AFCチャンピオンズリーグ2020 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AFCチャンピオンズリーグ2020 決勝
大会名 AFCチャンピオンズリーグ2020
開催日 2020年12月19日 (2020-12-19)
会場 アル・ジャヌーブ・スタジアム(アル=ワクラ)
主審 アブドゥルラフマン・アル=ジャシムカタール
観客数 8,517人
2019

AFCチャンピオンズリーグ2020 決勝(エーエフシーチャンピオンズリーグ2020 けっしょう、英語: AFC Champions League 2020 Final)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されたAFCチャンピオンズリーグ2020の決勝戦であり、18回目のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝戦である(AFCアジアクラブ選手権時代を含めると39回目)。

当初のスケジュールでは、決勝戦はホーム・アンド・アウェ-形式で2020年11月22日と28日に行われる予定であったが、新型コロナウイルス (COVID-19) 感染症による影響によりグループステージが一時中断されたことを受け、グループステージの未消化試合と決勝トーナメントカタールでの集中開催とし、決勝トーナメントは全て1回戦制のシングルイリミネーショントーナメントとすることに決定。これを受けて、決勝戦も2019年12月19日にカタールでの一発勝負により行われた[1]

チーム[編集]

出場チームは、西地区を勝ち上がったペルセポリスイラン)と東地区を勝ち上がった蔚山現代韓国)。COVID-19の影響によりグループステージが中断後、西地区はいち早くカタールでの集中開催を決め、10月3日に準決勝が行われたが、東地区はマレーシアでの集中開催がキャンセルになり、日程再調整の上でカタールでの集中開催となったため、決勝の6日前(12月13日)にようやく準決勝が行われた。

チーム 以前決勝に進出のある年度(太字は優勝)
イランの旗ペルセポリス 2018
大韓民国の旗 蔚山現代 2012

会場[編集]

2014年大会以降、決勝戦を含む決勝トーナメントはホーム・アンド・アウェー方式で行われてきたが、今大会は新型コロナウイルス (COVID-19) 感染症による影響により開催方式が変更されており、2020年10月16日、アジアサッカー連盟 (AFC) は決勝戦をカタールのドーハで開催することを発表した[1]

その後の調整により、実際の会場はドーハに隣接するアル=ワクラアル・ジャヌーブ・スタジアムで行われることが決まっている。

決勝戦までの道のり[編集]

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。(H:ホーム、A:アウェイ、*:カタールでの集中開催)。

イランの旗 ペルセポリス ラウンド 大韓民国の旗 蔚山現代
相手 結果 グループステージ 相手 結果
カタールの旗 アル・ドゥハイル 0 - 2 (A) 第1節 日本の旗 FC東京 1 - 1 (A)
アラブ首長国連邦の旗 シャールジャ 2 - 2 (A) 第2節 中華人民共和国の旗 上海緑地申花 3 - 1 (H*)
サウジアラビアの旗 アル・タアーウン 1 - 0 (H*) 第3節 オーストラリアの旗 パース・グローリー 2 - 1 (A*)
サウジアラビアの旗 アル・タアーウン 1 - 0 (A*) 第4節 オーストラリアの旗 パース・グローリー 2 - 0 (H*)
カタールの旗 アル・ドゥハイル 0 - 1 (H*) 第5節 日本の旗 FC東京 2 - 1 (A*)
アラブ首長国連邦の旗 シャールジャ 4 - 0 (H*) 第6節 中華人民共和国の旗 上海緑地申花 4 - 1 (A*)
グループC 1位
チーム   
1 イラン ペルセポリス 6 10
2 サウジアラビア アル・タアーウン 6 9
3 カタール アル・ドゥハイル 6 9
4 アラブ首長国連邦 シャールジャ 6 7
出典: AFC
最終順位 グループF 1位
チーム   
1 大韓民国 蔚山現代 6 16
2 日本 FC東京 6 10
3 中華人民共和国 上海申花 6 7
4 オーストラリア パース・グローリー 6 1
出典: AFC
相手 結果 ノックアウトステージ 相手 結果
カタールの旗 アル・サッド 1 - 0 (*) 16ラウンド オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 3 - 0 (*)
ウズベキスタンの旗 パフタコール 2 - 0 (*) 準々決勝 中華人民共和国の旗 北京国安 2 - 0 (*)
サウジアラビアの旗 アル・ナスル 1 - 1 (延長) (5 - 3 p) (*) 準決勝 日本の旗 ヴィッセル神戸 2 - 1 (延長) (*)

フォーマット[編集]

前述のとおり、決勝戦は一発勝負で行われる。前後半終了後に同点の場合は延長戦が実施され、それでも同点の場合はPK戦が行われて勝利チームを決定する[2]

試合[編集]

ペルセポリス
蔚山現代FC
GK 81 イランの旗 ハメド・ラク英語版
RB 17 イランの旗 メフディ・シリ英語版 74分に交代退場 74分
CB 6 イランの旗 ホセイン・カナーニ英語版
CB 4 イランの旗 ジャラール・ホセイニー キャプテン
LB 77 イランの旗 サイード・アガエイ英語版
CM 66 イランの旗 ミラド・サーラク英語版
CM 8 イランの旗 アハマド・ヌーロラヒ
RM 88 イランの旗 シアマク・ネマティ英語版
AM 5 イラクの旗 バッシャール・ラサン
LM 2 イランの旗 オミド・アリシャー英語版 90分に交代退場 90分
CF 16 イランの旗 メフディ・アブディ英語版
サブメンバー:
GK 34 イランの旗 Amir Mohammad Yousefi
GK 44 クロアチアの旗 ボジダル・ラドシェヴィッチ英語版
DF 15 イランの旗 モハンマド・アンサーリー英語版
DF 38 イランの旗 サイド・モハンマド・ホセイニ英語版
MF 11 イランの旗 カマル・カミヤビニア英語版
MF 23 イランの旗 アリ・ショジャエイ英語版 90分に交代出場 90分
MF 26 イランの旗 サイード・ハセインプール英語版
FW 25 イランの旗 Aria Barzegar
FW 36 イランの旗 Arman Ramezani 74分に交代出場 74分
監督:
イランの旗 ヤフヤ・ゴルモハマディー
GK 1 大韓民国の旗 趙秀赫朝鮮語版
RB 23 大韓民国の旗 金太煥朝鮮語版
CB 44 大韓民国の旗 金基熙
CB 4 オランダの旗 デイブ・ブルタイス 79分に警告 79分
LB 6 大韓民国の旗 朴柱昊 72分に交代退場 72分
DM 16 大韓民国の旗 元斗才
RM 72 大韓民国の旗 李菁龍 72分に交代退場 72分
CM 10 大韓民国の旗 尹ビッカラム
CM 8 大韓民国の旗 申塡灝朝鮮語版 キャプテン 83分に交代退場 83分
LM 7 大韓民国の旗 金寅成 90+1分に交代退場 90+1分
CF 9 ブラジルの旗 ジュニオール・ネグラン 82分に警告 82分 83分に交代退場 83分
サブメンバー:
GK 25 大韓民国の旗 ソ・ジュファン朝鮮語版
DF 2 大韓民国の旗 丁東浩
DF 15 大韓民国の旗 鄭昇炫 83分に交代出場 83分
DF 66 大韓民国の旗 ソル・ヨンウ朝鮮語版 90+1分に交代出場 90+1分
DF 77 大韓民国の旗 洪喆 72分に交代出場 72分
MF 22 大韓民国の旗 高明振朝鮮語版
MF 17 大韓民国の旗 金聖埈
MF 98 大韓民国の旗 イ・サンホン朝鮮語版
FW 11 大韓民国の旗 李根鎬 72分に交代出場 72分
FW 19 ノルウェーの旗 ビヨルン・ヨハンセン 83分に交代出場 83分
監督:
大韓民国の旗 金度勲
レギュレーション[2]
  • 90分(前後半45分ずつ)。
  • 後半終了時点で同点の場合は30分(前後半15分ずつ)の延長戦
  • 延長戦後も同点の場合はPK戦を実施。
  • ベンチ入りメンバーは21人(サブメンバー10人)以内。試合中は5人までの選手交代が可能(延長戦突入後は6人目の選手交代が可能)。

脚注[編集]

  1. ^ a b AFC Champions League Final to be played in Doha, Qatar”. AFC (2020年10月16日). 2020年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 2020 AFC Champions League Competition Regulations (PDF)”. Asian Football Confederation. 2020年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]