森下仁志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森下 仁志 Football pictogram.svg
名前
愛称 板長、モリゲ
カタカナ モリシタ ヒトシ
ラテン文字 MORISHITA Hitoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1972年9月21日(42歳)[1]
出身地 和歌山県海南市[1]
身長 173cm
体重 64kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1988-1990 帝京高等学校
1991-1994 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2001 ガンバ大阪 160 (7)
2001-2003 コンサドーレ札幌 79 (3)
2004-2005 ジュビロ磐田 9 (0)
監督歴
2012-2013 ジュビロ磐田
2014 京都サンガF.C. (代行)
2015- サガン鳥栖
1. 国内リーグ戦に限る。2005年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森下 仁志(もりした ひとし、1972年9月21日 - )は和歌山県海南市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー(MF)。

経歴[編集]

順天堂大学卒業後の1995年にガンバ大阪に入団。2001年のシーズン途中に、コンサドーレ札幌期限付き移籍で加入し、翌2002年には完全移籍となった。森下は札幌でサポーターから板長というニックネームを付けられる。これは当時コンサドーレの監督であった岡田武史にその風貌が「板前みたいだ」といわれたことに由来する。[要出典]2004年には大学時代の同期・名波浩が在籍していたジュビロ磐田に移籍するが、若返りを進めるチームにあって出場機会にはあまり恵まれなかった。

2005年シーズン限りで現役を引退し、2006年から磐田のユースチームのコーチに就任。2008年からはトップチームコーチに昇格し、サテライトチームと兼任でコーチを務める。

2010年、日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得[1][2]

2012年より磐田の監督に就任。2013年5月4日、成績不振により解任が発表された[3][4]

2013年12月、京都サンガF.C.のトップチームコーチに就任[1]。2014年6月、成績不振により解任されたヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラに代わり監督代行を務めた[5]

2014年12月、サガン鳥栖の監督に就任[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 G大阪 - J 13 0 - 1 0 14 0
1996 28 2 13 0 4 1 45 3
1997 6 29 2 5 0 1 0 35 2
1998 21 27 1 4 1 1 0 32 2
1999 8 J1 23 0 3 0 2 0 28 0
2000 26 2 1 0 3 0 30 2
2001 5 0 2 0 - 7 0
札幌 15 13 0 0 0 1 0 14 0
2002 29 2 6 0 1 0 36 2
2003 2 J2 37 1 - 3 0 40 1
2004 磐田 15 J1 9 0 4 0 0 0 13 0
2005 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 202 9 39 1 14 1 255 11
日本 J2 37 1 - 3 0 40 1
総通算 239 10 39 1 17 1 295 12
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 磐田 15 3 0
2005 2 0
通算 AFC 5 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2012 磐田 J1 12位 46 34 13 7 14 予選リーグ敗退 ベスト16
2013 17位 5 9 1 2 6 - -
2014 京都 J2 - 4 2 1 1 0 - -
2015 鳥栖 J1 -
  • 2013年は第9節、解任時の成績
  • 2014年は監督代行

脚注[編集]

関連項目[編集]