AFCチャンピオンズリーグ2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFCチャンピオンズリーグ2007
AFC Champions League 2007
大会概要
日程 2007年3月7日 - 11月14日
チーム数 28 (AFC連盟)
大会結果
優勝 日本の旗浦和レッドダイヤモンズ
 (1回目)
準優勝 イランの旗セパハン
大会統計
試合数 92試合
ゴール数 230点
(1試合平均 2.5点)
得点王 ブラジルの旗モタ(7点)
最優秀選手 日本の旗永井雄一郎
 < 20062008

AFCチャンピオンズリーグ2007(AFC Champions League 2007)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、5回目のAFCチャンピオンズリーグである。インドネシアオーストラリア韓国中国日本アラブ首長国連邦イラクイランウズベキスタンカタールクウェートサウジアラビアシリアの13の国の地域から2チーム、タイベトナムの2ヶ国から1チーム、そして前回優勝チームを加えた計29チームが参加した(韓国は前回優勝チームを加え3チーム出場となる)。優勝は日本の浦和レッドダイヤモンズで、日本勢としてはアジアクラブ選手権時代の1999年のジュビロ磐田以来、現行の大会になってからは初の優勝となった。

出場クラブ[編集]

前回優勝クラブ[編集]

大韓民国の旗 全北現代モータース

東地区[編集]

チーム名 出場資格
中華人民共和国の旗 山東魯能 中国スーパーリーグ2006 優勝
中国FAカップ2006 優勝
中華人民共和国の旗 上海申花 中国スーパーリーグ2006 2位
日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ Jリーグ2006 優勝
天皇杯2005 優勝[1]
日本の旗 川崎フロンターレ Jリーグ2006 2位
大韓民国の旗 城南一和天馬 Kリーグ2006 優勝
大韓民国の旗 全南ドラゴンズ 韓国FAカップ2006 優勝
オーストラリアの旗 シドニーFC Aリーグ2005-2006ファイナルシリーズ 優勝
オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド Aリーグ2005-2006レギュラーシーズン 優勝
インドネシアの旗 ペルシク・ケディリ リーガ・インドネシア2005-2006 優勝
インドネシアの旗 アレマ・マラン コパ・インドネシア2006 優勝
タイ王国の旗 バンコク・ユニバーシティFC タイ・プレミアリーグ2006 優勝
ベトナムの旗 ドンタム・ロンアン Vリーグ2006 優勝

西地区[編集]

チーム名 出場資格
イランの旗 エステグラル イラン・プロ・リーグ2005-2006 優勝
イランの旗 セパハン ハズフィ・カップ2006 優勝
ウズベキスタンの旗 パフタコール ウズベク・リーグ2006 優勝
ウズベク・カップ2006 優勝
ウズベキスタンの旗 ネフチ ウズベク・リーグ2006 2位
イラクの旗 アル・ザウラーSC イラク・プレミアリーグ2005-2006 優勝
イラクの旗 アル・ナジャフFC イラクFAカップ2006 優勝
クウェートの旗 アル・クウェート クウェート・プレミアリーグ2005-2006 優勝
クウェートの旗 アル・アラビ クウェート・アミールカップ2006 優勝
カタールの旗 アル・サッド カタールプレミアリーグ2005-2006 優勝
カタールの旗 アル・ラーヤンSC カタール・アミールカップ2006 優勝
サウジアラビアの旗 アル・シャバブ サウジ・プロリーグ2005-2006優勝
サウジアラビアの旗 アル・ヒラル サウジ・クラウンプリンスカップ2006 優勝
シリアの旗 アル・カラーマ シリア・プレミアリーグ2005-2006 優勝
シリアの旗 アル・イテハド シリア・カップ2006 優勝
アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ UAEリーグ2006 2位[2]
アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン UAEアミールカップ2006 優勝

グループリーグ[編集]

東地区(東アジア・東南アジア地域)では12チームを3グループに、西地区(中央アジア・西アジア・中東地域)では16チームを4グループにそれぞれ抽選によって振り分ける。東西ともに、それぞれのグループでホーム・アンド・アウェー(H&A)による総当たり戦を行い、各組1位が決勝トーナメントへ進出。

もしも勝ち点が同じチームが出た場合の順位の付け方は以下のとおりである。

  1. 該当チームの直接対決分の勝点
  2. 該当チームの直接対決分の得失点差
  3. 該当チームの直接対決分の総得点
  4. グループ通算の得失点差
  5. グループ通算の総得点
  6. (同勝点が2チームだけ&対戦中の場合)試合後PK
  7. 抽選

グループA[編集]

チーム 勝点 試合
アラブ首長国連邦の旗アル・ワフダ 13 6 4 1 1 13 6 +7
イラクの旗アル・ザウラー 11 6 3 2 1 9 6 +3
クウェートの旗アル・アラビ 7 6 2 1 3 10 12 -2
カタールの旗アル・ラーヤン 2 6 0 2 4 3 11 -8







グループB[編集]

チーム 勝点 試合
サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 8 4 2 2 0 5 1 +4
ウズベキスタンの旗 パフタコール 6 4 2 0 2 3 5 -2
クウェートの旗 アル・クウェート 2 4 0 2 2 2 4 -2

イランの旗 エステグラル は選手の予備登録フォームを期日内に行わなかった為、失格。








グループC[編集]

チーム 勝点 試合
シリアの旗 アル・カラーマ 11 6 3 2 1 11 7 +4
ウズベキスタンの旗 ネフチ 10 6 3 1 2 6 7 -1
イラクの旗 アル・ナジャフ 8 6 2 2 2 9 8 +1
カタールの旗 アル・サッド 4 6 1 1 4 6 10 -4







グループD[編集]

チーム 勝点 試合
イランの旗 セパハン 13 6 4 1 1 12 5 +7
サウジアラビアの旗 アル・シャバブ 10 6 3 1 2 9 3 +6
アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン 6 6 1 3 2 5 8 -3
シリアの旗 アル・イテハド 3 6 0 3 3 3 13 -10







グループE[編集]

チーム 勝点 試合
日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 10 6 2 4 0 9 5 +4
オーストラリアの旗 シドニーFC 9 6 2 3 1 8 5 +3
インドネシアの旗 ペルシク・ケディリ 7 6 2 1 3 6 16 -10
中華人民共和国の旗 上海申花 5 6 1 2 3 7 4 +3







グループF[編集]

チーム 勝点 試合
日本の旗 川崎フロンターレ 16 6 5 1 0 15 4 +11
大韓民国の旗 全南ドラゴンズ 10 6 3 1 2 7 8 -1
インドネシアの旗 アレマ・マラン 4 6 1 1 4 2 9 -7
タイ王国の旗 バンコク・ユニバーシティ 3 6 0 3 3 4 7 -3







グループG[編集]

チーム 勝点 試合
大韓民国の旗 城南一和天馬 13 6 4 1 1 13 6 +7
中華人民共和国の旗 山東魯能 13 6 4 1 1 12 8 +4
オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 8 6 2 2 2 9 6 +3
ベトナムの旗 ドンタム・ロンアン 0 6 0 0 6 4 18 -14







決勝トーナメント[編集]

各グループ1位のチームに前回優勝の大韓民国の旗 全北現代モータースを加えた8チームによる、決勝まで一貫したH&Aでのトーナメント方式。

勝敗の付け方は以下のとおりである。

  1. 2試合の合計スコア
  2. 2試合のアウェーゴール数(以下AGと示す)
  3. 第2戦終了後に30分(前後半15分ずつ)の延長戦
  4. PK戦

組み合わせ抽選会は6月13日に行われた。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
       
 イランの旗 セパハン 0 (PK5)
 日本の旗 川崎フロンターレ 0 (PK4)  
 イランの旗セパハン 3
   アラブ首長国連邦の旗アル・ワフダ 1  
 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワフダ 1 (AG1)
 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 1 (AG0)  
 イランの旗セパハン 1
   日本の旗浦和レッズ 3
 大韓民国の旗 城南一和天馬 4
 シリアの旗 アル・カラーマ 1  
 大韓民国の旗 城南一和天馬 4 (PK3)
   日本の旗浦和レッズ 4 (PK5)  
 日本の旗 浦和レッズ 4
 大韓民国の旗 全北現代モータース 1  

準々決勝[編集]

第1戦が2007年9月19日(水)、第2戦が2007年9月26日(水)に実施。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
セパハン イラン 0 - 0
5 (PK) 4
日本 川崎フロンターレ 0 - 0 0 - 0
アル・ワフダ アラブ首長国連邦 1 - 1
1 (AG) 0
サウジアラビア アル・ヒラル 0 - 0 1 - 1
城南一和天馬 大韓民国 4 - 1 シリア アル・カラーマ 2 - 1 2 - 0
浦和レッドダイヤモンズ 日本 4 - 1 大韓民国 全北現代モータース 2 - 1 2 - 0

セパハン イランの旗 0 - 0 日本の旗 川崎フロンターレ
フーラッドシャフル・スタジアムエスファハーン
観客数: 25,000
主審: バーレーンの旗 ジャーシム・カリーム

アル・ワフダ アラブ首長国連邦の旗 0 - 0 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
アール・ナヒヤーン・スタジアムアブダビ
観客数: 12,000
主審: カタールの旗 アブドゥッラー・バリダー

城南一和天馬 大韓民国の旗 2 - 1 シリアの旗 アル・カラーマ
キム・ミンホ 72分にゴール 72分
曺秉局 74分にゴール 74分
9分にゴール 9分 アンドレ・センゴール
炭川総合運動場城南
観客数: 1,300
主審: イランの旗 ヘデヤ・モンビニ

浦和レッドダイヤモンズ 日本の旗 2 - 1 大韓民国の旗 全北現代モータース
長谷部誠 4分にゴール 4分
田中達也 59分にゴール 59分
90分にゴール 90分 崔眞喆
埼玉スタジアム2002さいたま
観客数: 33,103
主審: ヨルダンの旗 サレム・マフムード・ムジュゲフ



※アル・ワフダ-アル・ヒラルはアウェーゴール・ルールによりアル・ワフダが準決勝進出。

準決勝[編集]

第1戦が2007年10月3日(水)、第2戦が2007年10月24日(水)に実施。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
セパハン イラン 3 - 1 アラブ首長国連邦 アル・ワフダ 3 - 1 0 - 0
城南一和天馬 大韓民国 4 - 4
3 (PK) 5
日本 浦和レッドダイヤモンズ 2 - 2 2 - 2

城南一和天馬 大韓民国の旗 2 - 2 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
モタ 10分にゴール 10分
金斗炫 80分にゴール 80分
52分にゴール 52分 田中達也
65分にゴール 65分 (pen.) ロブソン・ポンテ
炭川総合運動場城南
主審: カタールの旗 アブドゥッラフマーン・アブドゥ

浦和レッドダイヤモンズ 日本の旗 2 - 2
(延長)
大韓民国の旗 城南一和天馬
ワシントン 21分にゴール 21分
長谷部誠 73分にゴール 73分
56分にゴール 56分 崔成国
69分にゴール 69分 金東炫
  PK戦  
ロブソン・ポンテ 成功
ワシントン 成功
阿部勇樹 成功
永井雄一郎 成功
平川忠亮 成功
5 – 3 成功 金相植
ミス 崔成国
成功 金東炫
成功 朴珍燮
埼玉スタジアム2002さいたま
観客数: 51,651
主審: クウェートの旗 サアド・カメール・アル・ファドリ

決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
セパハン イラン 1 - 3 日本 浦和レッドダイヤモンズ 1 - 1 0 - 2

第1戦[編集]


第2戦[編集]

浦和レッドダイヤモンズが二試合合計スコア 3 - 1で優勝。


AFCチャンピオンズリーグ 2007 優勝
日本の旗
浦和レッドダイヤモンズ
初優勝

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時の天皇杯優勝クラブの出場資格は、前々年度の天皇杯優勝クラブであったため。2009年度より前年度の天皇杯優勝クラブに変更された。
  2. ^ リーグ優勝のアル・アハリは2年間ACL出場停止の為、繰り上がりで出場。
  3. ^ 豪雨のため4月11日15:30より順延

外部リンク[編集]