中田一三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中田 一三 Football pictogram.svg
名前
愛称 NKT13
カタカナ ナカタ イチゾウ
ラテン文字 NAKATA Ichizo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-04-19) 1973年4月19日(47歳)
出身地 三重県伊賀市[1]
身長 175cm
体重 69kg
選手情報
ポジション DFMF
背番号 3、13
利き足 右足
ユース
四日市中央工業高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1995 横浜フリューゲルス 27 (0)
1996-1997 アビスパ福岡 34 (0)
1998-2001 大分FC/大分トリニータ 41 (2)
1998-2000 ジェフユナイテッド市原 (loan) 52 (1)
2002-2003 ベガルタ仙台 6 (0)
2004 ヴァンフォーレ甲府 5 (0)
監督歴
2007-2008 伊勢ペルソナFC
2013-2017 FC.ISE-SHIMA
2019 京都サンガF.C.
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中田 一三(なかた いちぞう、1973年4月19日 - )は、三重県伊賀市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションは、高校時代はミッドフィルダーとして活躍し、プロ入り後にディフェンダーに転向した。

来歴[編集]

四日市中央工業高では中西永輔小倉隆史と同級生で、「四中工三羽烏」と呼ばれ、3年時にはキャプテンを務めた。全国高等学校サッカー選手権大会にも2年連続で出場し、3年時の第70回大会では同校初の選手権優勝をもたらし(帝京高校との両校優勝)、中田自身も優秀選手に選出された[2][3]水原大樹は1学年下である[4]

1992年の横浜フリューゲルスへのプロ入りは注目された。1993年11月6日ファーストステージ第10節のジェフ市原戦でJリーグデビューを飾る。1999年、ジェフ市原へ加入。ジェフでは正確なパスで左サイドバックとしてレギュラーに定着。2000年3月11日の開幕戦では、京都パープルサンガ戦で待望のJリーグ初ゴールをマークした[5]

各年での出場試合数が大きく変動しながらも12年間で6チームに在籍したが(うち、2000年のジェフ市原では中西・小倉と「三羽烏」が揃った)、選手生活の後半はケガに苦しみ、ヴァンフォーレ甲府との半年間の契約が満了した2004年シーズン途中の7月末限りで現役を引退した。

2007年からは生まれ故郷の三重県サッカーリーグ1部チーム、伊勢ペルソナFC(2010年にISE YAMATO FCへ改称)の監督に就任。2009年1月に東海社会人サッカーリーグ2部昇格を果たしたが、同リーグ1部への昇格はならず、2010年9月にISE YAMATO FCとの契約満了。また、2009年に三重県内の FC Avenidasol(エフシーアヴェニーダソル) のテクニカルディレクターおよびsouth U-15監督を務めた[1]

2012年9月にJFA 公認S級コーチに認定された。

2013年よりFC.ISE-SHIMAの監督に就任、東海リーグ2部で優勝。翌2014年より東海リーグ1部に昇格。2017年2月に監督を退いて、理事長兼総監督に就任。2018年12月、クラブアドバイザーに就任[6]

2018年12月、京都サンガF.C.の監督に就任した[1]

2019年11月、リーグ戦最終節の柏レイソル戦で、Jリーグ最多得点記録となる13得点を許し、1-13の大敗を喫した[7]

2019年11月28日、契約満了により京都の監督を退任すると発表された[8]

人物[編集]

  • 四男一女の末っ子[9]
  • 兄は中田商事(三重県伊賀市)社長の中田純一[10][11]
  • 甥の永一(純一の子)は、2013年年度の第92回全国高校サッカー選手権大会において、四日市中央工業高校のメンバーとして出場。2年生ながらレギュラーとして活躍。準決勝の富山第一戦では1点を追いかける前半終了間際に得たフリーキックで、約25メートルの距離から直接ゴールを決めた[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1992 横浜F - J - 0 0
1993 5 0 3 0 1 0 9 0
1994 14 0 0 0 0 0 14 0
1995 8 0 - 0 0 8 0
1996 福岡 24 0 11 0 2 0 37 0
1997 13 10 0 5 0 0 0 15 0
1998 大分 14 旧JFL 23 1 - - 23 1
1998 市原 31 J 5 0 0 0 0 0 5 0
1999 3 J1 21 0 2 0 1 0 24 0
2000 26 1 4 0 0 0 30 1
2001 大分 19 J2 18 1 2 0 1 0 21 1
2002 仙台 3 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 6 0 2 0 0 0 8 0
2004 甲府 33 J2 5 0 - - 5 0
通算 日本 J1 119 1 27 0
日本 J2 23 1 2 0 1 0 26 1
日本 旧JFL 23 1 - - 23 1
総通算 165 3 29 0

指導歴[編集]

  • 2005年 - 2006年 中田一三サッカースクール[1]
  • 2007年 - 2009年 伊勢ペルソナFC(現 ISE YAMATO FC)監督[1]
  • 2009年 FC Avenidasol テクニカルディレクター / south U-15監督[1]
  • 2013年 - 2017年2月 FC.ISE-SHIMA監督[1]
  • 2017年3月 - 2018年 FC.ISE-SHIMA総監督[1]
  • 2019年 京都サンガF.C.監督

出典[編集]

外部リンク[編集]