FC.ISE-SHIMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FC.ISE-SHIMA
原語表記 FC.ISE-SHIMA
呼称 FC伊勢志摩
クラブカラー    
   
   
創設年 2013年
所属リーグ 東海社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 三重県中南勢地域
伊勢市志摩市鳥羽市松阪市
大台町大紀町多気町玉城町
南伊勢町明和町度会町
ホームスタジアム Ise Football Village3.JPG伊勢フットボールヴィレッジAピッチ
松阪市総合運動公園多目的グラウンド
収容人数 900(伊勢FV-A)
運営法人 特定非営利活動法人FC.ISE-SHIMA
代表者 日本の旗 小倉隆史
監督 日本の旗 小倉隆史
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
特定非営利活動法人FC.ISE-SHIMA
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
コード 2190005010569
法人番号 2190005010569 ウィキデータを編集
専門分野 保健・医療・福祉、社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、環境の保全、国際協力、男女共同参画社会、子どもの健全育成、情報化社会
設立日 2014年7月28日
代表者 小倉隆史
郵便番号 517-0501
事務所 三重県志摩市
阿児町鵜方3136番地の21
座標
北緯34度19分31.3秒 東経136度49分48.5秒 / 北緯34.325361度 東経136.830139度 / 34.325361; 136.830139座標: 北緯34度19分31.3秒 東経136度49分48.5秒 / 北緯34.325361度 東経136.830139度 / 34.325361; 136.830139
外部リンク http://fc-iseshima.org
テンプレートを表示

FC.ISE-SHIMA(エフシーいせしま)は、三重県南勢地域(伊勢市志摩市鳥羽市松阪市大台町大紀町多気町玉城町南伊勢町明和町度会町)を本拠地とする社会人サッカークラブ[1]Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

FC伊勢志摩』とチーム名を漢字表記されることもある[2] が、日本サッカー協会の記録等では「FC.ISE-SHIMA」の表記を用いている[3]

歴史[編集]

前身のピクシーBCは2012年度に三重県社会人サッカーリーグ1部に所属していた。同年、志摩市商工会が地域活性化の具体案を協議する「志摩経済サミット」にて、地元伊勢市出身の元サッカー選手である中田一三がスポーツと自然環境を生かす町づくりを提案。これを受ける形で、2013年にピクシーBCを引き継いでFC.ISE-SHIMAが設立された。三重県リーグ2部からスタートし、2013年に三重県リーグ2部にて優勝し、2014年に三重県リーグ1部へ昇格[1]。2014年、三重県リーグ1部にて2位となり、東海社会人サッカートーナメント大会に進出、同大会Aブロックを制し、翌年からの東海社会人サッカーリーグ2部昇格が決まった。2015年、東海リーグ2部にて2位となり、2016年の東海リーグ1部に昇格した。

2018年12月、創設以来運営法人の理事長を務めてきた中田が退任(京都サンガF.C.の監督に就任)し、後任に中田と共に四日市中央工業高の「四中工三羽烏」と呼ばれた一人である小倉隆史が就任した[2]。中田はクラブアドバイザーとして引き続きクラブとの関わりを続ける。

2021年、1回戦総当たり制に変更された東海社会人サッカーリーグ1部では、藤枝市役所サッカー部に敗れ同チームに次ぐ2位となったが、東海リーグ2位チームに与えられた「輪番枠」により全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021の出場資格を得る。1次ラウンドグループAを2勝1分の首位、決勝ラウンドでも1勝2分で2位となり、2021年JFL16位のホンダロックSCとの入替戦に出場したが、セットプレーから3点のリードを許し、後半2点を返したものの追い付けず2-3で敗れ、JFLへの昇格を逃した。

年度別成績[編集]

ピクシーBC時代[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2006 三重県ブロックB 2位 23 12 7 2 3 32 17 15
2007 三重県2部(前期) 4位 21 9 4 3 2 17 15 1
三重県2部(後期上位) 4位 4 2 0 2 5 6
2008 三重県2部(前期) 優勝 25 8 7 0 1 32 16 16
三重県2部(後期上位) 優勝 3 1 1 1
2009 三重県1部 5位 19 12 6 1 5 14 19 -5
2010 3位 22 14 6 4 4 26 19 7
2011 3位 21 14 6 3 2 30 11 19
2012 7位 18 14 6 0 8 25 47 -22

FC.ISE-SHIMA[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2013 三重県2部 優勝 38 14 12 2 0 118 7 111
2014 三重県1部 2位 33 14 10 1 3 82 10 72
2015 東海2部 2位 29 14 8 5 1 45 16 29
2016 東海1部 4位 23 14 7 2 5 25 26 -1
2017 3位 25 14 8 1 5 30 20 10
2018 4位 19 14 6 1 7 21 30 -9
2019 2位 34 14 11 1 2 39 15 24
2020 新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦は中止、TSLトーナメント準々決勝敗退
2021 2位[4] 10 5 3 1 1 13 1 12

タイトル[編集]

所属選手・スタッフ[編集]

2022年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
監督 日本の旗 小倉隆史 FC.ISE-SHIMA 理事長 理事長兼任
ヘッドコーチ 日本の旗 金守智哉 FC.ISE-SHIMA 監督
GKコーチ 日本の旗 荒木在敏 FC.Avenidasol U15 コーチ兼GKコーチ兼U12 GKコーチ(兼任)
トレーナー 日本の旗 小澤佑介
日本の旗 西川拓未
主務 日本の旗 萩谷淳

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 増田将 専修大学
30 大韓民国の旗朝鮮民主主義人民共和国の旗 梁潤星 姫路獨協大学 新加入
31 日本の旗 和田雄斗 JAPANサッカーカレッジ 新加入
DF 2 日本の旗 中濱颯斗 アルテリーヴォ和歌山
3 日本の旗 堀田真希 芦屋大学
15 日本の旗 古屋和海 東海学園大学 新加入
20 日本の旗 高見裕哉 東海学園大学 新加入
-- 日本の旗 奥村泰地 ヴィアティン三重 新加入
期限付き移籍
MF 4 日本の旗 谷口力斗 ヴィアティン三重
7 日本の旗 森優也 FC岐阜SECOND
8 日本の旗 片田拓 環太平洋大学
13 日本の旗 仲野哲矢 順天堂大学
17 日本の旗 杉山ビラル正将 おこしやす京都AC
21 日本の旗 森栄二志 中京大学
22 日本の旗 山田敦也 J.FC MIYAZAKI
24 日本の旗 梅田至 VONDS市原Vert
27 日本の旗 上松幹 アミティエSC京都
-- 日本の旗 赤井瞭太 流通経済大学 新加入
FW 9 日本の旗 本村比呂 四日市大学 新加入
14 日本の旗 西口亮城 静岡産業大学
18 日本の旗 山田清貴 名古屋産業大学 新加入
19 日本の旗 石崎柾 四日市大学
23 日本の旗 飯嶋隼人 富士通沼津サッカー部

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) ピンク
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd) グレー グレー グレー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
おやつカンパニー ベビースター 2020年 -
鎖骨 なし - -
背中上部 清洋水産 なだまぐろ
SEIYO SUISAN
2013年 -
背中下部 トレンドアート Trend Art 2019年 - 2017年 - 2018年はパンツ
三重設計 MIE
SEKKEI
2021年 - 2019年 - 2020年はパンツ前面
パンツ前面 なし - -
パンツ背面 なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2013 HAWAII /
志摩ガス
解禁前 なだまぐろ
SEIYO SUISAN
解禁前 出馬
重機
石吉組 解禁前 Mizuno
2014 志摩環境
2015
2016
2017 ぎゅーとら - Trend Art
2018 石吉組
2019 - Trend Art MIE
SEKKEI
2020 ベビースター -
2021 MIE
SEKKEI
-
2022

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e クラブヒストリー”. FC.ISE-SHIMA. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ a b “FC伊勢志摩、昇格の力に 小倉さん、理事長就任報告 伊勢市長表敬 三重”. 伊勢新聞. (2018年12月6日). http://www.isenp.co.jp/2018/12/06/25974/ 2018年12月17日閲覧。 
  3. ^ チーム紹介 FC.ISE-SHIMA”. 第53回全国社会人サッカー選手権大会公式サイト. 日本サッカー協会. 2018年12月17日閲覧。
  4. ^ 新型コロナウイルスの影響により全試合消化できないため、リーグ戦は不成立。

外部リンク[編集]