の女性と結婚。2004年のシーズンは、怪我により活躍が出来なかった2003年より出場機会が増え、2006年にはリーグ戦で4年ぶりのゴールを決めるなど復調。特にサイドハーフの兵働昭弘と連動したサイドアタックは、チームの主要な攻撃パターンの一つになっている。2007年には、フェルナンジーニョの加入により中盤がダイヤモンド型に変更されたため、サイドバックの前方に大きなスペースが作られ、トップ下フェルナンジーニョのドリブルキープから市川のミドルシュートという攻撃パターンが確立された。

2009年シーズン序盤は不調により高木純平にポジションを奪われたが、第14節の山形戦以降はスタメンの座を取り戻した。敵陣中央でのパス交換から右サイドをオーバーラップした市川に渡り、ニアサイドに飛び込んでくる岡崎慎司枝村匠馬にクロスで合わせるというパターンが確立し、14試合で9アシスト1得点を決めた[3]

2010年12月、契約満了に伴って清水を退団した[4]

2011年よりヴァンフォーレ甲府伊東輝悦と共に移籍したが同年限りで戦力外通告を受け甲府を退団。

2012年水戸ホーリーホックに移籍したが、またも同年限りで戦力外通告を受け水戸を退団。

その後Jリーグクラブからのオファーは1件も無く[5]2013年よりJFL(当時)・藤枝MYFCへ移籍。

2015年7月27日、FC今治へ入団したが、同年11月に退団を発表された。

2016年1月7日、ヴァンラーレ八戸へ入団し、10月に2016年シーズン限りで現役を引退すると発表した[1]

代表[編集]

国際Aマッチデビューは、1998年4月1日ソウル特別市で開催された親善試合韓国戦で、高校在学中の17歳322日での出場は2014年現在でも史上最年少記録である[2]。同年に開催された1998 FIFAワールドカップでは、岡田武史監督の判断で三浦知良北澤豪らとともに直前で代表から漏れるが、チームには帯同している。

フィリップ・トルシエが三つの年代を指揮した日本代表チームでは、就任当初から高い信頼と評価を受ける。だが、オーバートレーニング症候群を発症し、代表から長期間離脱[6]。シドニーオリンピックも、本戦には出場できなかった。

後にフル代表に復帰すると、2002 FIFAワールドカップにも出場。チュニジア戦では中田英寿の得点をアシストした。サイドにそれを本職とする選手を配置することが少ないトルシエのシステムにあって、2002年W杯の日本代表で唯一本職の右サイドのプレーヤーとして選出されていた。その後は、オーバートレーニング症候群やケガなどで安定したコンディションを維持できない事が多く、ジーコ体制以降は代表から遠ざかった。

引退後[編集]

2017年1月、清水エスパルスの普及部スタッフに就任した。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1997 清水 24 J 0 0 0 0 1 0 1 0
1998 25 20 1 0 0 3 0 23 1
1999 J1 22 0 4 0 3 1 29 1
2000 26 2 6 1 4 0 36 3
2001 30 2 2 0 1 0 33 2
2002 30 1 2 0 3 0 35 1
2003 23 0 4 0 0 0 27 0
2004 3 0 1 0 0 0 4 0
2005 34 0 7 0 3 1 44 1
2006 31 1 5 0 3 0 39 1
2007 33 4 6 1 3 1 42 6
2008 27 0 5 0 2 0 34 0
2009 25 1 5 0 5 0 35 1
2010 21 0 4 0 3 0 28 0
2011 甲府 22 0 1 0 0 0 23 0
2012 水戸 J2 32 1 - 2 0 34 1
2013 藤枝 JFL 8 0 - 1 0 9 0
2014 J3 6 0 - 1 0 7 0
2015 今治 27 四国 1 0 - 0 0 1 0
2016 八戸 25 JFL 20 2 - 0 0 20 2
通算 日本 J1 347 12 52 2 34 3 433 17
日本 J2 32 1 - 2 0 34 1
日本 J3 6 0 - 1 0 7 0
日本 JFL 28 0 - 1 0 29 0
日本 四国 1 0 - 0 0 1 0
総通算 414 13 52 2 38 3 504 18
  • 1997年、1998年はユース所属

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 清水 25 2 0
通算 AFC 2 0

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 10試合 0得点(1998年 - 2002年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1998 1 0
1999 0 0
2000 0 0
2001 0 0
2002 9 0
通算 10 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c “選手引退のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2016年10月29日), http://www.vanraure.net/archives/561976 2016年10月29日閲覧。 
  2. ^ a b 日本サッカー協会編「日本代表公式記録集The Yearbook of JFA 2011」
  3. ^ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/28/05.html
  4. ^ “市川大祐選手の契約満了に伴う来季契約非更新について” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2010年12月6日), http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/3225 2016年10月29日閲覧。 
  5. ^ 週刊サッカーマガジン No.1443 「JFL支局」. ベースボール・マガジン社. (2013). p. 60. 
  6. ^ 【日本代表】超過密日程が心配される香川真司”. J SPORTS (2008年11月10日). 2013年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]