杉浦恭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 恭平 Football pictogram.svg
名前
愛称 スギ、きょんぺー[1]
カタカナ スギウラ キョウヘイ
ラテン文字 SUGIURA Kyohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-01-11) 1989年1月11日(28歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 176cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ツエーゲン金沢
ポジション MF
背番号 11
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2013 川崎フロンターレ 1 (0)
2010-2011 愛媛FC (loan) 60 (5)
2013 ヴィッセル神戸 (loan) 25 (4)
2014 ヴィッセル神戸 5 (0)
2015-2016 ベガルタ仙台 4 (0)
2017- ツエーゲン金沢
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

杉浦 恭平(すぎうら きょうへい、1989年1月11日 - )は、静岡県出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーJリーグツエーゲン金沢所属。

来歴[編集]

静岡学園高等学校時代は國吉貴博と共にプレーし、背番号10を背負って臨んだ第85回全国高等学校サッカー選手権大会では8強まで勝ち進んだ。2007年川崎フロンターレに加入[2]。2010年、愛媛FC期限付き移籍[3]、チーム最多タイとなるリーグ戦35試合に出場した[4]。2011年も移籍期間を延長して愛媛に在籍[5]、10番を背負った。

2012年は川崎に復帰した[6]が、出場は天皇杯1試合のみに終わった。同年1月11日に入籍[7]

2013年、ヴィッセル神戸に期限付き移籍した[8]。同年は安達亮監督の信頼を得てリーグ戦で25試合4得点の記録を残す[9]2014年、神戸に完全移籍[10]。しかし、前年とは打って変わってリーグ戦では5試合のみの出場に留まる。

2015年より出場機会を求めて[11]ベガルタ仙台へ完全移籍[12]。リーグ開幕戦で移籍後初出場を飾った[13]ものの、その後は出場機会に恵まれず、前年よりも出場試合数を減らす結果となった。

2017年よりJ2のツエーゲン金沢に完全移籍[14]

エピソード[編集]

  • 2007年5月、上顎骨骨折[15]及び三叉神経麻痺により即座の手術が必要だったが、我那覇和樹と同様に誤ったドーピング違反認定を受ける(後に潔白が証明された)可能性があったことから、Jリーグから要求されたTUEの許可が下りるまで手術開始を延ばさざるを得なかった[16]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 川崎 34 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 31 1 0 0 0 0 0 1 0
2009 24 0 0 0 0 1 0 1 0
2010 愛媛 23 J2 35 3 - 1 1 36 4
2011 10 25 2 - 1 0 26 2
2012 川崎 18 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2013 神戸 20 J2 25 4 - 1 0 26 4
2014 J1 5 0 6 1 1 0 12 1
2015 仙台 19 3 0 4 0 1 0 8 0
2016 1 0 3 0 0 0 4 0
2017 金沢 11 J2 -
通算 日本 J1 10 0 13 0 4 0 27 0
日本 J2 85 9 - 3 1 88 10
総通算 95 9 13 1 7 1 115 7
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2007 川崎 34 0 0
2009 24 0 0
通算 AFC 0 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 週刊サッカーダイジェスト責任編集 『2016 J1&J2&J3選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2016年、116頁。ISBN 978-4-905411-33-8
  2. ^ “杉浦恭平選手加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2006年11月1日), http://www.frontale.co.jp/info/2006/1101_4.html 2016年8月15日閲覧。 
  3. ^ “杉浦恭平選手 川崎フロンターレより 期限付き移籍による加入のお知らせ” (プレスリリース), 愛媛FC, (2009年12月28日), http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=100730 2016年8月15日閲覧。 
  4. ^ 『週刊サッカーダイジェスト 2011 J1&J2選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社2011年、205頁。
  5. ^ “杉浦 恭平選手 期限付き移籍期間延長のお知らせ” (プレスリリース), 愛媛FC, (2011年1月11日), http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=101205 2016年8月15日閲覧。 
  6. ^ “杉浦恭平選手復帰のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2011年12月27日), http://www.frontale.co.jp/info/2011/1227_5.html 2016年8月15日閲覧。 
  7. ^ “杉浦恭平選手入籍のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2011年1月16日), http://www.frontale.co.jp/info/2012/0116_9.html 2016年8月15日閲覧。 
  8. ^ “杉浦恭平選手期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2013年1月8日), http://www.frontale.co.jp/info/2013/0108_2.html 2016年8月15日閲覧。 
  9. ^ 週刊サッカーダイジェスト責任編集 『2014 J1&J2&J3選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、143頁。ISBN 978-4-905411-16-1
  10. ^ “杉浦恭平選手移籍のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2014年1月8日), http://www.frontale.co.jp/info/2014/0108_5.html 2016年8月15日閲覧。 
  11. ^ 週刊サッカーダイジェスト責任編集 『2015 J1&J2&J3選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2015年、116頁。ISBN 978-4-905411-24-6
  12. ^ “ヴィッセル神戸 杉浦恭平選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2015年1月7日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2015/01/post-2243.html 2015年1月19日閲覧。 
  13. ^ 板垣晴朗 (2015年3月10日). “[仙台]開幕戦で“仙台デビュー”を飾った杉浦恭平”. BLOGOLA. http://blogola.jp/p/50735 2016年8月15日閲覧。 
  14. ^ “杉浦恭平選手 ツエーゲン金沢へ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2016年12月28日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2016/12/post-4320.html 2016年12月30日閲覧。 
  15. ^ 杉浦恭平選手のケガについて 川崎フロンターレ 2007.05.16
  16. ^ 木村元彦 『争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール』 集英社インターナショナル、2011年、47頁。ISBN 4797672013
  17. ^ 吉田太郎 (2007年7月31日). “U-18日本代表メンバーに川崎F・杉浦ら”. ゲキサカ. http://web.gekisaka.jp/news/detail/?26925-7559-fl 2016年8月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]