大木武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大木 武 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオキ タケシ
ラテン文字 OKI Takeshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-07-16) 1961年7月16日(56歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 170cm[1]
体重 64kg[1]
選手情報
ポジション MFFW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1991 富士通サッカー部
監督歴
2002
2003
2005-2007
2011-2013
2014
2017-
ヴァンフォーレ甲府
清水エスパルス
ヴァンフォーレ甲府
京都サンガF.C.
ジュビロ磐田U-18
FC岐阜
1. 国内リーグ戦に限る。2007年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大木 武(おおき たけし、1961年7月16日 - )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元サッカー選手でサッカー指導者。

来歴[編集]

選手時代[編集]

出身校は静岡市立清水辻小学校清水市立第一中学校静岡県立清水東高等学校(高校の同級生に望月一頼)、東京農業大学。現役時代は富士通サッカー部MF/FWとしてプレー。1991年に現役引退した。

富士通・清水コーチ時代[編集]

母校である東京農業大学からコーチの依頼を受け、次の可能性にトライしてみようと現役を引退し、富士通に勤めながら指導者としての道を歩み始めた。1993年には富士通を退社し清水エスパルスのユース監督兼ジュニアユースコーチに就任。その後サテライトコーチを経て、1999年にはスティーブ・ペリマンが一時帰国した際には代行監督としてナビスコ杯2回戦で指揮を執った。

第一期甲府監督時代[編集]

2002年J2所属のヴァンフォーレ甲府の監督に就任。当時の甲府は3年連続最下位の状態であり、ようやく経営危機から脱出したばかりで予算も限られた状態であったが、藤田健倉貫一毅石原克哉水越潤といったメンバーが台頭し、また鶴見智美影山由高によって得点力が向上した。守備についても清水からアライールをレンタル移籍させるなどして安定化に努めた結果、12チーム中7位にまで引き上げる事に成功した。

清水監督時代[編集]

2003年に、清水の監督に就任。前年の2ndステージ(当時のJ1は2ステージ制)12位からの巻き返しを図り、1stステージは序盤前年までの3バックから4バックへと変更したが、結局ステージ後半は3バックに変更する。後半戦は巻き返したが5勝7敗3分と負け越して11位に終わる。降格こそ逃れたものの負け越したため、シーズン終了後に解任された。

第二期甲府監督時代[編集]

川崎フロンターレのユース監督を経て、2005年より甲府の監督に復帰。

この年甲府は大宮アルディージャからFWバレーの獲得に成功し、同時に長谷川太郎が成長したことにより藤田とともに得点を量産。一時は2位につけるもその後得点力が落ち、前半戦は6位で折り返す。後半戦開始まで期日があったためミニキャンプを張ると同時に石原をFWにコンバートする3トップを画策し、30節のコンサドーレ札幌戦より実践。42節の札幌戦で後半ロスタイム3得点を挙げて逆転勝利。そして最終節の京都パープルサンガ戦で2-1に勝利し3位でシーズン終了。入れ替え戦でもバレーのダブルハットトリックなどの活躍もあり柏レイソルに2戦2勝。チームをJ1昇格へ導いた。

2006年もこのスタイルを継続。調子を落とした長谷川に代わりこの年より加入した宇留野純、そして途中加入の茂原岳人を起用し、横浜F・マリノス鹿島アントラーズなどの強豪チーム、さらには前年度王者のガンバ大阪に勝利しJ1残留を果たした。

しかしこの年を最後にバレーが退団すると翌2007年は開幕4連敗を喫するなど低迷。33節の柏レイソル戦で1-2で敗れたためJ2降格決定。同時に大木は責任を取り今季限りでの退任を発表した。

日本代表コーチ時代[編集]

2007年12月、サッカー日本代表の監督に就任した岡田武史に誘われコーチに就任。2009年6月11日FIFAワールドカップ・アジア最終予選カタール戦において前の試合で退席処分となり、1試合の出場停止処分となった岡田に代わり指揮をとった。2010 FIFAワールドカップ本大会を終了後に退任。

京都監督時代[編集]

2010年12月、京都サンガF.C.の監督に就任。2011年シーズンは序盤に出遅れて、昇格争いに絡めずJ2で7位の成績。なお、第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会では準優勝に導いた。2012年シーズンはJ2リーグ3位の成績を収めたが、J1昇格プレーオフ準決勝で敗退してJ1昇格は果たせなかった。2013年もプレーオフで敗れ昇格を逃し、12月11日に退任した[2]。2014年ジュビロ磐田U-18監督を務め、2015年から2年間はFC今治アドバイザー、バニーズ京都SCスーパーアドバイザーを務めた。

岐阜監督時代[編集]

2016年11月29日にFC岐阜の監督に就任[3]

所属クラブ[編集]

現役時代[編集]

指導者時代[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1984 富士通 JSL2部
1985
1986
1987
1988-89 10
1989-90 30 3 1 0
1990-91 23 2 2 0
1991-92 0 0 0 0
通算 日本 JSL2部
総通算

監督成績[編集]

年度 チーム リーグ 大会名 試合数 勝点 順位 ナビスコ杯 天皇杯 備考
2002 甲府 J2 - 44 16 10 18 58 7位 - 3回戦敗退
2003 清水 J1 1st 15 5 3 7 18 11位 ベスト4 ベスト4
2nd 15 6 3 6 21 10位
年間 30 11 6 13 39 11位
2005 甲府 J2 - 44 19 12 13 69 3位 - 4回戦敗退
2006 J1 - 34 12 6 15 42 15位 予選リーグ敗退 ベスト8
2007 - 34 7 6 21 27 17位 ベスト8 5回戦敗退
2011 京都 J2 - 38 17 7 14 58 7位 - 準優勝
2012 - 42 23 5 14 74 3位 - 3回戦敗退 J1昇格PO準決勝敗退
2013 - 42 20 10 12 70 3位 - 3回戦敗退 J1昇格PO決勝敗退
  • 2003年のJ1は2ステージ制。
  • 2003年は途中退任(但し公式戦は全日程指揮をとっている)。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『1991-1992JSLイヤーブック』p74
  2. ^ 大木武監督 退任のお知らせ”. 京都サンガF.C. (2013年12月11日). 2013年12月11日閲覧。
  3. ^ 大木 武氏、FC岐阜監督就任のお知らせ”. FC岐阜 (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。
  4. ^ U-18、U-15、サッカースクールのコーチングスタッフ決定”. ジュビロ磐田 (2014年2月5日). 2014年2月5日閲覧。
  5. ^ 大木 武 氏スーパーアドバイザー就任のお知らせ”. バニーズ京都SC (2015年2月6日). 2015年2月12日閲覧。

関連項目[編集]