古邊考功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古邊 考功 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フルベ ヨシノリ
ラテン文字 FURUBE Yoshinori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-12-09) 1970年12月9日(47歳)
出身地 広島県福山市[1]
身長 181cm[2]
体重 69kg[2]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1989-1992 大阪体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993 香川紫雲クラブ
1994 中央防犯FC藤枝ブルックス 22 (1)
1995-1998 福岡ブルックス/アビスパ福岡 94 (2)
1999-2000 FC東京 16 (2)
2001 佐川急便東京SC 15 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

古邊 考功(ふるべ よしのり、1970年12月9日 - )は、広島県福山市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

現役時代のポジションは、ディフェンダー(DF)。一時期、登録選手名を"考功"から"芳昇"に改名(読みは同じ)していた事がある[3][4]

来歴[編集]

大学卒業後、香川紫雲クラブ (現:カマタマーレ讃岐)を経て、1994年中央防犯FC藤枝ブルックスに加入。以後ジャパンフットボールリーグからJリーグ昇格、アビスパ福岡へとプロ化した直後のチームをキャプテンとして支え[5]1998年末にはJ1参入決定戦川崎フロンターレコンサドーレ札幌を破りJ2降格回避に貢献した。

1999年にJ2・FC東京に移籍。プロ化及びJリーグ加盟初年度のチームにおいて、Jリーグ経験者として守備陣をバックアップし、激しくパワフルなプレーでチームの精神的支柱として活躍した[3]2001年佐川急便東京SCに移籍し[3]、同年限りで現役を引退。

2002年より指導者の道を歩み[2]2006年より柏レイソルに加入[6][7]。同郷(広島出身)の石崎信弘監督の下でフィジカルコーチを担った。

2011年には石崎が監督を務めるコンサドーレ札幌のフィジカルコーチに就任[8][9]。札幌は翌2012年からのJ1昇格を果たすも1年でのJ2降格を喫したため、古邊は石崎と共に退任することを覚悟していたが、クラブから慰留されたため、引き続き選手の強化に取り組んだ[10]。契約更新の打診を固辞し[11] 2014年限りで退任[12]

2015年清水エスパルスフィジカルコーチに就任[12][1]。試合後半に運動量が低下するというチーム状況を踏まえ[13]、90分間走りきれる持久力の強化に乗り出したが、例年のトレーニング不足が相まって負傷離脱者が続出[14]。J2降格の一因となった[14]。同年末に契約を満了し退任[15]

2016年より京都サンガF.C.のフィジカルコーチに就任した[16]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 香川紫雲 四国 -
1994 中央防犯 13 旧JFL 22 1 - 0 0 22 1
1995 福岡B 21 14 1 - 0 0 14 1
1996 福岡 - J 20 1 5 0 2 0 27 1
1997 14 32 0 6 0 3 0 41 0
1998 3 28 0 4 0 3 0 35 0
1999 FC東京 5 J2 14 2 3 0 1 0 18 2
2000 J1 2 0 0 0 1 0 3 0
2001 佐川東京 28 JFL 15 0 - 0 0 15 0
通算 日本 J1 82 1 15 0 9 0 106 1
日本 J2 14 2 3 0 1 0 18 2
日本 旧JFL 36 2 -
日本 JFL 15 0 - 0 0 15 0
日本 四国 -
総通算 18 0

その他の公式戦

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 古邊考功 トップチームフィジカルコーチ就任のお知らせ 清水エスパルス (2014年12月24日)
  2. ^ a b c トップチームコーチに古邊考功氏招聘のお知らせ アルビレックス新潟 (2002年4月1日)
  3. ^ a b c 古邊芳昇選手 佐川急便サッカークラブへ”. 2001年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月28日閲覧。 FC東京 (2001年4月6日)
  4. ^ “古邊選手登録名変更(1/29)” (プレスリリース), アビスパ福岡, (1997年1月29日), オリジナル1997年7月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/19970716212436/http://www.infoqshu.or.jp:80/avispa/html/topic9701.html 2017年10月30日閲覧。 
  5. ^ a b c 『FC東京ファンブック2000』 毎日新聞社2000年、53頁。
  6. ^ 古邊 考功 氏 来季より柏レイソル コーチに就任のお知らせ アルビレックス新潟 (2006年1月15日)
  7. ^ 2006年 スタッフ体制について 柏レイソル (2006年1月15日)
  8. ^ 古邊 考功フィジカルコーチ コンサドーレ札幌に加入 柏レイソル (2010年12月28日)
  9. ^ コンサドーレ札幌のフィジカルコーチに 古邊 考功 氏が就任 コンサドーレ札幌 (2010年12月28日)
  10. ^ けが人続出の悪夢繰り返さない 古辺フィジカルコーチ ビシビシ鍛える!”. 2013年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 北海道新聞 (2013年1月29日)
  11. ^ 清水フィジカルコーチに古辺氏就任へ 日刊スポーツ (2014年12月17日)
  12. ^ a b 古邊考功氏 契約満了 及び 清水エスパルスフィジカルコーチ就任のお知らせ コンサドーレ札幌 (2014年12月24日)
  13. ^ 清水始動 大榎監督宣言「陸上部になる」 日刊スポーツ (2015年1月19日)
  14. ^ a b 【検証 清水J2降格】空回りしたフィジカル強化…始動2週間で15人離脱”. 2015年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月8日閲覧。 スポーツニッポン (2015年10月23日)
  15. ^ 古邊考功コーチ 退任のお知らせ 清水エスパルス (2015年11月24日)
  16. ^ “古邊考功氏 フィジカルコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年12月26日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31845 2015年12月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]