和田昌裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田 昌裕 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワダ マサヒロ
ラテン文字 WADA Masahiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-01-21) 1965年1月21日(56歳)[1]
出身地 兵庫県神戸市[1]
身長 178cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF / DF
ユース
1980-1982 日本の旗 兵庫県立御影高校
1983-1986 日本の旗 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 日本の旗 松下電器
1992-1995 日本の旗 ガンバ大阪 49 (2)
1995-1998 日本の旗 ヴィッセル神戸 46 (2)
代表歴
1982  日本ユース
1990  日本
監督歴
2009 日本の旗 ヴィッセル神戸
2010-2012 日本の旗 ヴィッセル神戸
2014 タイ王国の旗 チョンブリー
2015 日本の旗 京都サンガF.C.
2015-2016 タイ王国の旗 ポートFC
2016 タイ王国の旗 シーサケート
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

和田 昌裕(わだ まさひろ、1965年1月21日 - )は、兵庫県神戸市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダーディフェンダー。次男の和田篤紀[2] および三男の和田倫季[3] もサッカー選手である。

来歴[編集]

選手時代[編集]

神戸FCでプレーしていた兄の影響で小学2年生のときにサッカーを始める[4]。1982年8月に開催されたAFCユース選手権1982 (予選)日本代表に選出された[5]1983年兵庫県立御影高校3年次に同校にとって初の全国高校サッカー選手権大会出場(1回戦で準優勝した山梨県立韮崎高校に敗退)[4]。近くの御影工業高校には永島昭浩がおり、同学年の和田と永島はライバルと周りから目されていた[6]順天堂大学蹴球部では1年次に総理大臣杯に優勝[7]筑波大学との決勝戦では和田のゴールにより1-0で勝利した[7]

1987年日本サッカーリーグ2部の松下電器産業サッカー部(1992年からガンバ大阪)に入部。三菱重工からも誘われたが関西のチームであることと永島がいることから松下に決めたという[6]。JSL1部に復帰した1988-89シーズンにはアシスト王(9アシスト)にも輝いた[8]。1990年7月のダイナスティカップ1990日本代表に選出された(出場は無し)[9]

1993年5月16日Jリーグ開幕戦浦和レッズ戦では前半29分にG大阪のリーグ戦チーム初得点を記録した[7]

1995年7月[7][10]、G大阪からヴィッセル神戸(当時ジャパンフットボールリーグ (JFL) 所属)に移籍。Jリーグ昇格に貢献し、1997年に現役を引退した。

現役時代は主に左サイドバックでプレー。

引退後[編集]

引退後は神戸のスタッフを歴任。2005年はヘッドコーチ、2006年からは強化部長、2007年からはチーム統括本部長を務め、2009年6月、カイオ・ジュニオールの辞任表明を受け、トップチームの監督に就任 [11]。わずか5試合を指揮したところで三浦俊也に交代したが、フロントには戻らず、ヘッドコーチとして引き続き現場での指導者職に就いた。

2010年9月12日に三浦の監督解任を受け、再び神戸の監督に就任。「用意周到」「一致団結」「プライド」「信頼」のキーワードで自らの考えを選手に示し、スタメンから遠ざかっていたMF吉田孝行、2種登録のFW小川慶治朗を抜擢するなど、前監督とは異なるスタイルでチームを指揮。シーズン終盤7試合では戦術が浸透し、上位チームにも屈さず見事大逆転でのJ1残留を成し遂げた。2011年も引き続き監督を続投。和田自身は初の1シーズン通しての監督業だったがクラブ史上最高順位となる9位でシーズンを終えた[12]

翌2012年は目標を「AFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得する4位以内」としたが[13][14]、リーグ戦・ナビスコ杯で通算6連敗するなどし、リーグ戦では第8節時点で3勝5敗の13位に低迷。成績不振を理由に同年4月30日付で監督を解任された。同年7月1日付で神戸のシニアディレクターに就任[15]

2013年2月1日より神戸の運営会社のクリムゾンフットボールクラブの取締役副社長に就任したが[16]、松下電器~ガンバ大阪時代のコーチであったヴィタヤ・ラオハクルに誘われ、同年11月末でクリムゾンフットボールクラブ副社長を辞任し、ヴィッセル神戸の提携クラブでもあったタイ・プレミアリーグチョンブリーFCの監督に就任[17][18]。タイ・リーグの日本人監督には滝雅美がいたが、1部で指揮する日本人監督は和田が初となった[19]。チョンブリーではリーグ戦でブリーラム・ユナイテッドと最後まで優勝争いを演じ[19]、2014年シーズンのタイ・プレミアリーグ年間最優秀監督賞を受賞した[19][20]

2014年12月、J2・京都サンガF.C.から2015年シーズンの監督就任が発表された[1] が、2015年7月10日に成績不振により解任された。解任時点でチームは18位と低迷していた[21]

2015年10月22日、タイ・プレミアリーグのポートFCの監督に就任したが[22]ディビジョン1降格を回避することができず、翌2016年も続投したが、7月11日に成績不振により解任された。

2016年9月1日、タイ・プレミアリーグのシーサケートFCの監督に就任。1部残留を果たし、シーズン終了後に退任。

2016年12月、ツエーゲン金沢代表取締役ゼネラルマネージャー西川圭史からオファーを受け、同クラブの強化・アカデミー本部長に就任。トップチームおよびアカデミーの現場とフロントを一つにまとめる役割を担った[23][24]

2020年1月31日、家庭の事情により金沢の強化・アカデミー本部長を退任[25]。同年2月4日にG大阪の強化アカデミー担当参与に就任した[26]。同年4月14日にG大阪の取締役GMに就任[27]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/Jリーグカップ 天皇杯 期間通算
1987 松下 25 JSL2部 22 11 2 0
1988-89 17 JSL1部 20 1 0 0
1989-90 21 1 1 0
1990-91 12 18 0 1 0
1991-92 9 22 0 3 0
1992 G大阪 - J - 9 0 3 0 12 0
1993 34 2 6 0 2 0 42 2
1994 3 0 0 0 0 0 3 0
1995 12 0 - 0 0 12 0
1995 神戸 4 旧JFL 16 2 - 3 0 19 2
1996 7 30 0 - 3 0 33 0
1997 J 0 0 2 0 2 0 4 0
通算 日本 J 49 2 17 0 7 0 73 2
日本 JSL1部 81 2 5 0
日本 JSL2部 22 11 2 0
日本 旧JFL 46 2 - 6 0 52 2
総通算 198 17 24 0

その他の公式戦

指導歴・職歴[編集]

  • 1998年 - 2013年 日本の旗 ヴィッセル神戸
    • ホームタウン事業部普及指導コーチ
    • サテライトコーチ
    • ジュニアユース監督
    • コーチ
    • 2005年 ヘッドコーチ
    • 2006年 強化部長
    • 2007年 - 2009年6月 チーム統括本部長[1]
    • 2009年6月 - 8月 監督[28]
    • 2009年8月 - 2010年9月 ヘッドコーチ[1]
    • 2010年9月 - 2012年4月 監督 [1]
    • 2012年7月 シニアディレクター[1]
    • 2013年 クリムゾンフットボールクラブ取締役副社長[1]
  • 2014年 タイ王国の旗 チョンブリーFC 監督 [1]
  • 2015年1月 - 7月 日本の旗 京都サンガF.C. 監督 [23]
  • 2015年10月 - 2016年7月 タイ王国の旗 ポートFC 監督 [23]
  • 2016年8月 - 10月 タイ王国の旗 シーサケートFC 監督[23]
  • 2017年 - 2020年1月 日本の旗 ツエーゲン金沢 強化・アカデミー本部長[23]
  • 2020年2月 - 2020年4月 日本の旗 ガンバ大阪 強化アカデミー担当参与[23]
  • 2020年4月 - 日本の旗 ガンバ大阪 取締役GM[29]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦 備考
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2009 J1 神戸 - 5 5 1 2 2 - - 第16節から第20節まで指揮
2010 - 17 12 4 5 3 - 3回戦敗退 第23節から指揮
2011 9位 46 34 13 7 14 1回戦敗退 3回戦敗退
2012 - 9 8 3 0 5 - - 第8節終了後に解任
2015 J2 京都 - 22 22 6 4 12 - - 第22節終了後に解任
J1通算 - 59 21 14 24
J2通算 - 22 6 4 12

タイトル[編集]

選手[編集]

順天堂大学
松下電器/ガンバ大阪

指導者[編集]

チョンブリー

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m “和田 昌裕氏 トップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年12月16日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/27834 2014年12月16日閲覧。 
  2. ^ 中盤の攻撃起点目指す MF(23)和田篤紀”. 京都サンガ応援特集. 京都新聞 (2015年2月6日). 2015年12月9日閲覧。
  3. ^ チーム紹介|高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグ”. 日本サッカー協会. 2015年12月9日閲覧。
  4. ^ a b 堀健二 (2013年6月27日). “【新・関西笑談】Jリーグ開幕戦ゴールから20年(2)進学校ゆえ…先輩「全国大会なんて無理」”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2015年12月9日閲覧。
  5. ^ a b 兵庫県立御影高等学校・同窓会「清明会」会報”. 兵庫県立御影高等学校・同窓会「清明会」 (2012年4月). 2020年2月4日閲覧。
  6. ^ a b 堀健二 (2013年6月28日). “【新・関西笑談】Jリーグ開幕戦ゴールから20年(3)永遠のライバル、あのイケメン永島…震災の日に同乗した友人”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2015年12月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e 堀健二 (2013年6月26日). “【新・関西笑談】Jリーグ開幕戦ゴールから20年(1)運だけで生きてる(笑)…「来てもうた」のでシュートしたら花道”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2015年12月9日閲覧。
  8. ^ ヒストリー”. ガンバ大阪. 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ “第1回ダイナスティカップ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, http://samuraiblue.jp/timeline/19900727/ 2020年2月4日閲覧。 
  10. ^ 「最後は神戸」震災後移籍 J1神戸監督・和田昌裕(上)”. 日本経済新聞 (2011年6月4日). 2015年12月9日閲覧。
  11. ^ 神戸カイオジュニオール監督が辞任”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2009年6月30日). 2015年12月9日閲覧。
  12. ^ 堀健二 (2013年6月29日). “【新・関西笑談】Jリーグ開幕戦ゴールから20年(4)16位…苦境で監督に 負傷2選手…みな結束「奇跡の残留」”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2015年12月9日閲覧。
  13. ^ “和田神戸旋風”予告!4位以内を公約/サッカー/デイリースポーツonline”. 2012年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。
  14. ^ 2012シーズンいよいよ開幕!クラブ、監督からのメッセージです。”. ヴィッセル神戸 (2012年3月9日). 2015年12月9日閲覧。
  15. ^ 和田昌裕氏 シニアディレクター就任のお知らせ - ヴィッセル神戸、2012年7月1日
  16. ^ “(株)クリムゾンフットボールクラブ 和田昌裕氏 取締役副社長就任のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2013年1月7日), http://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/4884.html 2020年2月5日閲覧。 
  17. ^ “和田昌裕取締役副社長、タイ・プレミアリーグ チョンブリFC監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2013年11月29日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/6541.html 2020年2月5日閲覧。 
  18. ^ タイ チョンブリーFC 和田昌裕監督インタビュー VOL.1”. ANNGLE (2014年4月27日). 2020年2月5日閲覧。
  19. ^ a b c d 本多辰成 (2014年12月6日). “和田 昌裕 / Chonburi F.C (タイプレミアリーグ)”. ASEAN FOOTBALL Link. 2015年12月9日閲覧。
  20. ^ 和田昌裕取締役副社長、タイ・プレミアリーグ チョンブリFC監督就任のお知らせ - ヴィッセル神戸、2013年11月29日
  21. ^ 成績不振の京都、和田監督の解任を発表…後任は石丸ヘッドコーチ”. サッカーキング (2015年7月10日). 2015年12月9日閲覧。
  22. ^ 前京都サンガFC監督の和田昌裕氏、ポートMTI FC (TPL)の監督に就任”. タイプレミアリーグに行こう! (2015年10月22日). 2015年12月9日閲覧。
  23. ^ a b c d e f “和田 昌裕氏 強化・アカデミー本部長に就任決定のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2016年12月6日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/Contents/news/%e5%92%8c%e7%94%b0-%e6%98%8c%e8%a3%95%e6%b0%8f-%e5%bc%b7%e5%8c%96%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc%e6%9c%ac%e9%83%a8%e9%95%b7%e3%81%ab%e5%b0%b1%e4%bb%bb%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%ae/ 2017年12月28日閲覧。 
  24. ^ 【レジェンドインタビュー】和田 昌裕 氏”. 関西レジェンドクラブ (2017年1月31日). 2020年2月5日閲覧。
  25. ^ “和田昌裕 強化・アカデミー本部長退任のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2020年1月31日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news/p3795.html 2020年1月31日閲覧。 
  26. ^ “和田 昌裕 強化アカデミー担当参与就任のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2020年2月4日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/10807/ 2020年2月4日閲覧。 
  27. ^ 株式会社ガンバ大阪 代表取締役社長 山内隆司の退任、 代表取締役社長に小野忠史就任、取締役に和田昌裕就任のお知らせガンバ大阪 2020.4.14
  28. ^ カイオ・ジュニオール監督辞任のお知らせ, , J's GOALアーカイブ (ヴィッセル神戸), (2009年6月30日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00085131&keyword=&team=450&year=2009 2020年3月6日閲覧。 
  29. ^ もう1度ガンバ黄金時代を 取締役GM和田氏が語る

関連項目[編集]

外部リンク[編集]